初めてのビーンブーツ! 足がでかいのってヤフオクで有利なのかな?

最終更新日

何となく気になっているけど、安い買い物でもないし、買わずに生きてきたL.L.Bean社のビーンブーツ。何の気なしにヤフオクでチェックしたらスゴイ安かったから、ダメ元で入札したらそのまま落札できちゃいました。

というわけで、紹介……っていうか自慢です。

MAINE HUNTING SHOES

わたしもL.L.Beanのモデルに詳しいわけではないのですが、公式サイトを見た限りでは、わたしの購入したブーツは現行モデルにはなさそうです。

一応MAINE HUNTING SHOESとかかとに書かれているので、現行だと下記モデル辺りに繋がるんでしょうね。

L.L.Bean公式サイトより

Amazonで見つけられる範囲だとこれが近いけど、もっと高さがあります。

 

なんにせよ、決定的に違うのはソール。L.L.Beanって独特のソールが採用されていて、ソールを見ただけで「これはL.L.Beanだね」とわかるんです。

あのソールにはどういうメリットがあるのだろうか? とずーっと思っていたんですが、こちらのサイトを見ると雪に強いらしいですね。

雪国の人はご存知だと思いますが、ソールは柔らかいゴムじゃないとグリップしてくれないのです。その点、ビーンブーツはソールが柔らかいラバーソールで、しかもチェーンステッチなパターンなので雪道に強いです。
引用:ビーンブーツが便利過ぎる

 

ほかのサイトも眺めていると「雪ならいいけど、凍ったら滑る」とか「結局、ソールが減ってくるとすぐに滑るようになる」というような記述を見かけたりします。

結局の所、あのソールの強みって何なんでしょうね?

さて、わたしのはL.L.Bean定番のソールではなく、ビブラムソールです。まぁ、いわゆる普通の登山靴に突いているソールに近い感じでしょうか。

前オーナーがこれに換えたのか、あるいはこういうモデルがあったのか、わたしにはわかりませんが、個人的にはこれで大満足です。

 

大人の長靴として

 

なんというか、履いた瞬間の印象は「長靴だ!」って感じ。悪い意味じゃないですよ。なんか大人の長靴っていう印象でした。少なくともゴム部分の防水性は高いだろうし、革もちゃんと油を塗ってあげれば防水してくれる。縫い目がどうなるかは試してみないと分からないけど、やっぱりワックスを塗り込んであげれば、かなり水に強い靴になるんじゃないかと思います。

 

いつも猟で履いているブーツはこんな感じで、どう見ても登山靴。ちょっと普段履きとしては使いにくい(使う気もない)です。

お手入れ前のSCARPAキネシスプロGTX

その点、今回のL.L.Beanのブーツは普段履きとしても使える印象。まさに大人の長靴として。あるいはワークブーツ的に。

デカ足に優しいヤフオク?

さて、今回のこのブーツはヤフオクで見つけました。しかも格安です。2,000円はしなかったとだけ書いておきます。

はじめは「こんなに安くは買えないんじゃないか?」と思っていたんですが、まぁ、夢を買う気分で入札したら、ほとんどそのままの額で落札できちゃいました。

L.L.Beanはみんな相場が安いのかな、と他の商品を見ていくとそうでもない。もちろん状態の良し悪しでかなり上下しますが、傾向として26cmあたりのサイズはどんどん入札され高くなりますが、29cmなど、大きめのサイズはほとんど入札されていません。

大きいサイズは需要が少なく、ライバルが少ない中で落札したようです。たぶんね。

 

まぁ、靴は試着しないと怖いアイテムですが、今回はあまりに安かったから「まぁ、落札してダメなら誰かにあげよ」くらいの気分で入札しました。結果としてはサイズもちょうどよかったので、大満足。

普段履きにも、狩猟にも使ってみるつもりです。るんるん。


また、おもしろいと思ったらこちらをクリックしていただけると、ランキングが上がります。応援のつもりでお願いします。
ブログ村へ
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ


狩猟やってます。ひとりで歩き獲物を追う単独忍び猟が好き。狩猟系ブログ《山のクジラを獲りたくて》運営。狩猟系の本を集めるのが趣味。雑誌『狩猟生活』『ガンズ&シューティング』に寄稿し始めました。 ヤマノクジラショップ始めました:https://yamanokujira.theshop.jp

シェアする