『ターハント12番ハーフライフル木銃床』を手に入れました

  • Pocket

欲しかった銃を見つけてしまいまして、思い切って買ってしまいました。それがターハントのハーフライフルなのです。買った経緯と銃の紹介を。

出会いは一本のLINEから

「やまくじさん、このページ見て」

ある朝、ハンター仲間からのLINEが来ました。添付のURLを開いてみると、中古のターハント。しかも12番で、木銃床(ウッドストック)です。

ターハントはアメリカでも3500ドルもする銃です。日本に入ってくれば、おそらくはその倍か、それ以上になるのでは? 新品じゃ手も出ませんが、中古となれば手が届く価格帯になってきます。

ただ、そもそも数が出ていない銃なので、他の銃のように「いつでも買える」という感じではありません。かといって、まったくないかと言うと、時々出てきては「お?誰か買うかな?」と注意を引く銃ですね。

12番と20番のモデルがあり、シンセストックもあれば、ウッドストックもあります。ただしウッドストックは現行モデルにはなく、中古でもなかなか出てきません。

わたしが欲しかったのは12番のウッドストックでした。『猟銃はウッドストック』という気持ちが強いんです、わたし。

 

ハーフライフルを探していたのは、北海道での猟を考えてのことです。まぁ、MSS-20でやるつもりでいたのですが、「もしターハントの12番でウッドストックがあれば買おう」くらいに思っていました。見つからなければそれで良いか、という感じです。

はじめは20番を考えていましたが、北海道のハンターに話を聞いたところ「ヒグマがいる時期だと12番の方が安心感があるよ」とのことで、素直にアドバイスに従って12番を探していました。

 

すぐに店へ

ハッキリ言って、ターハントのウッドストックなんて、なかなか見つかりません。それに欲しい人も多いはず……わたしの思い込みでしょうか? なんにせよ、中古銃は一期一会。「考えておく」なんてことをしているうちに誰かに買われてしまいます。

朝のLINEを受けて、時間があったわたしはその場でそのお店に電話。

「今から行くから見せてほしい」

まだ誰も押さえていないことを確認して、お店へ。

さっそくみせてもらいます!

※ボルトが閉じている写真もありますが、言うまでもなく脱包確認済みで、撮影用に閉じています。以下全て同様。

 

シンセストックのモデルもあったので並べて写真を。シンセかウッドか……これは好みでしょうね〜。ちなみにこのシンセモデルは20番です。

 

構えさせてもらってパチリ。

 

いろんな人に相談しつつ、自分でもしっかり悩み、購入を決めましたのさ。

 

やっと持ち帰り!

警察に申請を出して、最近、ようやく許可が降りたのです。

まだ撃ったことはないのですが、パラパラと写真を見ていきましょう。こちらがボルト回り。ハンドルのくびれと長さがエロいです。ちなみにボルトの開け閉めの感触がめちゃくちゃいいです。しゃきーんと閉じます。

 

結構使い込まれています。雑に扱ったキズって感じではなく、長く使い込まれた感じですね。お値打ちでしたのでそのへんは織り込み済みです。折を見てストックを磨き直すつもりです。

 

こちら銃床回り。いいですね〜。

 

弾倉が脱着式です。MSS-20はフタのようにな形状で閉じる形になっていますが、こちらは弾倉自体を差し込む形ですね。

 

全景はこんな感じ。ああ、早く撃ってみたい。

 

先ほど書いた「ハンドルのエロさ」が伝わりますか?

 

ゼロイン、弾探し、練習

さて、銃は手に入れておしまいではありません。

ゼロインして、この鉄砲に合う弾を探して、練習しないといけません。

この銃は北海道で使うことを想定していて、関東での猟ではサブ的な扱いで考えています。これからもシカ・シシの単独猟はMSS-20ですが、時々はこれを持ちだしてやりたいとは思っています。

アー楽しみだ楽しみだー。

また、おもしろいと思ったらこちらをクリックしていただけると、ランキングが上がります。どうかお願いします。
ブログ村へ
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ




Twitterではブログ以上にあれこれ模索の様子を呟いていますので、興味があればフォローをお願いします。
Twitter @yamakuji_jp

  • Pocket

SNSでもご購読できます。