自分流

猟場の下見も兼ねて軽量ソロタープ野営

ここ数ヶ月、何かと忙しくて丸一日空いている日があまりなかった。

そんな中ようやく丸二日の暇ができたので、このタイミングで山に行くことに。

山に行くにしても、いろんな目的が考えられる。渓流釣りでもいいし、猟場の下見として山に入るのもいい。山菜・キノコを探しに行くのもいい。

前日の夜まで悩んだ結果、「猟場の下見」を目的に入ることにした。またせっかく2日あるので、泊まりで行くことに。

ちょっとした裏テーマもいくつかある。今日はその野営のお話。

続きを読む

初めての猟銃でボルト式を検討している人に伝えたい弾代のこと

ここ最近、「1挺目にボルトアクションを買おうかと思ってますが、アドバイスありますか?」という種類の質問を何度か頂いた。訊かれるたびに自分なりに思うことを答えてきたけど、せっかくなので、記事にしてまとめてみたいと思う。

「最初はこの銃を買いなさい」と能書きを垂れるほど猟銃について詳しいわけではないんだけど、それでも自分の短い経験の中から思うこともある。

いろいろある情報の1つとして読んでほしい。

続きを読む

愛用テントの紹介:『トレックライズ1』最小限にして高品質で信頼のテント

最近は久しくテント泊ってのもやっていないのだけど、今年は何回かは山で野営したいと思っている。

テントとは別にタープも持っているので、タープだけで泊まるときもあれば、テントだけで泊まる事もある。両方って事はあまりない。昔バイクで旅していたときは両方使うときもあったかな。

ともかく、今所持しているテントは今日ご紹介するアライテントの『トレックライズ1』。お気に入りなので、オススメしますよ。

続きを読む

普段1番使うツールは結局レザーマンでした

私は仕事柄、1日中家にいます。買い物やらなんやらで外出することも多いですが、おもな活動場所は自宅です。

家にいれば、細かな仕事が沢山あります。緩んだネジを締めたり、なんかが折れて外れてたり……。それこそエンドレスに仕事が生まれます。そういう仕事をスムーズにこなすためにポケットにいつもマルチツールを忍ばせています。ここ数ヶ月、意識的にレザーマンとビクトリノックスを使い分けてみましたが、自分としては圧倒的にレザーマンが向いているようです。

今日は自分がレザーマンを積極的に使う理由を書いてみます。

続きを読む

初猟期を終えて思う大物猟に必要な車について

わたしは猟期前にジムニーを譲り受けました。恵まれていましたね。

これから猟を始める人の中には「車を持ってない」とか「町乗り用の車しかないよ」といった人も多いでしょう。

そこで、わたしなりに “大物猟に必要な車” についてあれこれ考えてみたいと思います。
続きを読む

ライフル用のハードケースいいよ!

前猟期のときもずっと思っていたんですが、スコープ付きの銃をソフトケースで持ち運ぶことがちょっと嫌でした。

実際は大丈夫なんですが、なんとなく「ぶつけたらスコープがズレるのでは?」「車に積載するときに、へんな荷重がかかってスコープがズレるのでは?」と気になっていた。

いわゆる精神衛生上気になっていたという感じですね。ちょっと気をつけて積めば問題ないのは分かっているし、実際にはちょっとぶつけたくらいではスコープはズレません。

わたしも猟の最中にハデにぶつけたことがあり、そのたびに射撃場でスコープの確認をしてきましたが、じつは1度もずれたことはありませんでした。

だけどね、気になるんですよ。

——というわけで、ハードケースを買いましたので、ご紹介しつつ、ハードケースの購入について教わったことを……。

続きを読む

自分のMSS-20の重さや重心バランスを確かめてみた

猟で使っているMSS-20ですが、一般的に重い重いと言われます。確かに軽いとは言いがたいと思いますが、実際のところ何kgあるのでしょうか?

銃全体はもちろんですが、ストックの重さも量ってみました。GRSなど、他のストックに交換するとき、重くなるのか、軽くなるのか、参考になればと思います。

続きを読む

絶えることのない妄想——MSS-20につけてみたいGRSというストックのこと

鉄砲について勉強したり、いろんな人のお話を聞いていると「もしかして○○を導入すれば、精度が上がるかな?」「かっこいいかな?」「楽しいかな?」と妄想が広がるアイテムってあるんですよね〜。

今日はそういう妄想の1つ、GRSというライフルストックについてお勉強してみます。散弾銃であるMSS-20でも使うことができるようですので、まだライフル所持できない人も使えますよ。

続きを読む