Tag: マタギ

アイヌ民族の背負い縄をヒントに肉の運搬を考える

単独猟で肉の運搬は大きなテーマです(という文をこれまで何度書いてきたことか……。いまだにまったく答えに辿り着いた気がしないのですよ……)。 で、少し歴史を紐解いて、先人たちはどうしていたのか考えてみるのも一興だろうとリサーチしてみたら、マタ(続きを読む)

書評『サバイバル猟師飯』ブッシュクラフト&ハンティングという提案

最近読んだ狩猟系の本が、今日ご紹介する『サバイバル猟師飯(荒井祐介著)』です。 これがまたグッとくる本なのでぜひオススメします。 『サバイバル猟師飯』 サバイバル猟師飯: 獲物を山で食べるための技術とレシピ posted with ヨメレバ(続きを読む)

書評『黄色い牙』エンタメ性が高く、風刺も効いている小説でした

狩猟系の本、特にマタギに関わる本は見かけたらできるだけ読むようにしています。 最近読んだのは『黄色い牙』。書いたのは志茂田景樹氏。直木賞受賞作ということで、注目度の高い1冊なのですが、お恥ずかしい話、この本の存在を知ったのは最近のこと。 と(続きを読む)

秋田の旅土産話5:しっかり実用アイテムだった熊の脂について

秋田の旅の土産話第5弾です。今日は秋田で買った『熊の脂』をご紹介。 正直なところ「観光者向けのお土産品?」なんて思っていたのですが、それはわたしの認識不足。完全に実用アイテムでした。 熊狩りするなら絶対自分で作りたいもののひとつになりました(続きを読む)

秋田の旅土産話3:鍛冶屋さんでのナガサを購入日記

ナガサという刃物をご存じでしょうか? 秋田のマタギが山に持って行く剣鉈です。 前からずっとこのナガサが欲しくて、すぐにでも買いたかったのですが、ぜひ作っている鍛冶職人さんから直接買いたいと思っていました。 というわけで、今回の秋田行きで鍛冶(続きを読む)

秋田の旅土産話:マタギに興味を持った理由 ヒマラヤ山脈とマタギ

マタギの里と言われる、秋田県の阿仁・森吉エリアに行ってきました。 行った目的はプライベートなものも含め、いくつかありました。その中でも大きな目的の1つは「マタギ文化に触れてみたい」というもの。 もう少し具体的に言えば「現代のマタギについて少(続きを読む)