ソロストーブで笹の葉茶を淹れてみて感じた第一印象(動画あり)

  • Pocket

ソロストーブを購入したので、さっそく使ってみました。

使ってみて感じた第一印象をまとめてみます。

ソロストーブを購入

ソロストーブを購入しました。

さっそく裏山で笹の葉茶を作ってみました。

笹の葉茶について:山賊ダイアリーでも飲まれていた “笹の葉茶” 作りに挑戦

動画も作りましたので、ソロストーブの雰囲気を知りたい人はぜひご覧ください。

ファーストインプレッション

Twitterで勧めている人がいて購入に至ったソロストーブ。かなりいい感じです。

ここ数日で3回ほど使ってみたので、第一印象を書いてみます。これから買う人の参考になれば幸いです。

1. 調理専用のネイチャーストーブだ

いろんなメーカーがソロストーブのようなネイチャーストーブを販売していますが、その中でソロストーブは圧倒的に「調理」に特化した商品だ、と感じました(他の商品を使ったことがないので想像を含みます)。

とにかく燃焼効率が良く、ガンガン燃えます。

のんびり焚火をしたいと思っても、延々と小枝を追加しなくてはならず、忙しいことになるでしょう。

ソロストーブはあくまで「パッと調理して、お茶でもつくって、次の行動を再開する」という目的に適していると感じました。

ソロストーブ社の公式動画を見ても、これでのんびり夜を過ごす、という使い方より、アクティブに山で遊んでいる人が「ひとときの安らぎを得る」というくらいの使い方を想定しているのを感じます。

2. それなりに忙しい道具

燃料効率がよいので、入れた枝はあっという間に燃えます。

だから1度火をつけたからといって、放置しておけるものではありません。

手元に小枝を集めておき、調理の最中にも、ときどきは1〜2本の枝を入れてやる必要があります。

長時間煮込む料理の場合は、その間ずっと側にいる必要があるでしょう。放置して、どこかにいけるような道具ではありません。

*この点、ちょっとしたコツで手間を少しだけ減らすことができます。また別の記事にでも。

3. 燃えカスは完璧に灰になる

動画の最後でもお見せしましたが、燃え尽きたあと、ソロストーブの中に残るのは完全な灰です。

まったく固形物が残りません。

だから使い終わったら、地面を棒でほじくって小さな穴を掘り、灰を埋めてしまえば、完全に痕跡が消えます。

これはすばらしいですね。

4. 着火は難しくない

今日の動画ではライターを使って着火しましたが(わたしはライター党なので)、ファイアースチールでも試してみました。どちらにせよ、着火は難しくないですね。

1点だけ挙げると、わたしがファイヤースチールに不慣れだからかもしれませんが、ソロストーブが小さいので、そこでファイヤースチールを擦ると、手がソロストーブのふちに当たったり、振動で火口が底に落っこちたりします。

だから、ファイヤースチールを使うときは、ソロストーブの外で着火し、火がついたら、中に移してやるのがいいでしょう。まぁ、慣れればたいした問題ではありません。

5. 手をかければ弱火もできる

ガンガン燃やすことしかできないと思っていたのですが、ある程度燃やすと、底に熾火が溜まります。

その状態でも十分に熱く、調理が可能です。長時間弱火で煮たいときはこの状態を維持すればOK、というわけ。

その代わり、放置すると炭が灰になり消えてしまうので、時々小枝をくべて、熾火がなくならないように保たなくてはいけません。

これを面倒と思うか、楽しい作業と思うか、ですね。

6. 事前の準備が大事

火が安定するまでの数分間、それなりに慌ただしくなります。

また火がついて、調理を始めてからも、ちょこちょこ木をくべる必要があるので、放置できません。

だから事前に枝を集めておくことが重要です。そんなに大量に必要ではありませんが、かといって足りなくなると困ります。小枝がたくさんついた枝を2本くらい用意できれば、大抵の料理はできるでしょう。

これは楽しいおもちゃ

ソロストーブ、わたし的には大ヒットです。

これさえ持っていれば、燃料のことを気にせず山にフラッと行くことができるし、ちょっとした焚火の楽しさを味わえるし、いわゆる焚火の面倒な部分(後片付けなど)も最小限で済み、大抵の場所で使えます。

ちょっと裏山に持っていって、小枝を集めて、お茶を作る。

それだけのことでもこれだけ楽しいのだから、これから本格的に活用することを考えるとワクワクします。

 

ちなみに、ガスストーブならこちらがオススメです。

10年選手! スノーピーク製『ギガパワーストーブ地』のご紹介

おもしろいと思ったらこちらをクリックしていただけると、ランキングが上がります。どうかお願いします。
ブログ村へ
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ


  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*