書評

書評 『マタギ——森と狩人の記録』 時代の経過を記録する本

本日ご紹介する『マタギ——森と狩人の記録(田口洋美)』は、マタギというひとつの歴史を刻むすばらしい資料だと感じました。これからマタギについて勉強しようとする人のための本とは言いがたいですが、これまでいろいろ読んできた人ならきっとおもしろく読める1冊だと思います。

続きを読む

書評 『ぼくは猟師になった』 現代の猟師のリアルな姿

本日ご紹介するのは『ぼくは猟師になった』という千松信也氏の本です。ピンクとグレーの表紙がポップで、タイトルも堅苦しくなく、文章自体もシンプル&丁寧で取っつきやすい猟師本ですが、“リアルな猟師の姿” という意味ではかなり生々しい本なのです。

続きを読む

書評『邂逅の森』 明治のマタギが見えてくる小説

猟師やマタギについての本を色々読んでいますが、今回ご紹介するのは熊谷達也氏の小説です。

小説といえども、資料としてバカにできないものでして、むしろ小説だからこそ、マタギに関する情報だけではなく、風土・文化・風俗などが積み重なり、当時の情景が浮かび上がるという面があります。

続きを読む