シルキーポケットボーイ130はウッドストーブとの相性がいいのこぎりです

  • Pocket

シルキーの小さなのこぎりがいい調子なのでご紹介します。

ブッシュクラフト系の遊びが好きな人には楽しいアイテムかもしれませんよ。

シルキーポケットボーイ130

ハンディーサイズの小さなのこぎり

ブッシュクラフト界隈では世界的に有名なユーエム工業のシルキーブランドですね。安心のメイド・イン・ジャパンで、本当に品質の良いのこぎりです。

いろんなサイズを出していますが、今回ご紹介するのはその中で1番小さな「シルキー ポケットボーイ 万能目 130」。その名の通り、刃渡り130mmの小型のこぎりです。

こうやって見てみると、その小ささが分かりますか?

手で持ってみると、ポケットボーイのサイズ感が伝わりますかね?

また、定番ナイフのモーラと比べてみるとこんな感じ。モーラの刃渡りは104mmです。それより少し長いというわけです。

モーラ・ヘビーデューティーよりもちょっと大きいくらい。

大きさついでに、収納時のサイズはというと。

収納サイズは本当にハンディーサイズ。

で、ちゃんとケースが付属します。

収納ケースは透明のプラスチック。味気ないと言えばそれまで。でも使い勝手は悪くない。

実際に収納すると

収納するとこんな感じです。収まりもいい感じ。

ベルトにかけたりできる形状ですので、持ち運ぶのにも都合のいいケースです。

実際に切ってみる

さて、けっこう小さいのこぎりですので、どんな木でも切れるわけではありません。

わたしのイメージですが、この写真くらいの太さが快適に切れる限界かな〜、と思っています。

今回切るのは80〜90mmくらいの丸木です。

先ほどもご紹介したこの写真の木です。

こんな感じで切っていきます。

これより大きくなると押し引きの動作がちょっと窮屈になります。こういう小さなのこぎりを使うときは、あくまで細めの木を対象にするのだと決めてかかるものだと思います。

わたしがこののこぎりを使うときは、もっと細い丸木を切るのですが、たまたま手近にこれがあったので、この丸木を何秒で切れるか挑戦してみました。

ノーストレス

動画などがないので、おもしろくないと思いますが、以下のように、1切り1分7秒でした。

切り跡もキレイ。斜めに線が走っているのは、わたしが丸木の角度を変えながら切ったからです。まっすぐ切ればかなりキレイな切り跡になります(それがシルキーの特徴です)。

この結果には大満足です。

ウッドストーブとの相性がいいと思います

庭作業なんかにももちろんいいのですが、ソロストーブなどのウッドストーブとの相性もいいですよ。

見た目の相性もいい感じ、、でしょうか?

ソロストーブ用の薪を作るのであれば、本当は太い丸木を割る必要などまったくありません。乾燥しているなら、手で折れるような細い枝を集めればいいのです。

しかし湿った環境下の細い枝は芯まで濡れており、燃やそうにも煙が出るばかり……。となると太めの丸木を探し、乾燥した中心部分を活用したいのですが、意外と苦労するのが、長い丸木を短くする作業(まさに今回切った作業)。ナイフって丸木を割る作業は比較的楽にできますが、短くする作業は時間がかかるんです。

そんなときにこの小さなのこぎりが役立ちます。たとえば手で掴めるくらいの太さの丸木なら(つまり、直径5cm程度)、30秒とかからず切れます。

直径5cm程度の丸木をササッとソロストーブサイズに短くして、ナイフでサクッと1/4〜1/8程度に割ってやれば、ちょっとくらい濡れている木でもちゃんと燃えます。

重量も175gということで、まぁ、そんなに重くないわけです。ザックに忍ばせておいて、必要なときに取り出せたらスマートですね。

おもしろいと思ったらこちらをクリックしていただけると、ランキングが上がります。どうかお願いします。
ブログ村へ
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ


  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*