北海道に行ってきたのでハンター目線で振り返って見る

先日、北海道に行ってきました。

「猟の下見かい?」というコメントもちょこちょこ頂きましたが、残念ながらそうではなく、いわゆるゆるい出張。だからやることはたくさんあって、丸1日自由に過ごせる日はありませんでした。

とはいえ、仮にもハンター。ちょっとしたすきま時間で「エゾシカの1頭2頭くらい」見たいなとは思っていました。

また、向こうで出会った人たちの一部はハンターさんだったこともあり、少し北海道の狩猟事情が見えてくる部分もありましたので、そういった情報を振り返りながら書いてみます。

 

<追記>

北海道のどこの話? というご指摘がありました。記事中の動画・写真はすべて富良野の南側を中心とした地域で撮影しました。また、お会いしたハンターさんのお話も参考にしていますが、ほとんどの方は同じエリアか、そこから遠くない十勝・日高エリアの方です。参考程度に地図も載せておきます。

続きを読む

ナイフと対話する楽しみ

ナイフのコレクターってほどではないけれど、かといって1丁2丁しか持っていないわけでもないし、やっぱり見てりゃほしくもなる。

主要なナイフは8丁あるかな? で、山に行くときの儀式の1つに「ナイフ選び」がある。

そのナイフ選びという儀式は、そのまんま山への向き合い方を考える機会だったりする。

続きを読む

書評『サバイバル登山家』

今日ご紹介するのはお馴染み服部文祥氏の『サバイバル登山』。今更感もあるかもしれないけれど、最近読んだのだから仕方がない。

私が服部文祥氏のことを知ったのはここ2年くらいのことで、必然的に最近の本から入り、だんだんと興味を惹かれて、徐々に昔の著書に手を出し始めているという感じだ。この『サバイバル登山』は2006年に出版されており、単独での書籍の出版はこれが1冊目のようだ(共著は少なくともこれ以前に2冊ある)。

“サバイバル登山” というキーワードが初めて書かれた書籍ではないだろうか? もちろん、雑誌の記事などはあったはずだが。

というわけで、サバイバル登山の原点にも触れられている『サバイバル登山』を見ていこう。

続きを読む

猟場の下見も兼ねて軽量ソロタープ野営

ここ数ヶ月、何かと忙しくて丸一日空いている日があまりなかった。

そんな中ようやく丸二日の暇ができたので、このタイミングで山に行くことに。

山に行くにしても、いろんな目的が考えられる。渓流釣りでもいいし、猟場の下見として山に入るのもいい。山菜・キノコを探しに行くのもいい。

前日の夜まで悩んだ結果、「猟場の下見」を目的に入ることにした。またせっかく2日あるので、泊まりで行くことに。

ちょっとした裏テーマもいくつかある。今日はその野営のお話。

続きを読む

初めての猟銃でボルト式を検討している人に伝えたい弾代のこと

ここ最近、「1挺目にボルトアクションを買おうかと思ってますが、アドバイスありますか?」という種類の質問を何度か頂いた。訊かれるたびに自分なりに思うことを答えてきたけど、せっかくなので、記事にしてまとめてみたいと思う。

「最初はこの銃を買いなさい」と能書きを垂れるほど猟銃について詳しいわけではないんだけど、それでも自分の短い経験の中から思うこともある。

いろいろある情報の1つとして読んでほしい。

続きを読む

愛用テントの紹介:『トレックライズ1』最小限にして高品質で信頼のテント

最近は久しくテント泊ってのもやっていないのだけど、今年は何回かは山で野営したいと思っている。

テントとは別にタープも持っているので、タープだけで泊まるときもあれば、テントだけで泊まる事もある。両方って事はあまりない。昔バイクで旅していたときは両方使うときもあったかな。

ともかく、今所持しているテントは今日ご紹介するアライテントの『トレックライズ1』。お気に入りなので、オススメしますよ。

続きを読む

気が早い? そうでもないかも。狩猟免状と銃所持許可の更新について

狩猟免状と銃の所持許可の更新が来年に迫っている。

「迫ってる? まだ1年以上先だよ。気が早いゾ」

と言う人もいるかもしれないけれど、いろいろ調べてみると、前年度から計画した方がいいことがわかった。

初めての更新なので、更新方法について調べてみる。

※ 神奈川県を基準に調べています。必ずご自身の住む地域を管轄する関係各所にお問い合わせください。

続きを読む