鉄砲所持して2年目——「狩猟で生きていけるか?」問題について考えてみる

  • Pocket

「狩猟で食っていけますか?」という質問を受けたことがあり、それ以来、自分でもボンヤリ考えたりもするので、自分なりの現段階の答えを書いてみたいと思う。

あくまでわたしが見聞きした周囲の情報をベースにしているので、いくらでも例外はあるだろうと思う。

ケース1:肉を売って生きていくという正当派猟師の道

まず考えてみたいのは山で獲った肉を売って生きていくという正当派な猟師の道だ。「ひとり山に入り、獲物を獲って、その肉を売って、自分が食っていくくらいの収入が得られれば嬉しい」と思う人もいるのではないだろうか?

わたしが「猟師」と聞いて真っ先に思い浮かべるのはこのスタイルの生き方だが、まずよっぽどの幸運に恵まれないと難しいと思う。

一昔前は獲った肉を(制度上は)簡単に売ることはできた。私の知っているハンターでも「若い頃はシシ売って生計を立ててた」なんて人がいる。恐らく40〜50年前の事だろうと思う。

当時は獲った肉を地元の旅館組合に卸していたらしい。かなりの額で売れたようで、サラリーマンになるなんて馬鹿らしいと言っていた。

しかし、今は獲った肉を自由に売ることはできない。細かい話は抜きにするが、保健所の許可を受けた施設で解体しないとダメだし、販売も許可がいる。その解体施設を作るにもかなりの投資が必要で、大きく投資をしてしまえば、自分で獲った獲物を売るだけでは借金を返せない。

となると、周りのハンターからも肉を買い受けてそれを販売するような、肉の仕入れと販売を主とした業者になって、稼ぐことになる。

こういうスタイルの会社はいくつもあると思うが、状況としてはどこも厳しいと聞く。

チャレンジする価値はあると思うけど、ほそぼそと獲物を獲って、ちょろっと売って、日銭を稼ぐという、いわゆる猟師って感じにはならないと思う。

ケース2:駆除で稼ぐ

日本は全国的に駆除が必要とされている。地域によっては1頭1万円を超える報奨金をもらえることがある。シカ1頭1.3万円って地域もある。

「たとえば報奨金が1頭で13,000円入るとして……年間で300頭くらい取れれば……390万円!!!! 細々となら生きていける!」

——と考える人もいると思う。が、これもいろいろ課題がある。

第1の課題は……「単独で駆除をやれる地域は稀」。

私の周囲の地域(関東)に限って言えば、単独で駆除をやれるのは稀のようだ。つまり巻狩がメインとなる。となると自由に出猟できるわけではなく、参加している猟隊が出猟するときだけが、獲物を獲るチャンスとなる。当然、グループで獲るのだから、報奨金も山分けだ。10人で巻狩をして、5頭獲れたら、(先ほどの例では)6.5万円。1人あたり6500円の報奨金となる。

グループ猟はサラリーマンなども参加しているので週末が主な出猟日となるわけで、年間50回くらいしか出猟できないかもしれない。毎回5頭獲れても6500*50=32.5万円。生活費にはとてもならない。だいたい毎回5頭獲れれば良いが、0のときもある。どれだけ獲れるかは地域にいる獲物の数と、グループの腕前にかかっているわけで、それで食ってくのは無理だと思う。

第2の課題は……「そもそも単独でたくさん獲れるか?」

単独で駆除をやれる地域はある。具体的に思いつく場所は北海道だ。北海道では巻狩よりも単独の流し猟の方が主流で、駆除もそのスタイルが多いようだ(それでも地域によるので要確認)。

YouTubeなんかを見ていると、牧草地に棒立ちしているシカをガンガン獲るような映像もある。あんなのを見ていると「1日1頭どころか、2頭3頭獲れちゃうだろ!」と思うのも無理はないし、獲れる人はそれくらい獲る。

たとえば1頭1万円もらえるとすれば、1日2〜3頭獲って「日当2〜3万円」と言えるわけで、生活できる可能性がちらついてくるかもしれないし、事実やっている人はいるみたい。

ただ、これも楽じゃない。まず牧草地は私有地であり、牧草を育てている畑のような物だ。誰でも自由に撃てる場所じゃない。その土地の所有者に許可をもらわなくてはいけない。それもいつでも取れるわけではないようで、牧草が大きくなったらダメとか、いろいろあるらしい。

牧草地の所有者と密に連携をとって「いま、シカがいるよ〜」という連絡をもらえるくらいの信頼関係を築けないとコンスタントに獲物を獲ることはかなわないだろう。

もちろん、牧草地を避けて、山に入って獲物を獲ることは可能だ。つまり乱場ってことだ。その場合は、ポンポンと獲れるものじゃないし、獲った獲物は持ちかえって、所定の場所に運ぶ必要があるので(地域による)、2〜3頭獲ってしまうと、運べなくなる可能性が出てくる。つまり数が獲れない。

年に100頭以上獲る人もいるので、可能性がないとは言わないが、ポンッと北海道に移住した人間は地域との信頼関係も薄いし、すぐにこの猟果が得られる可能性は低いと思う。

第3の課題は……「結構コストもかかるということ」

年に300頭獲るとして(これ自体難しいけど)、報奨金を350万くらい得られるとしよう。ギリギリ食っていける可能性はある……ように見える。がコストも多い。

まず弾代。散弾銃の場合はサボットを使うことが多いので、市販弾だと1発500〜800円くらいになる。自分で作るという可能性はあるが、北海道でやるならば鉛弾は禁止されており、自作するのは難しいと聞く(よく知らない)。

