自分流

猟期中に変わっていった道具を挙げてみる

昨日の記事で書いたとおり、猟期前は「これがいいんじゃないか?」と思って用意していた道具が、なにか問題があったりして、変わっていくことがあります。

今日は、いいと思ったけどダメだったので変更していった荷物をご紹介していこうと思います。

ちなみに、べつに「道具がダメ」なのではなく、あくまでわたしの使い方には合わなかった、ってだけです。他の人にはバッチリ合うこともあると思います。

続きを読む

Caldwellの電子イヤマフを射撃場で使ってみて気付いた課題と対策

こんにちはやまくじです。

電子イヤマフって絶対に必要なものではないものの、最近、射撃場でいろんな人とお喋りする機会が増えてきて、普通のイヤマフで不便を感じ始めていました。

普通のイヤマフだと防音効果が高く、そのまま喋るのはくたびれます。聞こえづらいし、射撃中に外すわけにもいかないし……。

でも電子イヤマフは高いし、あんまり安いのも不安だし、というわけで手を出してこなかったのですが、AEGハンターショップさんで格安で売られているのを見て試してみることにしたのです。

続きを読む

秀岳荘が気に入ったので、気になる秀岳荘のオリジナル商品を挙げてみる

こんにちはやまくじです。

昨日ご紹介した秀岳荘オリジナルの “ロングスパッツ ファスナー式 ≪ 綿 布 ≫” がとっても良かったので、他の秀岳荘オリジナル商品もご紹介してみようと思います。

これらは実際に手にしたわけではなく、秀岳荘さんのサイトで見て「これい〜ね〜」と思ったものです。

続きを読む

狩猟用のゲイターはこれで決まり『秀岳荘ロングスパッツファスナー式<綿布>』

こんにちはやまくじです。暑いですね〜。嫌になります。

 

さて、以前こんな記事を書きました。

過去記事:山に入るならゲイターの利用を絶対検討すべき。忘れていって、大切さを再認識

ひと言でまとめるなら「猟で山に入るならゲイターは使おうね」という記事です。とくに登山靴の人は必須ですね。

しかし「猟に適したゲイターはどれか?」という問題は残ったままでした。一般的な登山用スパッツはペラペラで、1シーズンで破けてしまいました(補修して使いましたが)。

海外の商品でよさげなものはありましたが、高価だし、個人輸入するのも手間だし……、と躊躇していたところ、良い商品をオススメ頂き、手にした瞬間「これだ!」と思ったのでご紹介させて頂きます。

続きを読む

猟場の下見も兼ねて軽量ソロタープ野営

ここ数ヶ月、何かと忙しくて丸一日空いている日があまりなかった。

そんな中ようやく丸二日の暇ができたので、このタイミングで山に行くことに。

山に行くにしても、いろんな目的が考えられる。渓流釣りでもいいし、猟場の下見として山に入るのもいい。山菜・キノコを探しに行くのもいい。

前日の夜まで悩んだ結果、「猟場の下見」を目的に入ることにした。またせっかく2日あるので、泊まりで行くことに。

ちょっとした裏テーマもいくつかある。今日はその野営のお話。

続きを読む

初めての猟銃でボルト式を検討している人に伝えたい弾代のこと

ここ最近、「1挺目にボルトアクションを買おうかと思ってますが、アドバイスありますか?」という種類の質問を何度か頂いた。訊かれるたびに自分なりに思うことを答えてきたけど、せっかくなので、記事にしてまとめてみたいと思う。

「最初はこの銃を買いなさい」と能書きを垂れるほど猟銃について詳しいわけではないんだけど、それでも自分の短い経験の中から思うこともある。

いろいろある情報の1つとして読んでほしい。

続きを読む

愛用テントの紹介:『トレックライズ1』最小限にして高品質で信頼のテント

最近は久しくテント泊ってのもやっていないのだけど、今年は何回かは山で野営したいと思っている。

テントとは別にタープも持っているので、タープだけで泊まるときもあれば、テントだけで泊まる事もある。両方って事はあまりない。昔バイクで旅していたときは両方使うときもあったかな。

ともかく、今所持しているテントは今日ご紹介するアライテントの『トレックライズ1』。お気に入りなので、オススメしますよ。

続きを読む

普段1番使うツールは結局レザーマンでした

私は仕事柄、1日中家にいます。買い物やらなんやらで外出することも多いですが、おもな活動場所は自宅です。

家にいれば、細かな仕事が沢山あります。緩んだネジを締めたり、なんかが折れて外れてたり……。それこそエンドレスに仕事が生まれます。そういう仕事をスムーズにこなすためにポケットにいつもマルチツールを忍ばせています。ここ数ヶ月、意識的にレザーマンとビクトリノックスを使い分けてみましたが、自分としては圧倒的にレザーマンが向いているようです。

今日は自分がレザーマンを積極的に使う理由を書いてみます。

続きを読む