ファーストエイドの利用履歴をつけるといろんなことが見えてくる

  • Pocket

アウトドアで活動する人は、何らかのファーストエイドキットを持っていると思います。内容は人それぞれでいいと思うのですが、運用に関して、1つ意識していることがあるので、ご紹介したいと思います。

ファーストエイドキットの利用履歴

いきなり結論ですが、わたしはファーストエイドキットを使ったら、それを記録するようにしています。

たとえば絆創膏を使えば……

○月○日 絆創膏(靴擦れ)

痛み止めを飲めば……

○月○日 痛み止め(頭痛)

また人にあげたときも同じように……

○月○日 痛み止め(○○さんが頭痛)

という具合にメモしておきます。

 

すぐに役立つわけではないけど

こういう履歴をとることですぐに役立つわけではないですが、履歴が溜まってくると、自分がどういうものを多用しているかが分かるようになります。

わたしの場合は圧倒的に痛み止めと絆創膏ばかり(といっても、人より多いわけではないと思いますが……)。人にあげるのも同じように絆創膏と痛み止めがほとんど。

だから、これらは少し多めに入れてあります。自分で使って、かつ周りの人にあげられるように、と思っています。

 

自分の不調の傾向が見える気がする

本来、ファーストエイドキットは使わずに済ませたいもの。それを出して使ったということは、何らかの不測の事態が起きていたわけです。

これは運転で言えば「ヒヤリハット」というやつであり、もしかしたら大事故に繋がる前兆だったかもしれない、と言えます。

帰宅後、メモを書きながら「今回、不注意で怪我したから、これからは注意しよう」なんて具合に反省もできます。

また、最悪、荷物を減らさなくてはいけないとき、よく使うものは減らしたくないわけです。そういうとき、きちんと根拠を持って荷物を増減できるのも魅力です。

ファーストエイドキットって人の性格が出ますが、みなさん気をつけていることとか、工夫していることってありますか?

おもしろいと思ったらこちらをクリックしていただけると、ランキングが上がります。どうかお願いします。
ブログ村へ
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ


  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*