Tag: スラッグ

ハンターメインの射撃会に参加して、スラッグ部門で優勝しました

前猟期中に知り合ったベテランハンターの方は、「ハンターたるもの鉄砲の腕前も高めなけりゃいけない」という狩猟哲学をお持ちでした。 わたしもまったく同感でして、そんな気持ちもあってこんな記事を書きました。 参考:「狩猟に射撃はいらない」という意(続きを読む)

ハンドロード:鉛を溶かすLeeプロポット4-20を買うことにした理由

スラッグのハンドロードをやろうと思うと、結局避けて通れない(と思う)のが弾頭の鋳造です。 この鋳造をやる上でいくつか必要なアイテムがありますが、その中で買う買わないの判断が分かれるのが鉛を溶かす専用ポットですね。 わたしなりにあれこれ考えて(続きを読む)

ハンドロード:火薬ってどう選ぶの? ユニバーサルとロングショットのこと

昨日書いたとおり、スラッグ弾のハンドロードは今年の大きなテーマです。 参考:20番スラッグのリローディング始めるので、参考になりそうなサイトを挙げてみる これまた本当に未知の世界でして、何から考え始めればいいものやら、なんだかぜんぜん分から(続きを読む)

20番スラッグのリローディング始めるので、参考になりそうなサイトを挙げてみる

猟期が終わりましたね。ハンターとして、次の猟期に向けて少しでも成長したいところです。 で、実は去年からTwitterなんかでは言い続けていたのですが、今年のテーマの1つが「弾のリローディング」です。つまり弾を手作りするというわけです。 自分(続きを読む)

新しい猟用スコープを頂いてしまったのでご紹介 “ブローニング 2-7×32”

猟期の最後の頃、こんな記事を書きました。 参考:初猟期が終わろうとしている今、スコープについて改めて考える この記事で書いたことを思いっきり短くまとめると—— いま使っているVX-HOG1-4×20にはすごく満足。 でもわたしの場(続きを読む)

猟用のスラッグ弾をレッドバードの新しいモデルに変更することにしました

昨年、スラッグ弾メーカーとして有名なレッドバードの工場が火事になり、製造〜供給が停止するという事態になりました。 わたしもご多分に漏れず、レッドバードの20番を使っていましたので、少なくとも猟期の間は困らないように、と最低限の弾は確保してい(続きを読む)