書評『邂逅の森』 明治のマタギが見えてくる小説

猟師やマタギについての本を色々読んでいますが、今回ご紹介するのは熊谷達也氏の小説です。

小説といえども、資料としてバカにできないものでして、むしろ小説だからこそ、マタギに関する情報だけではなく、風土・文化・風俗などが積み重なり、当時の情景が浮かび上がるという面があります。

続きを読む

書評『山の仕事、山の暮らし』 山の仕事の多様性に驚く

本日ご紹介するのは『山の仕事、山の暮らし』という高桑信一さんの著書です。

まさにタイトルの通り、山に生きる人間の生き様をオムニバス的に書き並べた本になっています。この本のおもしろいところはなんと言っても、山の仕事の多様性を見られることでしょう。

続きを読む

このブログについて

父がカモ撃ちをやっていました。そのおかげで小さな頃からカモを食べて育ちました。また、父が狩猟仲間からもらってくる猪やシカを食べる機会もありました。

そういった環境で育ったから狩猟をやろうと思うことも当然だったのです。

と、言いたいところですが、実際はそうでもなく、せいぜい「狩猟に対して悪い偏見はないけど、べつに自分はやらなくてもいい行為」と考えていました。

続きを読む