第1回猟場探し! 地図で候補地探し、そして現地でアニマル・トラッキング

狩猟免許をとり、銃所持の許可もあとちょっと。どうにか次の冬から狩猟を始められそうです。

となると大事なのは猟ができる場所を知っておくこと。

冬になって「さぁ、どこで狩猟をやろう」と慌てないために、今のうちから少しずつ猟場を開拓していこうと思います。

今日はその第1回。どうなりますことやら……。

続きを読む

わたしのテンカラ仕掛け(2017年初春版)

自分への備忘録という意味も込めて、現在(2017年初春)に使っているテンカラ仕掛けについてまとめておこうと思います。

どれもポリシーや考えがあると言うよりも、テンカラ釣りで有名な石垣尚男先生の著書で推奨されている仕掛けで始めてみたら調子がいいので、そのままになっているという感じです。

続きを読む

《動画》2017年渓流釣り解禁 魚は淵に集まっているみたい

やっと2017年の渓流釣りが解禁しましたね。

解禁日は混むと予想し、少し外して釣りにいってきました。

最初は大苦戦。あたりもなければ、魚影も見えず、苦しい時間が続きましたが、後半になるに従って小さなヤマメが顔を出すようになりました。初歩的なことですが、この時期の釣り方が少し見えた気がするのでメモしておきます。

続きを読む

銃所持許可7:ガンロッカーを設置し銃砲所持許可を申請した

教習射撃を終えたら、次はとうとう最後の大きなステップ『銃砲所持許可申請』です。

これまで出してきた数々の『申請』はどれも「銃の講習を受けさせてほしい」「銃の教習射撃を受けさせてほしい」といった、いわば準備的な申請でしたが、今回の申請は「銃を所持させてください」という本当の銃所持許可申請になります。

それだけに提出書類も多く、これらを揃えたときの達成感はそれなりのものでした。

ガンロッカーの受け取りから、申請までの流れをお伝えします。

続きを読む

深くておもしろいテンカラ釣りの魅力をお伝えします

テンカラを続けて1シーズンが過ぎました。やっぱり始めた頃に比べれば分かってきたこともありますし、分からないことも山ほどあります。

今日はそんなテンカラ釣りの魅力を伝えるべく、いま、わたしが思うテンカラ釣りの魅力を語ってみようと思います。

これを読んで「俺も——わたしも——やってみようかな?」と思ってくれたら成功です。

続きを読む

世附川で釣りをするなら知っておきたい『4時に沢割り』のこと

わたしもよく行く丹沢の世附川水系は魅力的な釣り場で、とても人気があります。

世附川を本流とし、そこに多くの沢が流れ込み、そのどれもが少しずつ違った渓相を見せ、違った魚がいて、何度行っても飽きない場所です。

この釣り場には大事なローカルルールがひとつあります。このルールが漁協の定める公式ルールなのか、はたまた慣習として出来上がったルールなのか、わたしには分からないのですが、みんなにとって大事で便利なルールですので、ぜひ守っていきたいと思っています。

続きを読む