ぼくがfenix 6に対して感じているたった1つの不満

最終更新日

昨年末からGarminのFenix 6 Proを使っています。とても重宝していて、手にして良かったな〜と思う道具です。

でも不満もありますので、その点を書いてみましょう。

結論:スマートウォッチモードで出来ることが、アクティビティモードでできない

※ぼくが使っているのはfenix 6 Proですが、今から買うなら 7 系がいいでしょうね〜。地形図不要なら、Instinctも視野に。

 

持っていない人にはピンとこないかもしれませんが、説明してみます。

Fenixはスマートウォッチモードアクティビティモードの2つを選択して使用することになります。

その名の通りなんですが、日常生活はスマートウォッチモードで時計を中心に使用します。スマートウォッチと呼ぶくらいなので、スマホと連携したり、各種センサーで気圧やら脈やら気温やらを測ることもできます。

一方で、アクティビティモードはランニングやら自転車やら登山やら、と何らかのアクティビティに特化したモードで、競技によって多様なモードを選ぶことができます。もちろん自作も可能なので、「とにかくスピードをチェックしたい」とか、「移動距離と経過時間を並べて表示したい」といったことが実現できます。

 

このスマートウォッチモードで出来ることが、アクティビティモードだとできないことがあるんです。

それが頂けない!!!

ぼくがたった1つ「これができて欲しいのに!」と思っていることがあります。

それが「気圧のグラフ表示」です。

 

気圧のグラフ表示

気圧のグラフ表示
気圧のグラフ表示

上の写真がぼくが日常的に使っているスマートウォッチモードの画面です。

上部にバッテリー残量。日付、曜日、日の出時間に続き、現在時刻が大きく表示され、下部に気圧のグラフが表示されています。

これがめちゃくちゃ便利なんですよね〜。というか、個人的におもしろいと思っているんです。

一目で気圧の変化が分かるので、細々とした数字を見ずとも、「ん!? 気圧がグンッと下がった!?」ってことがひと目で分かります。だいたいそういう時の前後には空気も変わるし、雲の様子も変わったりします。そういう肌感覚と合わせて、朝チェックした天気図を思い浮かべながらこのグラフを見ると「あー、あの低気圧がきてるかな?」なんてことが想像できるし、別のことに集中してて、その肌感覚で気付けていないときのリマインダーとしても役立つんです。

「気圧が急に変わった?」 → 「あ、そういえば、空気が湿ってきてる!?」 → 「雨がくるか?」

みたいな。ぼくは天気について素人ですもんで、それがいつも当たると言いたいわけじゃないんですが、1つのセンサーとして結構期待しているものなんです。

 

な  の  に!

 

このグラフ、アクティビティモードで表示できないんです。現在の気圧の数字は表示できるんですよ。「1012」みたいに。でもグラフはダメ。もちろん数字をずっと見ていれば上下は分かりますが、べつにそればっかり見ながら歩いているわけじゃないんですよ。グラフで傾向を見たいじゃないですか。

スマートウォッチモードで出来るんだから、技術的には難しくないだろうに、なぜかダメ。まぁ、アクティビティモードの最中にスマートウォッチモードに戻ることは出来るんですが、わざわざ戻るのもバカらしく感じてます。そうじゃなくて、アクティビティモードの画面の隅っこに何気なくグラフがあったら便利なのに……と思うわけです。

 

なんとかなりませんかね? GARMINさん。

気に入っているからこその期待です。


また、おもしろいと思ったらこちらをクリックしていただけると、ランキングが上がります。応援のつもりでお願いします。
ブログ村へ
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ


狩猟やってます。ひとりで歩き獲物を追う単独忍び猟が好き。狩猟系ブログ《山のクジラを獲りたくて》運営。狩猟系の本を集めるのが趣味。雑誌『狩猟生活』『ガンズ&シューティング』に寄稿し始めました。 ヤマノクジラショップ始めました:https://yamanokujira.theshop.jp

シェアする