狩猟の言葉:猟をやる人は猟師だろうか?(ジョーク記事)

始めにお断りしておきますが、この記事はジョーク記事です。特に主張も何もございません。さほど重要でもない話題を、さも大袈裟に取りあげてみようという試みです。

 

「狩猟をやる人を猟師と呼ぶか?」という話題って、定期的に出てくるんです。わたしがTwitterのアカウントを作って、みなさんのツイートを覗き見るようになってから、少なくとも2度は盛り上がっています。

いろんな主張があって、思いがあって、たかが1つの単語の定義なんですが、そこから狩猟をやる人の間にある尊厳にも似た思いが読み取れる気がしておもしろいんですよ。

続きを読む

愛知県で確認された感染症 “エキノコックス” について再確認

エキノコックスと言えば、北海道で注意しなければならない感染症として有名です。山遊びなどをする人はなんとなく聞いたことがあったりしませんか?

そのエキノコックスが愛知県で確認されました。ということは、他の地域にも広がる可能性……、あるいはすでに広がっている可能性があるわけで、正しい知識と対処を知っておく必要があると思い、調べてみましたのでまとめておきます。

続きを読む

「狩猟動画を作ってる人たちスゴイよなぁ」と初シーズンを終えた今思う

独り言のような記事ですが……、本当にスゴイと思うようになったんですよ。

狩猟系の動画を作成されているYouTuberって結構いますよね。わたしもちょこちょこ見させていただいています。

YouTuberとまではいかないまでも「2〜3コくらい自分でも撮ってみようかな」と思ったんです。ブログは文章主体なので、ちょっと映像的な発信をしてもおもしろいかな、と思って。

ところが、いざ自分で作ろうと思ったらこれが思いのほか大変で、結局初シーズンは断念しました。

どう難しいのかタラタラ書いてみます。ぜひ狩猟系の動画を配信されている方々に尊敬の念を!笑

続きを読む

ハンドロードに関して勉強になった動画を挙げていく

早くハンドロードしたいけど、道具が揃わず、なかなか着手できずにいます。もうしばらくかかりそうです。

とはいえ、ただボケーッと待っていても仕方がないので、お得意のYouTubeでいろいろ見て心をなだめています。

今日はそうやって見てきた動画の中で「へぇ〜」と勉強になったものを挙げていきたいと思います。

ちなみに日本語の動画は多くないため、だいたい英語です。ハンドロードの世界で情報を集めようと思うと、英語は避けて通れない気がします。

続きを読む

ハンドロード:鉛を溶かすLeeプロポット4-20を買うことにした理由

スラッグのハンドロードをやろうと思うと、結局避けて通れない(と思う)のが弾頭の鋳造です。

この鋳造をやる上でいくつか必要なアイテムがありますが、その中で買う買わないの判断が分かれるのが鉛を溶かす専用ポットですね。

わたしなりにあれこれ考えて、買うことにしましたのでその理由をメモしておきます。

続きを読む

書評『老人と狩りをしない猟犬物語』狩猟禁止論者による狩猟小説

猟期が終わったので、積ん読になっている狩猟系の本を順繰り読んでいます。

今日ご紹介するのは西村寿光氏の『老人と狩りをしない猟犬物語』。これがまた深い小説でおもしろかったんでご紹介です。

最後の作家紹介で深掘りしていきますが、その作家、元々はハンターでしたが、この作品を書いている時期に “狩猟禁止論者” に転向したという経歴を持ちます。それを踏まえて読んでみたい作品ですね。

続きを読む

ハンドロード:20番平筒用スラッグのローディングの方針

最近、頭の中はハンドロードのことでいっぱいです。

まだわからないことだらけで、読んでも消化できない情報も多いものの、できる限りネットで情報を集めて、銃砲店に行って経験者の助言を聞き、Twitterで先輩方からのアドバイスを頂き、自分なりに最初の現実的な目標と方針が定まりました。

そこに至る過程と方針、その理由などについて書いてみたいと思います。

20番の平筒(スムーズボア)用のスラッグのリローディングにこれから挑戦する人には少なからず参考になる情報もあると思います。

続きを読む

書評『新しいライフル射撃』やっぱりこういう本は読んでおくべきだった

今日は射撃系の本の紹介です。その名も『新しいライフル射撃』。昭和54年発行ということで、とっても古い『新しいライフル射撃』です。

「あんまり古い本ってどうなんだろう? こういうのって進化するんだから、最新のものを読んだ方がいいかな」なんて思いつつ、でも興味が湧いて読んでしまったわけですが、後悔はない1冊でした。

続きを読む