Tag: 猟装

【インナーをアップグレード】ミレー ドライナミックメッシュの第一印象

狩猟用のウェアに金をかけるならインナーにかけるのが正解だと思います。見た目は変わらないし、実際に着て山を歩いてみないと効果を実感しにくいもんで、ついついアウターに投資しがちですが、インナー1つで快適さが格段に変わります。それも5000円とか(続きを読む)

結構いいかも!? 山での単独猟にワークマンのSTRETCHマイクロウォームパンツ

前シーズンから使っていた狩猟用のパンツのお股が破けてしまいまして、自分で縫い縫い補修して使ってみたりもしたんですが、いかんせんわたしの縫製技術が極めて低く、玉結びもなんだかぎこちない始末。補修しては破れ、補修しては破れ……と、狩猟に行く度に(続きを読む)

単独忍び猟での服装について思うこと

単独忍び猟での服装について、わたしが思うことをいくつか挙げてみたいと思います。 こういう話は好みによっても変わってくるし、同じ単独忍び猟をやる人の中でもスタンスが違えば、服装も替わってくるところです。 あくまで「わたしの場合」ということでご(続きを読む)

レザークラフト:MOLLE用の小さなポーチを作ってみて得た大事な教訓

レザクラにハマってます。レザークラフトをレザクラだなんて略したくなるくらいハマってます。 猟期が近づいてきて「今期はどんな格好して猟をやろうかな〜」なんて妄想しちゃうもんだから、「自作のレザーアイテムで……」なんて思っちゃうんですよね。 と(続きを読む)

デューティーアパレルの弾差しについて思うこと(不満と長所)

昨日の記事に書いたとおり(参考:モーリシステムで有名なデューティーアパレルのハンティングベストの使用感)、コンドルの弾差しを使っていましたが、少し前からデューティーアパレルの弾差しに変えました。 その意図と、デューティーアパレルの弾差しに関(続きを読む)

ザックなしで単独忍び猟に出てみて思った良いこと悪いこと

私事ですが(ってこのブログ全部が “私事” なんですけどね)、猟を始めたときからずっとザックを背負って猟に出ていました。しかし、ある日思うことがあり、試しにザックなしで出猟してみたら、かなりいい感じでしたので、わたしなりに思ったことを挙げて(続きを読む)

単独猟での服の悩みが解決!静音・撥水・防風で動きやすいモンベルのノマドジャケット

狩猟に出るようになってからというもの、最初の悩みは服装でした。 自分でもあれこれ考え、Twitterでもアドバイスを頂き、辿り着いたのがモンベルのノマドジャケット。 これが本当にいいんです。とくに関東など、冬とはいえ歩いていると暑くなるよう(続きを読む)