今期の狩猟で追加した道具を振り返る

最終更新日

今期は初めての北海道での猟ということで、実はちょこちょこ追加した道具があります。

それらを振り返りつつ、軽く振り返りレビューをしていきます。

秀岳荘のスノーハイク(スキー)

「歩くスキー」って感じのスキー板です。

歩くためのスキーなので滑ることには向いていません。わたしは滑るスキーをやらないので、むしろ滑らないことがありがたいですね。

柔らかい雪でも沈まないし、並の斜面ならグイグイ登れるし、雪山での機動力はとても高いです。もちろん急登を一気に登るようなことは苦手なので、スキーを使うときはスキーに適したアプローチを考える必要があると感じています。

地形によってはスノーシューの方が向いていることもあると思うのですが、今年は初年度ということもあり、半ば意地でスキーにこだわって、スキーだけを使って歩いていましたが、来年からは臨機応変にスノーシューも活用しようと思っています。

予算があれば、スノーハイク以外にもゾンメルスキーなどの選択肢があります。ゾンメルの方が機動力があるとも聞きますが、比べていないのでなんとも言えません。

忍び猟だとそんなにスピードもいらないし、滑る必要も感じていないので、スノーハイクでいいかな〜という感じ。何年かして、買い替えることがあれば、他も試してみたいところです。

 

TEP-100

参考:【使える?】電子耳栓3M PELTOR TEP-100を使ってみて感じたこと

デジタルイヤープラグと呼ばれるアイテムですね。大音量だけはカットしてくれるので、環境音は聞こえるけど、発砲音は抑えてくれるということです。

関東ではMSS-20を使っていたため、発砲音が小さかったのですが、現在はターハントRSG12という12番のハーフライフルで、マズルブレーキも付いていることもあり、かなりの大音量。それがイヤで使い始めました。

毎回欠かさず使っていますが、感想としては——

  • 4時間を越えたあたりでやや耳に疲れを感じ始めるが、終日使っても我慢できる範囲。
  • 完全に無音になるとホワイトノイズを感じるが、そういう完全な無音というのが意外と少ないので気になっていない。
  • 音質はそこそこ。ちゃんと獲物の音を聞き分けたりする意味では問題ない。
  • バッテリー持ちは問題なし。氷点下になる日も使っていますが、バッテリーが切れることはありませんでした。

というわけで、必要十分で満足という感じでしょうか。

 

ESS

参考:サングラスの迷いはESSハイデフカッパーでとりあえず解決

個人的にはかなりの大ヒット商品。わたしはサプレッサーフレームにハイデフカッパーレンズを装着して使っています。本来、サプレッサーフレームはイヤマフとセットで使う設計なのですが、これが軽量で、かつストラップを頭に回して固定することでサングラスがずれることもなく快適そのものでした。

また形状的に隙間も少なく、吹雪いた日も目を開けていられることが多く、ちょっとしたゴーグル的な役割も果たしています。

雪目対策、眩しさ軽減、発砲時の目の保護、藪漕ぎでの目の保護などあまりあるメリットがあるアイテムでした。

 

SOTO ストームブレイカー

参考:SOTOストームブレイカーを買ったので、燃費計算し、運用を考えてみる

これは厳冬期用に導入したストーブです。土地柄風の強い日も多く、並の調理器具だと力不足を感じていました。そこで寒くても、風が強くても使いやすいストームブレイカーを使ってみたわけですが、効果はてきめんでしたね。

やや荷物がかさばる(燃料タンクとストーブ本体がわかれるため)のですが、安心のパワーです。

ちなみにこれは毎回必ず携行するわけではなく、その日の計画によって持ったり持たなかったりしていました。ちょっと温かいものが飲みたい程度なら魔法瓶を持って行った方が軽いし、早いですしね。

結構多かった使い方は車に積んでおいて、午前中の猟を終えて車に戻ったところでストームブレイカーで調理。その後、午後の猟に入る、というスタイルですね。これだと荷物も軽くて、楽ちんです。

 

モンベル アルパインサーモボトル

モンベル アルパインサーモボトル

軽量で保温力抜群の魔法瓶ですね。

サーモスの山専ボトルと比較されることが多く、スペック的にはほぼ同等と考えて良さそうです。実際に使ってみた感じでは保温力も重さも申し分なく、とても満足のアイテム。

普通に氷点下の雪山を歩いて、昼にカップラーメンを作れます。ストーブを持っていくよりも軽く早いので、もしお湯が欲しいだけならストーブよりもこちらをオススメします。

特に欠点が思い浮かばないすばらしいアイテム。

 

ダットサントラックD22

ピックアップトラックって働く車感が楽しいですよね

ジムニーを乗り潰し、乗り換えたのがダットラD22です。こいつでの出猟回数は1回なので、レビューって程のことはできませんが、ジムニーに比べて長距離の運転は楽ですね。快適です。

ただジムニーと比べるとでかいので、林道内での機動力というか、小回りは効かないです。Uターンするのもちょっとスペースが必要。とはいえ、想像していたよりかはずっと扱いやすくて、ちょっとスペースがあれば切り返しながらUターンできる。ジムニーと比べるのは酷だけど、思っていたほど悪くないって感じ。

こいつの活躍はこれからですね。

 

また来期も楽しみ

「もう追加するもんはないな」と思っているのだけど、実際はそうはいかないんですよね。

一応必要なものは揃ってるつもりだけど、来期も何か必要になったりするのかな。

そういうのも含めて楽しんでいきたいものです。

 


また、おもしろいと思ったらこちらをクリックしていただけると、ランキングが上がります。応援のつもりでお願いします。
ブログ村へ
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ


狩猟やってます。ひとりで歩き獲物を追う単独忍び猟が好き。狩猟系ブログ《山のクジラを獲りたくて》運営。狩猟系の本を集めるのが趣味。雑誌『狩猟生活』『ガンズ&シューティング』に寄稿し始めました。 ヤマノクジラショップ始めました:https://yamanokujira.theshop.jp

シェアする