自分流

秀岳荘のゲイターを防水化するためにワックスを塗ってみた

お気に入りになった秀岳荘のゲイターですが、防水ではありません。そこでワックスを塗り込んで防水化してみました。

先日もご紹介した秀岳荘のゲイター(参考:秀岳荘のゲイターを山で使ってみたら想像以上の安心感でした)ですが、唯一の惜しい点は防水ではないこと。

わたしが猟をやる地域ではあまり雪は気になりませんが、朝露はあります。歩くと足下だけしっとり濡れてくるものです。だからすっごい高い防水性が必要なわけではないですが、ある程度はほしいというわけ。

Twitterで「ワックス塗ると良いよ」と教わったので、さっそくやってみましたよ。

続きを読む

単独猟にザックを背負って行くか問題

単独猟でザックを背負って行くかどうか。わたしはこれを大きなテーマだと思って、前猟期は散々頭を悩ませました。

自分にとっての一応の答えは出ているので、その話を書いてみます。

あくまで1つの考え方として紹介しているので、これを読んで「おれはどうかな?」と考えてくださいね。

 

続きを読む

初猟期を迎える人向けに狩猟で使うナイフについて考えてみる

今日は初猟期を迎える人向けに狩猟ナイフについて考えてみます。

狩猟ナイフも趣味としては奥深い世界でして、一家言持っている人も多いですね。まぁ、あまりディープなところには入らず、わたしなりに「とりあえずこれくらい知っておけば」という範囲で考えていきたいと思います。

続きを読む

レザークラフト:猟銃所持許可証ケースを作ってみた

最近レザークラフトを始めました。私生活で使う道具を、何から何まで革製にする気はないのですが、狩猟で使う道具は積極的に革で作っていこうかと思っています。

最初に作ったのはチークパッド。これは縫う作業もなく、基本は切って穴を開けるだけ。簡単で実用できるという意味で満足度の高いプロジェクトでしたね。

参考:DIY:チークパッドを革で自作してみたら簡単で満足の出来映えに!

で、今日はちょっと時間があったのでソーイングの練習も兼ねて猟銃の所持許可証ケースを作ることに。

続きを読む

ショットシェルケースは20番の人も12番を買うのもあり

ショットシェルケースというものがあります。自分で弾をリロード(自作)をする人とか、スラッグの射撃会なんかに参加する人は持っている人も多いと思います。

当然12番用やら20番用やらあるわけですが、たとえ20番を使っている人でも、12番用買った方がいい場合もあるよ、というお話です。

続きを読む