【雪国】スキー猟の魅力と猟法【ゾンメルスキー】

最終更新日

北海道に来て2シーズン目。12月になると積雪は1メートルを越え、つぼ足では山に入れません。

そこでスノーシューやらスキーやら使う事になりますが、ぼくはほぼスキーです。

わたしなりにスキー猟の魅力と、スキーを活かした猟法についてお話してみたいと思います。

動画版あります。

 

ゾンメルスキーってなに?

まず狩猟で使うスキーとしてはゾンメルスキーが定番です。ゾンメルスキーについてはこちらの記事でご紹介しています。

参考:北海道での“足”はスノーシューかなと思っていたら、ゾンメルスキーというものがあるらしくワクワク

まず一般的なスキーとの構造の違いは2点

  1. 裏面にアザラシの毛皮などが貼ってあり、前には進むけど後ろには戻らない
  2. バインディングの踵が浮く

これにより、平地を進んだり上り坂を登りやすいという特徴が生まれます。

 

ゾンメルスキーの魅力

まず道具としてのスキーの魅力について見ていきましょう。

 

1.平地での直進機動力の高さ

平地を一直線に進むという意味ではスキーに敵う道具はないのでは? ほとんど「足を上げる」という動作は不要で、足を前に滑らせればスキー先端がそり上がっている構造により、自然とスキーは雪上を滑ります。

スピードも速く、体力的にも楽ですね。

 

2.実はぐいぐい登れる!

「でも登りはキツイでしょ?」と思われるかもしれませんが、スノーシューも使った感想としては、「正直、上り坂もゾンメルスキーの方が楽」ですね。

もちろん急な坂を直登するのは無理があります。しかし、それはスノーシューだって同じこと。雪の急登はそもそも無理があるんです。だからスノーシューであれ、ゾンメルスキーであれ、ジグザグ登りになりますが、そうなるとゾンメルスキーはらくですね〜。

 

3.浮力の高さ

表面積の広さにより、浮力が高い!

深雪でふっかふかの雪でも沈まずグイグイ進めます。同じ日にスノーシューを使ったら見事に膝上まで沈み込んでしまいましたが、スキーではスネ辺り。そのうえ、スノーシューは足を完全に上げてから前に進めるわけですが、スキーは構わず前進させるだけ。

楽です。

 

4.下りはスイスイと

そして言うまでもなく、スキーは滑ることができます。普通のスキーのようにはいかないですが、スーッと滑り降りることはできます。

実を言うと、ぼくはまったくスキーができませんが、ぶきっちょながらも尾根をスーッと降りることはできます(たまに転びます)。

また、滑るほどの斜面でなくても、ちょっとでも下りの傾斜があれば、進むのはかなり楽になります。

 

デメリット

なんと言っても方向転換の手間です。

たとえば後ろに振り返りたいとき、かなり動きが大きくなります。もし後ろに獲物がいたら目も当てられないですね。

で、この方向転換の手間は発砲時にも影響します。正面から左方向への射撃姿勢は割と自然に取れますが、右方向は難しい。やってみると分かりますが。足を少し動かさないと右には構えにくいんです。そしてその「少し足を動かす」が億劫なのがスキーです。

どうやって動かすか、試しておくとスムーズです。

 

また、スキー板の長さのせいで、鬱蒼とした森の中を進むのは不便です。そういう機敏な動きはスノーシューには敵いませんね。

 

スキーを活かした猟法

で、こういったメリット・デメリットを活かし、わたしがよくやるのが「スキーによる流し猟」です。「林道歩き猟」と勝手に呼んでいます。

雪が深くなり、車も入れなくなった林道をゾンメルスキーで進みます(もちろん鉄砲はカバーに収納)。

で、足跡を見つけたら林道を降りて、トラッキングします。

林道は車が走る場所なので当然平坦で、スキーの直進能力の高さを全力で活かせます。早いし、体力的にも楽。また雪山に不慣れな人も、大部分の移動は林道上なので道迷いもせず、事故に遭う確率も少ない、と。

そもそも雪が深くなるとしかも平坦なところにいることが多い(わたしのところでは)ので、わりとこういう林道から遠くない場所で捕獲出来ることが多く、回収も少しは楽です。

 

スノーシューが定番化している気がするけど

雪国の猟だとかんじきやスノーシューが定番化していますが、昔はスキーが定番だったはず(たぶん)。

うまくスキーを活かしたアプローチの仕方ができるようになると、これほど気持ちの良い道具はないです。

ぜひ、雪国の人はご検討を。


また、おもしろいと思ったらこちらをクリックしていただけると、ランキングが上がります。応援のつもりでお願いします。
ブログ村へ
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ


狩猟やってます。ひとりで歩き獲物を追う単独忍び猟が好き。狩猟系ブログ《山のクジラを獲りたくて》運営。狩猟系の本を集めるのが趣味。雑誌『狩猟生活』『ガンズ&シューティング』に寄稿し始めました。 ヤマノクジラショップ始めました:https://yamanokujira.theshop.jp

シェアする