自己流ノウハウ

猟で使う帽子について……キャップとハットのどちらがいいか?

猟で使う帽子ですが、みなさんはキャップですか? ハットですか?

ぶっちゃけ「好きな方を使えば?」としか言いようがないのですが、自分は今のところハット派なので、自分なりに理由を書いておこうと思います。

ちなみに主流は? と聞かれればキャップでしょうね。なにしろ猟友会で配布される帽子がキャップなので。

続きを読む

初猟期が終わろうとしている今、スコープについて改めて考える

わたしは今MSS-20にリューポルドのVX-HOG 1-4を乗せています。

参考:MSS-20に新しいスコープ『リューポルドVX-HOG1-4×20』載せた理由
参考:新たに手に入れたスコープ、リューポルドのVX-HOGについて研究する

Twitterでお世話になっている先輩ハンターさんに売ってもらったスコープです。とっても気に入っていて、今後も使う予定です。

とはいえ、「気に入ってます」だけじゃなくて、「実際に1シーズン運用した今、スコープについて思うこと」をつらつらと書いてみようと思います。

「もし買い替えるなら」というテーマで改めてスコープ選びもしてみました。

続きを読む

シカがいる場所を理解し、山の地形を知り尽くすことが1番重要かも

今日は2月15日。一般的には猟期の最終日ですね。出猟している人もいらっしゃるのでしょうか? わたしの住む地域では2月末日まで延長されているので(ニホンジカのみ)、もうちょっと取り組めます。

さて、猟期も終盤ということで、今季を振り返って「自分が猟期に得た最も大切なもの」を書いてみたいと思います。

それは「シカと地形に関する理解」です。

続きを読む

わたしが単独忍び猟で棒立ちのシカに出会えるように意識していること

最近ようやく棒立ちのシカに出会える機会が増えてきました。毎回とまではいいませんが、かなり高確率で出会えています(とはいえ遠かったりして、撃てるとも限りませんが)。

猟期になるまで散々下見で山を歩きシカを探し、猟期に入ってからもシカを探し、それでもぜんぜん出会えなかった「棒立ちのシカ」です。猟期も中盤を迎える頃、ようやく出会えるようになってきました。自分なりに意識していることがありますので、メモしておきます。

今年の猟期もそろそろ終わりですね。

来期の自分に向けて書いてみたいと思います。

 

※いつものことですが、ハンター1年生のわたしが書いているものです。間違っていること、書くまでもない当たり前のこと、考察が甘いものがあるかもしれません。わたしの成長の記録ですので、わたしが「今気にしていること」という内容であることをご理解の上、読んで頂ければと思います。

 

続きを読む

単独猟を安全にこなすために意識していること

猟に出るからには獲物を獲りたいわけで、「どうすれば獲れるのか?」ということは誰でも考えると思います。

しかし本当はもっと大事なことは安全に猟を終えること。獲れないとしても、その日が無事に終わり、帰ってウマいビールでも飲めたなら、それでいいじゃないですか。

グループ猟ならば、なにかあっても助けてもらえます。でも単独だとそうはいきません。登山の世界でも単独行はいろいろ知識や経験が必要で、なかなか踏み出せない人もいる行為です。ましてや猟となれば、道なき道も行くし、本当に人が入らない場所に入っていくし、何かあってもだーれも助けてくれません。

だからこそ “安全に猟を終える” というのは単独猟をする人にとってはとても大事なものだと思っています。

今日は「安全に単独猟をやる」というテーマで気をつけていること、意識していることを挙げてみたいと思います。いろいろ不足もあると思います。どうか、みなさまの気をつけていることもシェアしてください。

続きを読む

単独忍び猟をやっていて気付いたシカのこと

初心者なりに暇さえあれば山に行ってシカを追っかけています。単独忍び猟は本当に難しいですね。行くたびに何か発見があって、なにか分かったと思ったら、また悩んで……という感じ。

それでも、いろいろ「シカに関する発見や気付き」がたまってきたので、いくつかメモしておきたいと思います。

すべて初心者のわたしの気付きなので間違いもあるかもしれませんし、第一、相手だって生き物だから個体差があります。あくまで「1つの気付き」としてご理解ください。でもどれも実際に自分の目で見たことなので、まるっきり間違いではないと思います。

次の猟期の自分へのメッセージですね。忘れないように。

続きを読む