いつかくる鹿の単独解体に備えて:解体動画を集めてみた

  • Pocket

猟期が近付いてきました(最近、この書き出しが多いのは、気持ちが昂ぶっているからでしょう)。

初めての猟期に向けて、これまでいろいろな準備をしてきました。人によっては「やりながら覚えれば良いのだから事前にそんなに準備しなくてもいい」ということを言う人もいますが、単独猟がメインになる予定の私としては、山の中で頼れるのは結局自分だけ。困ったときに助けてもらえるとは限りません。

で、今日は鹿の解体の話題です。事前にざっくりと理解しておきたいという気持ちで、YouTubeに転がっている鹿の解体動画から、参考になるものを集めてみます。

解体は生で見たけれど

先日、巻狩を見学させていただいたとき、雄ジカが1頭獲れました。そのとき先輩ハンターたちの解体を見学していたものの、正直なところ頭に入っていません。ほら、自分で地図を見ながら歩いた道は覚えても、誰かのあとを付いて歩いていても道を覚えないでしょ? それと同じだと思います。

とはいえ、1度見た経験は大きいですけどね。

たった1度見ただけで器用に解体できるとは思えないので、予習はしっかりやっておきたいのです(予習しておいたって、いきなり器用にできる人なんていないでしょうけど、少しは余裕を持って取りかかれるかなって思ってます)。

というわけで我らがYouTubeで鹿の解体動画を探して、参考になりそうなものを並べていきたいと思います。

 

JPSikaHunterさん:現地で背開き

狩猟系ユーチューバーでかなり人気のあるJPSikaHunterさん。北海道でエゾシカを狩っています。ずいぶんたくさんの解体動画を公開していますが、その中で比較的解体に特化しており、ハウツー要素の高い動画を並べてみましょう。

ちなみに彼は背開きというスタイルです。他の動画だと背開きして背ロースだけ取っているケースもありますが、この動画に関しては内ロース以外は大部分の肉を取っています(すべての部位を取っている、というわけでもありませんが)。

背ロース・内もも、外ももなどの構造が分かりやすくて参考になりました。

3つの動画で構成されていますので、順にどうぞ。

※なお、この動画はハンティングギアさんが撮影しアップしたものです。被写体がJPSikaHunterさんとなっています。

 

Yamainu Base:解体施設で吊ってさばく(頭が下)

こちらは現地で解体せず、持ち帰ってからの解体です。頭を下にして吊っています。頭を上にするパターンも見ますが、この辺はスタイルの違いなんでしょうね。

淡々と皮剥、腹抜き、大バラシを進めていきます。口での説明はないのですが、かなり分かりやすいです。また、肉を余すことなく取っていくので、「肉を取りたい」わたしとしては参考になりました。JPSikaHunterさんが取らなかった内ロースなんかもとっているので、身体の構造を理解する上でも見る価値あります。

 

Yamainu Base:現場での肛門の処理

解体で何かと話題になるのが、肛門の処理。言うまでもなく、肛門からはうんちがポロポロと出てきてしまいますので、肉に触れることがないように徹底しなくてはいけません。

こちらの動画では現場での肛門の処理方法を解説しています。参考になりますね。

 

【カメ五郎】ネイチャー・ポケット:現場で吊ってさばく(頭が下)

カメ五郎さんは罠猟をやっており、猪やら鹿やらを狩っていました(今でもやっているのでしょうか?)。

こちらの動画は鹿の解体です。過去、鹿を寝かせたままで解体し、肉が汚れるという経験をして、今回は吊してさばくことにしたようです。

彼はレバーと心臓も食べるので、それらを取る部分も紹介してくれています。その点が他の動画と違い参考になりますね。また、現場で吊す様子なども、ハンター新入生のわたしとしてはイメトレの助けになります。

また、なんというか、彼の動画は生々しくてすごくいいです。肉を置いておくブルーシート、鹿を吊す紐、吊したときに足を広げておく棒の使い方など、いちいち説明はありませんが、参考になる情報がちりばめられています。昔見たときはあまり “気付き” はなかったのですが、猟期を目前にした今見ると「なるほどぉ、なるほどぉ」と手を打つような場面が多かったです。

 

 

Y Kaede:自宅で吊ってさばく(首が上)

Y Kaedeさんはニコ動メインで活動されていますね(カメ五郎さんもそうか)。これらの動画はとにかく丁寧。ベテランの方々はサラサラッと解体していきますが、ご本人も言っているとおり、まだ鹿の解体は8頭目。だからこそ、これまで習ったことを丁寧に話しながら作業を進めてくれているのだと思います。

わたしのような初心者としてはありがたい動画です。

また、首を吊った解体のスタイルです。吊り方もいろいろあるようですね。

 

 

おまけ:超高速皮剥+腹抜き

とにかく高速で皮剥と腹抜きをします。その速さ100秒。なんとまぁ。

 

いろんな解体のスタイル

解体はいろんなスタイルがありますね。パッと思いつくだけでも——

  • 寝かせたまま、腹から解体
  • 寝かせたまま、背中から解体
  • 後足を吊して解体
  • 首を吊して解体

というところでしょうか(前足を吊しての解体もあるのでしょうか?)。

いろいろメリット・デメリットがあるのでしょう。わたしは現場で枝肉にまではバラし、持ち帰ることを考えています。で、未経験なりの想像ですが、清潔に解体するなら吊すのが良さそうだな、というのがわたしの今の考えです。

もちろん吊すのは大変ですが、下記のようなグッズを使うつもりです。

で、吊すにしても、頭を上にするか、下にするか、いろいろ考えがあるんでしょうね。わたしがどういうスタイルで解体するかは、まだ分かりません。まずはいろいろ試してみたいと思っています。

わたしなりの仮説として「肛門を下にしておいた方が清潔?」「首を吊すと肉がクルクル回転するので、前足を吊るのがいい?」と思っています。今後、実際に解体をしつつ、いろいろ気付くのだと思います。

今日ご紹介したような動画を見つつ、おいしい肉を食べるための妄想に励みたいと思います。

おもしろいと思ったらこちらをクリックしていただけると、ランキングが上がります。どうかお願いします。
ブログ村へ
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ


  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. kezawa より:

    こんにちは。

    開戦日まであと少し。
    yamakujiさんは情報収集徹底してますね。今日の記事をみているとボンヤリしている自分は怠け者に分類決定です汗
    解体についてですが、雪というのは非常に有利かもしれません。冷やしながら作業できますもんね。

    1. yamakuji より:

      いやー、徹底してるというより、それ自体を楽しんでるっていうのが大きいです。猟期になってしまえば、情報収集よりも、実際に猟に出て学ぶことの方が大きいですが、今は猟に出たい!っていう欲求をネットで猟情報を見て抑えているのかもしれません。

      雪は大きいですね。足跡も見やすいし、肉は冷やせるし。
      猟期までもうすぐ、頑張りましょう!

コメントを残す

*