猟で使おうと買ったものの、あまり使わなかった道具を挙げてみる

  • Pocket

前猟期、狩猟を目的に買ったもので、結局あまり使わなかったものをご紹介します。

使えない、ダメなもの、というものではなく、100%スタイルの問題ですね。見ていきましょう。

滑車——ホイストロープ

鹿を吊すときに使うつもりで購入しました。

これね。モノに不満はないんですよ。見たまんま、ちゃんと滑車として機能するんですが、わたしは使いませんでした。

昨日のブログで書いたとおり(参考:単独猟にザックを背負って行くか問題)、荷物をどんどん減らしたくなってしまいまして、これはかなり初期に持って行くのをやめたアイテムでした。

まずわたしは獲物を寝かせたまま解体していたので、吊す必要がありませんでした。

また、やや小さめの鹿であれば滑車なし&ロープ1本で吊すこともできます。

で、この滑車意外と重いんですよ。840gです。これを持って行くなら、840g軽量化したいと思ってしまいましたね。

でもいつか使うんじゃないかと思って、しまってあります。

無線——スタンダード VX-6

これは単独だからですね。数回だけ巻狩で使いましたが、それっきりです。

でもこればかりは、その「数回」の為に持ってないとダメなんですよね〜。だから買わないという選択肢はありませんでしたし、後悔もありません。でも使用回数は少ないです。

(駆除は無線機レンタルしてくれればいいのに〜)

鹿笛——カールトンECCコール

鹿笛はめちゃくちゃ楽しいんですが、「猟では」あまり使わないですね。というのも、猟期に入る頃にはコール猟の時期が終わりかけなんですよ。

猟期最初の1〜2週くらいですかね〜。使えたとしても。

「猟では」使ってないですが、猟期直前の10月くらいは山には行って吹くのは楽しいです。そういう意味では使ってはいるんですけどね。猟では使ってないです。

 

道具にスタイルが現れる

道具の選び方、使い方って、おのずとその人の狩猟のスタイルが現れてくると思っています。

使うと思ったら使わなかった……使わないと思ったら必要だった……そういうのってありますよね。

みなさんはなにか「使わなかったアイテム」ありましたか?

また、おもしろいと思ったらこちらをクリックしていただけると、ランキングが上がります。どうかお願いします。
ブログ村へ
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ




Twitterではブログ以上にあれこれ模索の様子を呟いていますので、興味があればフォローをお願いします。
Twitter @yamakuji_jp

  • Pocket

SNSでもご購読できます。