狩猟ノートカバーを作りつつ、狩猟ノートについて再考

最終更新日

以前、狩猟手帳を作ろうとしました。というか作りました。

参考:ヤマノクジラ狩猟手帳を1.5ヶ月使ったのでレビューします

気に入ったらいろんな人に配布してもいいかもなー、とか思ったりしてましたが、なーんかその後、愛着が薄れていき、普通のノートに戻ってしましました。

その理由と、今回狩猟ノート用に作った革のカバーについてご紹介します。

狩猟手帳の失敗

ヤマノクジラ狩猟手帳のデザイン

これはね、じつは明確に理由はないんです。

デザインも悪くない。むしろ使いやすかったです。

だけどね、ファイルにルーズリーフっていう形式が嫌でした。なんか愛着がわかない。消耗品感が漂う。趣味の問題です。

また枠があること自体が面倒に思えたり、考え事の妨げになるというのも大きな理由です。

1日1ページのデザインなので、メモが少ないときは良いものの、たくさん書きたいことがあるときに「あーーメモ欄が小さい!」と、なんかやる気を削がれる事態に陥ります。

さらに言えば、「狩猟の計画」みたいなことも書きにくい。

手帳のデザインの都合上「よし、明日はこんな感じで」というメモなんかが書きにくい。やはり制約があると面倒で、いっそ白紙のノートがいいなーとか思ったりしました。

 

普通のノートでいいよ!

で、結局普通のノートを使うことに。

書きたいことを書けるし、大きく地図を書いてみたり、翌日の計画を書いてみたり、日記みたいに余計なことを書いたり、ブログのネタをメモしたり、やりたい放題。

こういうノートの方が使いやすいな、ってのが結論です。

 

それじゃカバーを作ろう

まぁ、ただのノートでいいんですが、なんかカバーとかあったら一層愛着が湧くだろうな、と思い立って、急にカバーを作りました。

超適当です。革の上にノートを置いて、その回りをザクザク切って、色を塗り、あとは穴を開けて、紐を通してノートを挟んで終わりです。

できあがりはこんな感じ。

 

こちらから動画でもご紹介しています。

ちなみにノートはつばめノートかニーモシネ

中に入れるノートですが、わたしはつばめノートかニーモシネを推します。とても良いノートです。

もちろんコンビニで買える大学ノートでもOK。好きなものを使うのが良いですね。

ちなみにサイズはB5にしましたが、持ち運ぶためではないのでもうちょい大きくてもいいかも。まあ好みでしょうね。

 

狩猟ノート自体はオススメ

やり方は人それぞれで、デジタルなメモを好む人や手書きを好む人もいると思いますが、やり方はなんであれメモを取るのはオススメです。

覚えているようで忘れるし、後でその情報が役に立つこともあります。

あと道具類に関しても、忘れる前に課題や問題を書き出しておきます。

たとえば、新しいウェアを使った日は、その感想や次は何を試したいかを書いておきます。暑かった寒かったみたいな情報も役立ちます。

まあ、わたしがメモ好きなもんで、余計にメモを取ることに熱くなってるのかもしれませんが。

 


また、おもしろいと思ったらこちらをクリックしていただけると、ランキングが上がります。応援のつもりでお願いします。
ブログ村へ
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ


狩猟やってます。ひとりで歩き獲物を追う単独忍び猟が好き。狩猟系ブログ《山のクジラを獲りたくて》運営。狩猟系の本を集めるのが趣味。雑誌『狩猟生活』『ガンズ&シューティング』に寄稿し始めました。 ヤマノクジラショップ始めました:https://yamanokujira.theshop.jp

シェアする