【北海道犬】イチのしつけにトレーナーの力を借りることにした理由

最終更新日

アイヌ犬を飼い、毎日毎日、犬と向き合い、あれやこれやと模索しています。

そんな中で、プロのトレーナーさんに指導を承ることにしたので、その理由や目的を書いてみたいと思います。

トレーナーさんについて

どこのトレーナーさんに頼んだか、ということは相手のあることなので伏せておきます。

日本犬の扱いに長けていて、猟犬も扱ったことがある方で大ベテランです。

これ以上はトレーナーさんバレに繋がるので伏せておきます(隠す必要があるのかどうかも分かりませんが)。

 

相談相手がほしかった

犬の飼い方は千差万別十人十色です。

たまにぼくがイチのしつけについてSNSに投稿すると「こうすべき」「ああすべき」といろんなアドバイスを頂きます。リプライやDMなどで、いろんなご意見が届きます。

周りに北海道犬・和犬・猟犬を飼っている人がいないので、そういったアドバイスはとってもありがたいのですが、本当に人それぞれで、ときに真逆の助言が届くこともあります。

たぶんどれも間違えではないけれど、犬種によって違うことや、個体によって違うこと、年齢によって違うことが多いんだろうと思います。または家庭環境の違いもあるでしょう。

ひとの飼育・しつけを批判する気は1mmもなくて、本当にそういったアドバイスは100%ありがたいとしか思いません。ただ、ときに迷いが増えることも事実です。

1番ダメなのは「いろんな飼育方針が混ざることかな」と思い始めていました。

ほら……テキトーな例ですが、たとえば子育てで「一流大学を出て目指す幸せな生活」と「伸び伸び自由に生きて得る幸せな生活」は、どちらも成立すると思うんですが、混ぜたら中途半端で、うまくいかないこともあるでしょう。犬もそういうところあるんじゃないかな、って。

そこで、こちらの環境・状況を理解して、親身になって相談にのってくれる人がほしかったのです。

 

紹介して頂きました

タオルを加えて誇らしげなイチ
タオルを加えて誇らしげなイチ

とまぁ、「誰かに相談に乗ってほしいなぁ」と思っていましたが、和犬&猟犬という経験があるトレーナーさんに辿り着くのはなかなか難しく感じていました。

そんな折、「この人に相談しては?」とDMを頂き、そのトレーナーさんのサイトを見たところ、自分がやりたい方針と合っているように感じました。

不躾とは思いつつ、こっちの状況とやりたいことを長々と(そう、本当に長々と……)メールさせて頂いたところ、「メールを中心に指導できます」と仰って頂き、料金もお支払いしたうえで、正式にご指導いただくことになりました。

 

メールでの相談

メールベースでの相談でどれくらい為になるか? と言われると、それはもう少し時間が経ってみないと分かりません。

言うまでもなく、対面での指導に比べればかなり難しいでしょう。そんなことは分かってますが、近隣で対面で見てもらえるトレーナーさんはいないため、他に選択肢がありませんでした。

しかし、この記事を書いている時点で、すでにメールのやりとりを始めていますが、すごい安心感と、頼もしさを感じています。

その内容はここで書くべきことではないので伏せますが、こっちの家族構成まで加味して「そういう家族がいるなら、こういう指導はこういう理由でダメ。こんな風にしたほうがいい」と親身になってくれています。ありがたい〜。

また、「何となくダメ」とかではなく、非常に論理的に説明してくれるので腹に落ちやすいです。

当面はこの先生の指導に従いトレーニングを続けていこうと思います。

 

犬と向き合うことのおもしろさにハマっています

正直に言うと、いま、犬に——というかイチにハマっています。

イチをどう育てるか。どう遊ぶか。なにを食べさせて、何をおやつにして……。

悩みもありますし、うまくいかないこともあります。だけど、本当におもしろい。

よく狩猟者の中で、犬を飼っている人は「犬がいるから山に行くんだよ」と言う人がいるけど、いまからすでに分かる気がします。

 

さぁさぁ、イチのエサでも用意しようかな。


また、おもしろいと思ったらこちらをクリックしていただけると、ランキングが上がります。応援のつもりでお願いします。
ブログ村へ
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ


狩猟やってます。ひとりで歩き獲物を追う単独忍び猟が好き。狩猟系ブログ《山のクジラを獲りたくて》運営。狩猟系の本を集めるのが趣味。雑誌『狩猟生活』『ガンズ&シューティング』に寄稿し始めました。 ヤマノクジラショップ始めました:https://yamanokujira.theshop.jp

シェアする