VX-6

ハンディ無線機にマイクとイヤホンをつけてみた

先日、書いたように狩猟でハンディ無線機を使う場合、イヤホンは必須だろうと思います。

参考:狩猟用にはハンディ無線機だけじゃだめ? いろんなタイプのイヤホンマイク

いろいろ考えましたが、わたしもイヤホンを購入しましたので、ご紹介します。

買ったのはこれ

 

それぞれ簡単にご紹介します。

スピーカーマイク Standard MH-57A4B

Standard社の純正品です。純正でなくてはならない、なんてことはないのですが、とりあえず純正品で不満がなかったのでこれにしました。

購入の際に気にすべきポイントは適合モデル・防水性・イヤホンジャックの有無の3点です。社外品もあるようですが、適合しないと使えませんので、注意しましょう。

また私が持っているStandard VX-6の純粋スピーカーマイクは2種類あって、わたしが買わなかったモデルは防水、こちらは防沫です。つまり水しぶきがかかるくらいならOKだけど、水の中に入れたらダメよ、ってこと。

なぜこちらを選んだかと言えば、イヤホンジャックがあったからです。防水モデルはイヤホンジャックがないため諦めました。恐らくイヤホンを使ったときに防水性を保てないのだと思います。そういう意味では、イヤホンジャックがあって、しかも防沫構造なのは合格点なのかな、と思います。

 

余談)先日『ハンディ無線機を車の中で使うために知っておくべきこと』でも書きましたが、車中でハンディ気を使う場合、こういうスピーカーマイクをつ買う必要があります。そういう意味では狩猟だけではなく、車でも使えるのでスピーカーマイクは買っておいて良いアイテムだと思いますよ。

ハンディ用イヤホン DEH17

こちらはダイアモンド社のイヤホンです。マイクはついていません。

イヤホンは何でもいいと思うのですが、狩猟で使う場合、片耳用のイヤホンにしたかったので、これにしました。2つの点でこのイヤホンをすごく気に入っています。

1. クリップ付き

まずはクリップ付きであるということ。洋服の襟にでもつけておけばイヤホンのケーブルがブラブラしなくていいと思います。

2. 耳掛け式

また、よく見ると、透明のチューブがクルッとしていて、そこを耳にかける仕組みになっています。

これが結構耳に優しくて、しかも落ちにくいので良いですね。

 

合体

で、全部を繋ぐとこうなります。

うーん、邪魔くさい笑

でも、必要なものなので、うまく工夫して快適に使いたいですね。