雨の日にソロストーブを着火させた手順

  • Pocket

先日、山に入った時に小雨が降ってしまいました。そうでなくても連日の雨で地面はぐっしょり、落ちている枝もみんな濡れている状況でした。

手持ちのストーブはソロストーブ1つ。

苦労しつつもちゃんと調理ができましたので、そのときの手順や工夫を記録しておきたいと思います。

多少の雨ならちゃんとソロストーブでもうまくいきますよ。

ちなみに写真は参考として後日撮影したものです。当日のものではないので、濡れてもいません。雰囲気が伝わればと思って撮影しました。

乾いたやや太めの枝探し

まずは燃料にする枝を探します。

ソロストーブでは、通常「爪楊枝くらいの枝」と「小指くらいの枝」を集めて着火しますが、それくらいの太さの枝は、みんな芯まで濡れており、着火に苦労しそうでした。

こういうときはむしろちょいと太めの枝を利用します。表面は濡れていても、中心部分は意外と乾いているものです。

指4本分ちょいの(ソロストーブにしては)太めの枝を集めました。

底に敷く枝を準備

まず集めた枝の濡れた表皮をナイフでザッと剥いじゃいます。これは全部やる必要はなく、最初に使う分だけ(全部やってもいいですが)。

そいつをバトニングして1/4サイズにします。

こんな太さにしておくと、なにかと使いやすいですね。

乾いた面が露出するので、そいつを短く折ってソロストーブの半分くらいまで敷き詰めます。

多少濡れていても木は乾きながら燃えますが、こうして乾いた面を露出させることで、早く引火させる作戦です。

小さなフェザースティックを作る

丁寧に薄いフェザーを作ることよりも、ざっくり厚めでいいので、たくさん作っておいた方がいいかも。

小指〜人差し指サイズの小さなフェザースティックを作ります。できればたくさん作ります。

着火材としてガムテープを使うので、薄いフェザースティックを作る必要はありません。粗くていいので、小さいのをたくさん作っておきました。

ガムテで着火

ソロストーブに丸めたガムテを入れて着火し、作っておいたフェザースティック乗せていきます。乾いた綿を露出させ、そこをフェザーにしたおかげで結構燃えます。

晴れていればコレでおしまいですが、雨では上からの雨粒で消えてしまいます。

つぎの問題は上からの雨。

タープを持っていれば屋根を作ってしまうところですが、あいにく持ち合わせていないので、近くにあった白樺の倒木から皮を剥いできます。

もう完全に湿っていますが、その中でも比較的乾いた部分をソロストーブの上に乗せます。つまり樹皮を屋根にしてしまいます(適当に隙間が空くように)。

こうすることでソロストーブ内に熱がこもり、結果として中の着火も速く進みます。上からの雨も防げるし、そのうち乾けば白樺の樹皮も燃えていくので良いことづくめ。

ちゃんと着火したら上に鍋を置くので、もう雨はあまり気にしなくても大丈夫です。

ひたすら粗いフェザースティックを投入

普通の焚き火であれば、ある程度火がつけば、濡れた枝をどんどん投入しても問題ありません。強い火力によって乾き、燃えていきます。

しかしソロストーブは容器自体が小さく、火力を極端にあげることができません。

この小さな容器に濡れた枝を投入しても、すぐに燃えることはなく、しばらく経ってからやっと燃えるという感じ。

なかなか安定的に燃えないのです。火が強くなったところで次の枝を投入しても、持続せず、いったん火力が下がり、枝が乾いたところでパッと強くなる感じです。

そこでどうせ暇ですし、小さな粗いフェザースティックを作っては投入し続けました。

フェザースティックと言っていますが、まぁかなり粗いものです。

よく見かけるフェザースティックに比べると雑ですが、もう付いている火の中に投入するのでこれくらいでも随分違います。

ちょっと湿った木でも、フェザーにしておくと早く着火します。

フェザー状になっているので、多少湿っていてもすぐに乾いて燃えていきます。火力も維持しやすく、うまくいきました。

まとめ

火が付くと安心しますよね〜。

手順をまとめると

  1. 極力乾いた太めの枝を集める
  2. 枝を割って、乾いた面を露出させ、ソロストーブの底に敷く
  3. 小さいフェザースティックとガムテで着火
  4. 白樺の樹皮で雨よけ
  5. 火力維持のために粗いフェザースティックを投入し続ける

という感じですね。まぁ、乾いた環境なら火なんて簡単におこせるものですが、濡れてるとどうしても苦労しますね。頭の中には何度も「アルコールストーブを持って来ればよかった」という言葉が浮かんでは消えていきました。

もちろんそれでもいいのですが、こういう苦労をたまにしておくと自信が湧きますね。「雨でもやれる!」って。

(そして撮影用に晴れた日に着火したのですが、死ぬほど楽でビックリしました。最近、濡れた環境でばかりソロストーブを使っていたので、こんな条件がいい中で使うのは久しぶりでした笑)

おもしろいと思ったらこちらをクリックしていただけると、ランキングが上がります。どうかお願いします。
ブログ村へ
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ


  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*