猟装

レザークラフト:MOLLE用の小さなポーチを作ってみて得た大事な教訓

レザクラにハマってます。レザークラフトをレザクラだなんて略したくなるくらいハマってます。

猟期が近づいてきて「今期はどんな格好して猟をやろうかな〜」なんて妄想しちゃうもんだから、「自作のレザーアイテムで……」なんて思っちゃうんですよね。

というわけで、今日は実際に猟で使うつもりの小ポーチを作ってみたんですが、ちょっと失敗したこともあるんで、教訓としてお見せします。

続きを読む

単独猟での温度調整は「頻繁に小さく調整」を心掛ける

単独猟で山を歩いているとき、温度調整はかなり考えさせられるテーマです。

なにしろ、厚着をしちゃうと歩き始めると汗をかく。数分でも立ち止まろうものなら汗が身体の熱を奪い、極端に冷えていきます。

薄着で出猟すると、延々と身体を震わせながら歩くことになります。とくに陰った谷間など極寒です。

完璧な格好なんてないと思いますが、自分なりにやっている工夫は「頻繁に小さく調整する」ということです。

続きを読む

今考える最高の単独忍び猟での装備について

わたしが単独猟に持って行っている道具類をすべてリストにしてみることにしました。

「すべてが最高!」ってわけではありませんが。おおまかな構成はだいぶ満足できるようになってきた気がします。

それに最初の頃は「先輩方の真似」の部分が大部分でしたが、今はずいぶん「自分なりの考え」が反映されてきて、自分のスタイルに合った荷物になってきたと思っています。

もちろん今後もあれこれ模索して、変わっていくと思いますが、1つのマイルストーンとして「今はこういうスタイル」というのをご紹介したいと思います。

長くなりそうなので、細かい話には入らないように努力します。なにかご質問があればTwitterでお願いします。

続きを読む

デューティーアパレルの弾差しについて思うこと(不満と長所)

昨日の記事に書いたとおり(参考:モーリシステムで有名なデューティーアパレルのハンティングベストの使用感)、コンドルの弾差しを使っていましたが、少し前からデューティーアパレルの弾差しに変えました。

その意図と、デューティーアパレルの弾差しに関する不満や強みをまとめたいと思います。

続きを読む

ザックなしで単独忍び猟に出てみて思った良いこと悪いこと

私事ですが(ってこのブログ全部が “私事” なんですけどね)、猟を始めたときからずっとザックを背負って猟に出ていました。しかし、ある日思うことがあり、試しにザックなしで出猟してみたら、かなりいい感じでしたので、わたしなりに思ったことを挙げてみたいと思います。いいことばかりではないので、よく考えてやりましょう。

続きを読む

猟では100%着ていくモンベルのノマドジャケットのご紹介

11月15日の猟期開始から数日で生まれた悩みが服装でした。

あれこれ考え、Twitterでもアドバイスを頂き、辿り着いたのがモンベルのノマドジャケット。これが本当にいいものでした。とくに冬とはいえまだ寒くなる前の時期、あるいはそういう地方の肩にはオススメできます。

もし同じ悩みがある人は、検討してみてください。

続きを読む