「狩猟」の検索結果

幡野広志さんの狩猟がテーマの写真展に行ってきました

幡野広志さんをご存じだろうか?

Twitterあたりを活用しているハンターであれば、少なからず名前を拝見する機会はあるだろうと思う。いや、“名前を見ない日はない” と言ってもいいくらい、頻繁に見る。

幡野広志さんは写真家。それも狩猟系の写真を多く撮影しているらしい。ご自身もつい最近まで狩猟をやっていたが、最近鉄砲を返納したとのことだ。

そんな幡野広志さんが東京で写真展を開催するとのことなので、いくつか用事を作って、東京に出てみた。

続きを読む

「狩猟に射撃はいらない」という意見について

わたしもまだ初心者で、狩猟や射撃について「こうすべし!」という強い意見を発信できる立場ではないのですが、このブログはこれから狩猟を始める人や、始めたばかりの人も見てくれているので、そういう方に向けて私なりの意見を書いてみたいと思います。

ときどき「狩猟と射撃は別物だから、射撃場なんか行ってもムダ」という意見を耳にします。

何度考えてみても、それは違うと思うんですよ。そう思う理由を書いてみたいと思います。

続きを読む

狩猟の言葉:猟をやる人は猟師だろうか?(ジョーク記事)

始めにお断りしておきますが、この記事はジョーク記事です。特に主張も何もございません。さほど重要でもない話題を、さも大袈裟に取りあげてみようという試みです。

 

「狩猟をやる人を猟師と呼ぶか?」という話題って、定期的に出てくるんです。わたしがTwitterのアカウントを作って、みなさんのツイートを覗き見るようになってから、少なくとも2度は盛り上がっています。

いろんな主張があって、思いがあって、たかが1つの単語の定義なんですが、そこから狩猟をやる人の間にある尊厳にも似た思いが読み取れる気がしておもしろいんですよ。

続きを読む

「狩猟動画を作ってる人たちスゴイよなぁ」と初シーズンを終えた今思う

独り言のような記事ですが……、本当にスゴイと思うようになったんですよ。

狩猟系の動画を作成されているYouTuberって結構いますよね。わたしもちょこちょこ見させていただいています。

YouTuberとまではいかないまでも「2〜3コくらい自分でも撮ってみようかな」と思ったんです。ブログは文章主体なので、ちょっと映像的な発信をしてもおもしろいかな、と思って。

ところが、いざ自分で作ろうと思ったらこれが思いのほか大変で、結局初シーズンは断念しました。

どう難しいのかタラタラ書いてみます。ぜひ狩猟系の動画を配信されている方々に尊敬の念を!笑

続きを読む

書評『老人と狩りをしない猟犬物語』狩猟禁止論者による狩猟小説

猟期が終わったので、積ん読になっている狩猟系の本を順繰り読んでいます。

今日ご紹介するのは西村寿光氏の『老人と狩りをしない猟犬物語』。これがまた深い小説でおもしろかったんでご紹介です。

最後の作家紹介で深掘りしていきますが、その作家、元々はハンターでしたが、この作品を書いている時期に “狩猟禁止論者” に転向したという経歴を持ちます。それを踏まえて読んでみたい作品ですね。

続きを読む

書評『狩猟生活Vol.3』鳥猟づくしの中で羆の隠し味

昨年創刊された狩猟雑誌である『狩猟生活』。その第3号が先日発売されました。

今号の特集は鳥猟。散弾銃でのカモ撃ちはもちろん、エアライフル、網猟までカバーされています。

そして、特集とは別に企画されているのが羆猟。久保俊治氏の記事です。

なかなか読み応えがありますよ。

続きを読む

狩猟って“善悪”や“理想”で分けられるようなもんじゃないと思う

今日はちょっと簡単に説明できないテーマで書いてみたいと思います。ぜひ、みなさんの考えも教えてください。

テーマは「狩猟における善悪や理想的な狩猟について」です。

SNSなんかでいろんな人の意見を見ていると、他人の狩猟について「これは良い」「これは悪い」「理想的」「理想的じゃない」と評価することが少なくありません。ハンターも他のハンターを評価するし、ハンターでない人もハンターを評価します。わたしも例外ではありません。口にするしないは別にして、心の中では評価していることがあります。

自分でも他人の狩猟スタイルに対して「これはどうなの!?」と否定したくなるときもあります。が、ちょっと立ち止まって冷静に考えてみると、「立場が違えば、考え方も違うよな」と理解できることも。いくつか例を挙げながら考えてみたいと思います。

続きを読む