Tag: イノシシ

単独猟日記:猟期最後のご褒美か? シカとシシを頂きました

2月15日。多くの地域では猟期の最終日です。わたしの地域ではイノシシは終わりですが、シカは月末まで延長されています。 ただ、わたしの仕事の都合上、2月16日以降は猟に出られるかもわからず、もしかするとこれが最終日になるかもしれないという気持(続きを読む)

猟場探し:新しい猟場を捜しに行ったので、そのプロセスをまとめてみる

初めての猟期を迎える人が苦労するのが猟場探し。いろんな要因があって、なかなか「ここでOK」と思えないものですが、とにかく猟場を見つけないことには猟ができません。 わたしも昨シーズンにいくつか猟場を見つけておきましたし、今シーズンも1〜2ヶ所(続きを読む)

いまのところイノシシやシカはトラバースしながら探すのが好き

猟期前まで、わたしは比較的尾根の上を歩くことが多かったです。だから猟期に入ってしばらくは、同じように『尾根を延々登っていって、別の尾根を辿って降りてくる』みたいなスタイルが基本でした。 しかし、だんだんと考えが変わり、いまは『等高線に沿って(続きを読む)

ベテランハンターさんに聞いた、犬なし単独でイノシシを獲る話

猟期の後半、猟場に入る林道でとあるハンターさんに声をかけられました。 いろいろ話をしてみると、超ベテランハンターで、雑誌などでも紹介されたことがあるお方。この方がとても尊敬できる人格で、しかも猟の腕も立つわけで、いろいろお話を聞かせていただ(続きを読む)

猟期前の下見で何を下見しておけば良かったのか?

下記の記事から続く形で「下見について」考えてみたいと思います。 参考:シカがいる場所を理解し、山の地形を知り尽くすことが1番重要かも 例の如く、書きながら考えています。ツッコミどころ、不備/不足があると思いますので、ぜひみなさんの考えも聞か(続きを読む)

単独でのシカ撃ちとシシ撃ちのアプローチの違いについて考える

「ひとりでイノシシを獲るのは難しい」と言われます。 自分なりに挑戦してみて、その難しさを実感するのは確かですが、少しずつとはいえ遭遇率も増えてきました。 ここでひとつ、自分のアプローチをまとめてみたいと思います。まぁ、遭遇率が増えたといって(続きを読む)