単独忍び猟での荷物をほぼ全て紹介してみよう

最終更新日

いつも個別に猟の道具の話をしていますが、今日はザッと全部を紹介してみますね。

まず収納状態……

まずベストですが、Duty ApparelのMOLLEベストを使っています。つけているポーチは2つだけ。弾差しと背中にFAKポーチ(中身は解体道具)だけ。

解体道具は獲物が獲れるまでまったく使わないので、背中に固定しちゃってます。おかげで、ベストの前面は弾差ししかないのですっきり!

ベルト装備がはこんな感じ、左から

ダンプポーチ: 手袋や食べ物など
カラビナ+ビニテ: 見たまんま
メインバッグ(中央): 解体道具、ヘッデン、FAK、羊羹、スコップなど
キャンティーン: 水筒+火おこしグッズ

中身をザッと

だいたい見れば分かるかと思います。中央にある小さな赤いポーチはFAKですね。

気になるものがあればご質問ください。

twitter@yamakuji_jp

質問箱

換えたいもの、工夫したいところ

100%満足しているわけでもないんです。ひと言で言えば「もっと減らしたい」のです。

なんとなく思っていることを挙げていきます。

1.のこぎりはやめたい

わたしが経験不足なのかもしれませんが、シカだとナイフ1つで胸骨も割れるのですが、イノシシは胸骨が割れなくて苦戦しちゃいました。

あと、オスジカ獲ったときに角だけはのこぎりで切って持ち帰りたいな、と。頭ごと持ち帰るならナイフだけでいいのですが、角だけ持ち帰るにはのこぎりが必要(だと思ってる)なもんで、仕方なく携行しています。

2.スコップ邪魔くさい

スコップは残滓を埋めるのに使います。

でも、無駄に重くかさばるので邪魔です。でも必要かな、と。でも邪魔です。でも必要かな………………。

3.ベルトのメインバッグをやめたい

とにかくザックを背負いたくないので、代替案として、ベルトに大きめのバッグを装着しています。これはこれで良いのですが、もっと軽快に行動できるようにしたいです。

いま1つ思っているのは、MOLLEベストの背中に大きめのポーチを付けてしまおうかな、と。すでに持っている便利そうなポーチがありまして、それを活用してみようかと思っています。

4.本当の本当はベストもやめたいとか思ったり……

MOLLEベストを着ていますが、ご覧の通り付けているポーチは2つだけ(弾差し・解体道具ポーチ)。

しかもわたしが普段着ている服は真っ赤なソフトシェルです(下記記事を参照)。

参考:単独猟での着用率100%!モンベルのノマドジャケットのご紹介

ジャケット自体が目立つし、大部分の装備はベルトに集約されているので、無理してオレンジのハンティングベストを着る必要もない気がしています。

MOLLEベストってそれ自体がそれなりに重かったりするので、大幅な軽量化にも繋がるんじゃないか、と。

でも結構満足

装備は去年からどんどん変わっていますが、今年に入ってからはずいぶん安定していて、それほど多くの変更はしていません。

不満……というか、課題はありますし、今後もいろいろ模索してみようと思っています(それ自体が楽しみの一部ってこともありますし)。


また、おもしろいと思ったらこちらをクリックしていただけると、ランキングが上がります。応援のつもりでお願いします。
ブログ村へ
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ


狩猟やってます。ひとりで歩き獲物を追う単独忍び猟が好き。狩猟系ブログ《山のクジラを獲りたくて》運営。狩猟系の本を集めるのが趣味。雑誌『狩猟生活』『ガンズ&シューティング』に寄稿し始めました。 ヤマノクジラショップ始めました:https://yamanokujira.theshop.jp

シェアする