『罠ガール(2)お?あの伏線を張ってきた?』

  • Pocket

以前もご紹介した罠ガールの続編である第2巻が発売されていたので、さっそく読んでみましたよ!

『罠ガール(2)』

第1巻もブログでご紹介したことがあります。真面目な駆除マンガである、と書きました。

参考:書評『罠ガール 1』真面目な駆除マンガ

 

このときの印象は変わらないですね。とっても真面目な駆除マンガです。少なくとも駆除自体に関しては浮かれた部分はまったくなくて、「まず防御。そのうえで駆除」という姿勢も貫いています。徹底的に駆除だけに絞ったマンガなんですね。

罠とはいえ、駆除もあれば、普通の狩猟だってあっていいとは思うんですが、ある意味でこうやって徹底的に駆除に振ったおかげで、ほかのマンガや小説にはない個性を発揮しているように思えます。

 

カラスから始まる

さて、今回はカラスの駆除から始まります。家のブドウを食べ荒らすカラス。カラスは頭も良く、小手先の対応だとすぐに慣れてしまい、見破られてしまう。そこで、見破られにくい手を考えるってところが、最初の「お!」と思った場面でしょう。

しかし、わたしがクスッと笑いつつも、ちょっと期待に胸を膨らませたのは、カラスの駆除を終えた直後、同じブドウ園にサルが入ってきたのを見てしまった場面です。

駆除について、かなり精通しており、いつも動じないちーちゃんが一気に弱気になる場面。なかなかにリアルですね。これがタヌキやらアライグマ、あるいはカラスなんかのときは「こういうときはね〜」って感じでススッと解決していくのですが、サルだけは打つ手なし。

でね、このサルのエピソードはこれでおしまいなんです。これはね〜、たぶん第3巻以降への伏線なんじゃないかと思うわけですよ。このマンガはそんなに伏線を散りばめて、回収していくようなスタイルではないのですが、さすがにこれは期待してしまいました。

そのうちちーちゃんvsサルの回があるんじゃないかな〜。

 

引き続き追っていきたいマンガです

ジャンル的に、爆発的大ヒットになるマンガじゃないのかもしれない。だけど、ハンターとしてはこういう「狩猟系コンテンツ」は応援していきたいんですよね〜。おもしろいし、実際勉強になるし。

今回であれば、たぬきやアライグマの話題があるのですが、普段シカがイノシシばかり勉強しているわたしとしては、ちょうどいい勉強なんですよ。

第3巻も読みますよ!

 

また、おもしろいと思ったらこちらをクリックしていただけると、ランキングが上がります。どうかお願いします。
ブログ村へ
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ




Twitterではブログ以上にあれこれ模索の様子を呟いていますので、興味があればフォローをお願いします。
Twitter @yamakuji_jp

  • Pocket

SNSでもご購読できます。