1発600円の弾を使うとして、300頭を獲るのに何発撃つだろうか? 全弾必中で、すべての獲物に1発しか撃たないとしても、300発で18万円。実際には外すこともあるし、半矢にすることもあるし、止め矢を撃つこともあるだろうから、300頭を獲るのに、そうだな……600発撃つとすれば36万円。900発撃つとすれば54万円。さらにスコープ合わせも含め、射撃場での練習も必要となれば、10万円は上乗せになる。

狩猟登録やら保険なんかで数万円。

狩猟車のガソリン代……少なく見積もっても日に数百円はかかる。200回出猟して数万円から10万円台にはなるだろう。

狩猟車の維持費……流し猟でかなり走るし、悪路も走るとなれば修理代を含め、維持費はそれなりにかかる可能性がある。車検なんかも含めれば数十万。

装備品の買い替え、買い足し……ナイフ、銃、ベストなど凝れば金はかかる。銃1つとっても、一生物とも言えるが、現実的にはライフルを持てるようになれば、ライフルを買うことになるだろうし、壊れれば買い替えることになる。数年に1回買い替えるとして、そのたびに10万単位の金がかかる。

ほかにも諸々……食費、牧草地のオーナー達も含めた交際費(酒を飲むとか、メシを食うとか)、ケガをすれば病院代、

さらに税金もとられる。最初から源泉徴収が引かれる場合もあるだろうし、フリーランスとして、自分で確定申告することになるかもしれない。少なくない額を払うことになる。数十万。

全部足せば、少なく見積もっても50万円は越える。車でハデな修理が入れば100万を超えるかもしれない。あるいはもっと……。

そもそも……、300頭をコンスタントに獲れるかって問題もある……。

絶対に無理と言いたいわけではないが、簡単に考えるのはやめたほうがいい。

ケース3:駆除系企業に雇用されてみる

じつは駆除を担う会社や団体というのは猟友会以外にもいろいろある。

わたしが知っている会社の1つは “フォレスターズプロ” だ(知り合いという意味ではなく、ただ会社の存在を知っているだけ)。

リンク先の採用情報を見ると

職種A:主にシカ等の猟銃・罠による捕獲。 職種B:主にシカ等の調査、捕獲補助
職種A:18万円~24万円 職種B:18万円~22万円 (月額)

フォレスターズプロ

とある。月給20万前後ということで、年収は240万とお世辞にも多くはないが、仮にも安定的にお金をもらえるという安心感はあると思う。

少なくとも1〜2年、こういうところでお世話になって勉強させてもらうというのはありかもしれない。

おまけ:コンテンツ収入

この記事のテーマはあくまで、猟師的な生き方ができるか? という点から始まっている。そういう意味では少しズレるのだけど、狩猟に伴うコンテンツ収入とか、体験の販売という視点は当然ある。

例えば私のブログも狩猟ブログなので、狩猟をコンテンツにして広告収入を得ている。そのほか、YouTubeやニコニコ動画での動画配信、雑誌、書籍、講演会など、肉を売ったり、駆除の報奨金を得る以外の収入源は考え得る。

ただ、これらに関しては「できるできない」を語る必要もないかな、と思う。コンテンツが魅力的なら儲かるし、そうでなければ儲からない。ある意味では、狩猟周辺の収入源の中で最も大きくなる可能性があるかな、とも思う。ただし、魅力があれば!

体験を売る系の商売はすでにいろんな方が始めている。非狩猟者を狩猟に同行させたり、解体体験したり、罠を見学したり……。これもある意味ではコンテンツ商売かな?

このあたりは多大な可能性はあるとは思う。

やっぱり副業として考えた方が……

ケース1に書いたとおり、肉を売るだけで生きていくのはかなり厳しいと思う。

駆除の報奨金をあてにするならケース2で書いたように北海道など、自由に猟ができる場所に根を張って、地域との信頼関係を築きながら、時間をかけて猟果をあげていくのもありかもしれない。ただそれにしても初年度からがっつり稼ぐというのは難しいし、なによりその状況が長く続くとは限らない。鹿の数が適正値になれば、駆除の必要性は減る。役所の判断1つで収入源を失ったり、報奨金が減ったりするかもしれないわけで、多大なリスクを背負っていると思う。

また、足をケガしてしまえば、それで収入は絶たれる……。やはりリスクは大きい。

というわけで「狩猟で食ってくことは可能か?」という問いに対するわたしの答えは「かなり難しい。短期的に無理してがんばることは可能かもしれないが、リスクが多い。せめて他の収入源を持って、生活費の足しとして狩猟を考えるのが現実的じゃないか?」となる。

また、あんまり狩猟に依存すると、「安全と猟欲のバランスが壊れそうで怖い」という個人的な気持ちもある。「獲物はそこそこでいい」という気持ちが安全を担保する気がする。報奨金を充てに猟をすることにまったく異論はないし、わたしも少しは欲しいと思う。だけど、あんまり依存したくないかな。猟にかかる経費を賄えたら満足ってくらいで考えてた方が幸せかもしれない。

また、おもしろいと思ったらこちらをクリックしていただけると、ランキングが上がります。どうかお願いします。
ブログ村へ
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ




Twitterではブログ以上にあれこれ模索の様子を呟いていますので、興味があればフォローをお願いします。
Twitter @yamakuji_jp

  • Pocket

SNSでもご購読できます。