イノシシ

猟場探し:新しい猟場を捜しに行ったので、そのプロセスをまとめてみる

初めての猟期を迎える人が苦労するのが猟場探し。いろんな要因があって、なかなか「ここでOK」と思えないものですが、とにかく猟場を見つけないことには猟ができません。

わたしも昨シーズンにいくつか猟場を見つけておきましたし、今シーズンも1〜2ヶ所候補地を増やそうと思っています。

さっそく1ヶ所候補地を見つけたので、その場所を探したプロセスを公開します。これから探す人のヒントになればいいな。

もちろん、実際の場所は明かせません。使う地図の画像などは全てテキトーな場所ですので、ご了承ください。

続きを読む

いまのところイノシシやシカはトラバースしながら探すのが好き

猟期前まで、わたしは比較的尾根の上を歩くことが多かったです。だから猟期に入ってしばらくは、同じように『尾根を延々登っていって、別の尾根を辿って降りてくる』みたいなスタイルが基本でした。

しかし、だんだんと考えが変わり、いまは『等高線に沿って、トラバースするのが1番有効的』と考えるようになりました。

まだ初心者なので、今後もコロコロ考えが変わるかもしれませんが、あくまで「いまは」ということでご理解ください。

続きを読む

単独でのシカ撃ちとシシ撃ちのアプローチの違いについて考える

「ひとりでイノシシを獲るのは難しい」と言われます。

自分なりに挑戦してみて、その難しさを実感するのは確かですが、少しずつとはいえ遭遇率も増えてきました。

ここでひとつ、自分のアプローチをまとめてみたいと思います。まぁ、遭遇率が増えたといっても、1日歩いて1〜2度程度。まだ決定的な方法は見つかっていませんけどね。
続きを読む

単独猟日記19:最後のシシ猟の最後の10分

2月15日。猟期最終日です。わたしの住む地域ではニホンジカが例外で2月末まで。というわけで、2月15日はわたしにとってイノシシ猟の最終日というわけです。

シカは冷凍庫にもいっぱいあって困っていないので、最終日はイノシシだけに注力して出猟することにしました。

その最後の10分が大興奮だったので、そこに絞ってレポート!

続きを読む

単独猟日記17:初雪の中、イノシシを求めて山を歩く

前回の忍び猟日記に書いたとおり(参考:単独猟日記16:小さなメスジカを見送って、大きなオスジカを獲る )、残りの猟期は少しイノシシ重視で取り組んでみたいと思っています。

もうシカは獲らないという意味ではないのですが、なにしろ自分が通う山のどこにイノシシがいるのかを少し研究しないことには、「イノシシ重視」にする方法さえ浮かんできません。それじゃ、シカがいるところに行って、シカを獲るっていう、これまで通りの取り組みになってしまうし、あえてシカのいないルートを歩いたりすれば、それはもはや闇雲。何も獲れないのは目に見えています。

「イノシシってこういうところにいるよね」という実感を持っていれば、少なくともそういう所を中心に歩くことで、シシとの出会いを増やせるかもしれません。

今日の猟はそういう「イノシシがいそうな所」を探すのが最大の目的でした。

前々日が雪。これがかなり助けになりました。

続きを読む

単独猟日記15:山のクジラを獲りました

やりました! この日のために狩猟を始めたと言っても過言ではない、と思うのです。

もちろんこれで「目標達成、満足満足」というわけではありません。課題はたくさんあり、これからもがんばっていくわけですが、やっぱり目標にしていた獲物を獲った喜びは大きいものです。

というわけで、初めてのイノシシを獲りました。イノシシを獲った、ちょっと不思議な経緯をおはなししたいと思います。わたしにとっては本当にラッキーな出来事でした。

 

※ 獲ったイノシシの写真含め、人によってはショッキングに感じる写真もあります。そういったものを見たくない方はページを閉じるようお願いします。そういった写真は面白半分にご紹介しているものではなく、誰かの役に立てば、と思って掲載しています。ご理解いただきますようお願いします。

続きを読む