海外の狩猟の話題でよく取りあげられるゲームバッグというものについて

暇つぶしに海外の狩猟動画をよく見ます。

日本とは狩猟のスタイルも違ったり、そもそも狩猟者人口の違いから来る狩猟文化の深さ(広さ?)に驚くことも少なくありません。

それが端的に表れるのは狩猟グッズの種類の豊富さ。日本じゃ狩猟グッズを作っている会社なんて数えるほどしかないので輸入頼りだし、その輸入だってかなり限られたアイテムしか入ってこない状態。個人輸入でもしない限り、決まりきった狩猟グッズしか手に入らないのが現実のようですね。

わたしが海外の狩猟動画を見ていて「お、これは日本じゃ話題に挙がらないグッズだな」と思ったのが、今日ご紹介する「ゲームバッグ」というもの。

わたしは自分の狩猟スタイルの都合上、すごく気になっているアイテムです。

続きを読む

ボルト式散弾銃のゼロインの手順

鉄砲というのは、買ってすぐにバッチリ使えるというものではありません。リブ銃身の鉄砲なら別ですが、それ以外のタイプですとゼロイン(スコープ調整)が必要になります。

スコープがズレていては、どんなに銃の腕があっても当たりませんからね。

初めてゼロインしたときは不安がありましたが、スコープを変更して、2度目のゼロインが無事に終わり、少しは自信が付いたので、そのゼロインの手順を書いてみたいと思います。

続きを読む

狩猟を始めるまでの中で起きた「嫌なこと」 Pt2

先週『狩猟を始めるまでの中で起きた「嫌なこと」』という記事を書きました。

読み直していて、「他にもあったぞ!」と思い出したので、書いてみます。例の如く、フェイクをいれてあります。あくまで「こういう感じのことがあった」というフィクションとしてご覧ください。

前回も書きましたが、「狩猟ってのはこんな嫌なヤツがいる世界だ!」と言いたいのではありません。これくらいのことはどの世界にもいるでしょう。

事前に知っておいて心の自衛をしたいものです。

続きを読む

自分なりに「鹿に良く出会う場所」を挙げてみる

狩猟をやりたいと思うようになってから、時間が許す限り山に行ってシカやイノシシを探す練習をしてきました。いくら練習しても、所詮は素人。暗中模索で、何か分かったと思ったらまた分からなくなるのを繰り返しています。

とはいえ、確信はないものの自分なりに「こういう場所でシカに会うなぁ」というパターンが2ヶ所あるので、メモしておきます。

続きを読む

単独猟日記13:無警戒な鹿に短距離で出会い、滑り込みで年内3頭目のシカを!

やりました。3頭目のシカ。獲ったのは2017年12月30日。2017年の猟納めの日のことでした。

これで3頭。3頭ともそれぞれぜんぜん違うシチュエーションで、今回は無警戒なシカです。なかなかこれまで出会えなかったタイプのシカなので、印象深いですね。

一部始終をまとめてみます。

 

※ 獲ったシカの写真含め、人によってはショッキングに感じる写真もあります。そういったものを見たくない方はページを閉じるようお願いします。そういった写真は面白半分にご紹介しているものではなく、誰かの役に立てば、と思って掲載しています。ご理解いただきますようお願いします。

続きを読む