いまGuns&Shooting Vol9を読んで気付いた3つのこと

  • Pocket

去年発行のGuns&Shooting誌をいま読み返してみると、また発見があったので、そのうち3つをご紹介したいと思います。

Guns & Shooting誌2016年春号

この雑誌、実は以前にもレビュー記事を書いたことがあります。

参考:

そのとき、ひと通りの記事は読んだので、本棚にしまってそれっきりでした。

しかし最近ふと「まだ狩猟免許もないときに読んだっきりだから、免許も取れて、少し狩猟が現実味を帯びてきた今、読み直したら発見があるかも」と思ってザッと読み直すことにしたのです。

そもそもの話、わたしは雑誌という媒体が好きなんですよね。いろんな人を楽しませようという意気込みを感じるンです。

ともかく読み直したところいろいろ初心者なりに発見があったので、そのうち3つを共有したいと思います。

発見1:エアライフル以外はオレンジ

パラパラとページをめくっていてまず気が付いたのはオレンジ率の高さ。すべて写真で紹介すると引用の域を超えそうなので、1ページだけ紹介。

みんなオレンジ。

こちらのみなさまはみなさんオレンジ迷彩を着用されています。他のページを見ると、もっと地味な服の上にオレンジベストという人もたくさん。

とにかくほぼほぼ漏れなく上はオレンジです。

Twitterを見ていると、必ずしもオレンジ着用者ばかりではないようなので(実情不明)、もしかすると雑誌としてハンターにお願いしているケースもあるのかもしれませんね。でないといらぬツッコミを受けることになりかねないので……。

というのも色盲と言われる鹿に対してはオレンジ着用は頷けるものの、色を見分けるカモの猟でも全員猟友会ベストを着用してるんです。もちろん安全面重視でそういう方針なのかもしれません。

わたしもオレンジ迷彩を考えていたので、いろんなジャケットを見られて目の保養になりました。

さて、そんな中、オレンジを着用していなかったのはエアライフルの人たち。8人登場して、2人はオレンジ、1人は赤、あとは地味な色合いでした。

より獲物に近付く必要があることから、より地味な色になっていくのかな? と想像しましたが、いかがなのでしょうか?

発見2:鹿が角を擦った跡

オス鹿が角を擦った痕

上の写真は山梨での鹿猟に関する記事で使われている写真です。細い枝が折られており、キャプションには「オス鹿が角を擦った痕(後略)」と書かれています。なんてこともない写真ですが、これを見てピーンとくるものがありました。

それはこのツイートです。

今年の2月に近所の山を散策したときに見つけた「折れた枝」。このとき、わたしはこれが何者の仕業か分からず、「ニンゲンか? でも人が来る場所じゃないんだけど……」とかなり悩んでいました。

というのも、鹿が角をこすりつけるのは太い木の幹だと思い込んでいたんです。だからこんな細い木や竹にこすりつけるわけがない、と。わざとか、偶然か、なんにせよそういうこともあるんだな、と思いました。

とくにわたしが行った山では鹿がいないと思い込んでいたので、いるとなるとまた散歩が楽しくなります。

ともかく、勉強になります。

発見3:狩猟雑誌にソロストーブが登場してた

これはおまけみたいなものですが、わたしが今年から使い始めているソロストーブ。お気に入りの野外料理グッズです。

参考:
参考:

で、ふっと表紙を見たら……

よく見るとソロストーブが

文字と被って分かりづらいですし、ソロストーブの五徳になる部分が載せられておらずちょっと違和感がありますが、たしかにソロストーブです。

分かりづらい人にはこちらの写真も——

やっぱりソロストーブだ

同じ雑誌の最後のページに表紙の写真がちゃんと掲載されていました。

まぁ、撮影用に置いただけでしょうけど、もしかしたらちょっと物欲を刺激される人もいるかもしれないと思って紹介してみました。

ちなみにソロストーブというのはこれ。

もう1つこの雑誌でやりたいことがある

以上、3つの「発見」をご紹介しました。

じつはこの雑誌を眺めていて、もう1つ掘り下げたいことがあります。それは登場するナイフについて。

いろんな猟師の解体シーンがあり、そこで使われているナイフも結構丁寧に紹介されています。

メーカーが「ハンティングにいいよ」と謳っているのではなく、実際にハンターが個人的に所有し、使っているものなのですごく参考になります。

この雑誌で取りあげられているナイフを明日、記事として紹介しようと思います。興味がある人はお楽しみに。

「楽しみだ」と思ったら、下のリンクのクリックをお願いします。

おもしろいと思ったらこちらをクリックしていただけると、ランキングが上がります。どうかお願いします。
ブログ村へ
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ


  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. hayate より:

    こんにちは。
    最近、貧乏なので海外品でよさげなアイテムないかさがしているのですが
    海外で流通しているハンティングジャケット等にオレンジ迷彩ってあまりみかけません。
    もしかするとオレンジ迷彩自体が猟友会のオレンジが発祥なのかも?と勝手に解釈しています。

    1. yamakuji より:

      Realtreeなんかはオレンジ迷彩を出してますね。むしろ高くつきそうですが。
      →http://www.realtree.com/realtree-ap-blaze-camo

      わたしも安く済ませたいので、ebayとかヤフオクを活用したいなぁ、と考えています。

コメントを残す

*