銃購入日記1 あれこれ調べて最初の1丁を絞り込む!(機構編)

  • Pocket

まだ銃所持許可の試験も受けていないのですが、ボチボチ買う銃について考え始めようと思いました(買い物は慎重派です)。

「カタログでも見て、選ぼうか……」と思って気楽にネットを開くと、なんとまぁ、いろんな種類があることか……。こりゃ選べない……。

これから初の猟銃を買うわたしが、選んでいく過程を記録として残してみようと思います。結論のない、悩める記事になります。ぜひみなさまもご意見もください。

 

銃にはいろんなタイプがあるらしい

銃にはいろんなタイプがあり、それぞれ特徴があります。機構による分類だけでも――

  • 水平二連銃
  • 上下二連銃
  • 自動銃
  • スライド式銃
  • ボルト式銃
  • アンダーレバー式
  • 元折式単発銃
  • 複合銃

※『狩猟読本』より(ライフル・空気銃は除く)

と8タイプもあります。

これに加え、銃身の長さや口径によっても特徴が大きく変わってくるようです。とにかくいろんな種類があり、まずこのあたりから絞り込む必要がありそうです。

 

魔法の銃はない

初心者が苦労するのは「なんでもできる銃」を探そうとするからだそうです。すっごい気持ちがわかります。だって――

大物猟がメインだけど、たまにはカモも撃ちたいし……。自動銃もいいけど、上下二連銃みたいに銃身を折って装填する銃もカッコいいよなぁ。いや、ボルト式銃の装填も捨てがたいぞ!

と、まさにわたしは思っています(笑)。

これは車で言えば「スピードが出て、オープンカーで、荷物がたくさん積めて、燃費が良くて、音が静かで、悪路も走れて、街乗りに便利な小回りが利く車をください」と言っているようなもの……。

このままじゃ選べない……。

ここで思考停止したので、自分のやりたいことと状況を整理しました。

 

やりたいことを絞ります

銃を選ぶ上で、自分のスタンスをひとまず書き出します。

  • カモ用の銃は父から譲り受ける(たしか水平二連銃)ことができるので検討の必要なし
  • 狙いは四つ足(イノシシ・鹿)とする
  • 基本的にアナログ派なので、自動銃よりも手動で装填する銃に気持ちが少し向いている
  • 見た目のかっこうよさだって捨てがたい(彫り物が入っている銃ってステキ……笑)

とまぁ、四つ足に絞っただけでも、ずいぶん銃は絞れてきます。

 

参考サイトを回ってみる

で、四つ足に絞った自分にはどんな銃がいいのか?

いくつかのサイトを巡回してみました。

このほかにもいくつも見てみましたが、結構いろんな意見があるようですネ。

なんとなくまとめてみると、次の2タイプに分かれるのかな……(自信なし)

《自動銃派》
大物猟(四つ足)やる人の最初の1本なら自動銃がオススメ! 3連発できるし、替え銃身があれば、ハーフライフルとしても、散弾銃としても使えるゼ! 回転不良による装填トラブルが起こるという意見もあるけど、ちゃんと整備していれば大丈夫サ!

《スライド式・ボルト式派》
自動銃は回転不良が起きるから、装填が手動式の銃がいいぜ! もちろん替え銃身があれば、ハーフライフルや散弾銃として使えるしね!

ほかにも「最初は上下二連銃!」という意見もあるそうですし、「紳士は水平二連銃だぜ」という意見もあるようです。また、大物猟と言っても「散弾で撃つ」という人もいれば「大物で散弾はありえない、スラッグ弾かサボットスラッグ弾にすべき」という人もいるみたい。

 

仮の結論

今日/明日に買うわけではないので、今後も色々勉強して迷いたいと思いますが、いま現在わたしが考えている結論を書いてみたいと思います。

すでに猟をされているみなさまの「おれならこうするぞ!」という意見も頂きたいですし、わたしのようにこれから始める人の「ぼくはこう考えて選んでる」という意見も聞いてみたいです。コメントかTwitterでご意見ください。

《仮の結論》

「水平・上下二連のどちらかは父から譲り受けるので、買うのは自動銃かボルト式(スライド式は好みではない)。大物猟はやはりスラッグ弾ですべきな気がするので、ハーフライフル銃身が使える銃が望ましい」

これからいろんな銃のメーカーについて勉強して、少しずつ絞っていきます。その際にはまた記事にしますので、アドバイスをください!

また、おもしろいと思ったらこちらをクリックしていただけると、ランキングが上がります。どうかお願いします。
ブログ村へ
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ




Twitterではブログ以上にあれこれ模索の様子を呟いていますので、興味があればフォローをお願いします。
Twitter @yamakuji_jp

  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメント

Comments are closed.