タープ用の細引きは細い方がいいなぁ、と思ったこと

  • Pocket

今日はとっても簡単な話題。

細引きは、細い方がいいナ、というお話です。

パラコードは万能じゃないと思った

先日書いたとおり、SOLのヘビーデューティー・エマージェンシーブランケットをタープ代わりに荷物に加えています(参考:自分に合う道具だと感じたSOLヘビーデューティー・エマージェンシーブランケット)。

タープとして使うのですから、紐も必要です。

家にたくさんパラコードがあったので、それを適当な長さに切って、タープを張る細引きにすることにしました。

A型のタープにするためには5本の細引きが必要です。そこで3mを4本と、4.5mを1本用意することに。

意外と多い!

これが結構かさばるんですよ。

はっきり言って、タープそのものよりもかさばります。

最初は「仕方ないかァ……」と諦めていましたが、どうにも諦めきれずにこいつを購入。

通常のパラコードがだいたい5mmですから、2mmのこのパラコードは半分以下です。

比較!

見てください。このボリュームの差。長さは前と同じ3m×4本、4.5m×1本。ずいぶん小さくまとまりました。

もちろん細い分だけ強度も下がります。これが万能だとは思いませんが、わたしの感覚だとコレで問題なし。

元々のパラコードでも重さは気になりませんが、やっぱり荷物は小さければ小さいほどいいですからね。

 

ちなみによーく見ると、パラコードの先端を黒く塗っているものがあります。それが4.5mのもの(長めのもの)。パッと見で区別が付かないため、このように印をつけています。

ただし、ペンで塗ると劣化して強度が落ちると聞いたことがあります。なので、こういうマークをつけるときは先端のみにしましょう。本当は紐の中心にもマークをつけると扱いやすいのですが、中心の強度が下がるのは致命傷。避けるのが無難です。

(水性ペンならOKとか、油性ペンでもサッと表面に塗るだけならOKという意見もあります。ましてや細引きはクライミングロープと違って、体重をかける道具ではないので、気にしなくてもいいのかもしれませんが、強度が下がると分かっているのにやることもないかな、と考えています。そのうち考えが変わって塗っちゃうかもしれません)

 

おもしろいと思ったらこちらをクリックしていただけると、ランキングが上がります。どうかお願いします。
ブログ村へ
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ


  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*