余ってるMOLLEポーチの活用なら車に! 車にMOLLEを付けるアイテムを紹介

最終更新日

MOLLEを活用している人はきっと余らせているMOLLE対応ポーチがあるはずです。わたしもあります。

なにかに活用したくないですか?

そこで車ですよ。車にMOLLEのベースを取り付けてしまえば、車でMOLLE対応ポーチを活用できるわけです。車載工具、懐中電灯、ティッシュなどなど、車の中で必要になるアイテムをどんどんそこに収納してしまえばいいんです。

それだけじゃありません。押し入れで眠らせているアウトドアグッズありませんか? バーナー……、タープ……、ランタン……、そういうものも車にうまく収納しておけば、山に行ったときに使えます。

 

わたしも是非やりたいと思うので、あれこれ調べてみることにしましたよ。

どんなものを買えばいいか調べてみましょう〜。

車にMOLLEベースを付けられる場所は3ヶ所

車にMOLLEベースを付けるなら、どうやら3ヶ所考えられるようです。

  1. シートの後ろ
  2. サンバイザー
  3. リアゲート(トランクを開けた内側)

 

具体的なベースとなる商品を見ていきましょう。

 

1.シートの後ろ

こちらは汎用的に使えるタイプのようですね。取り付けられるかどうかは自分で確認するか、実際に試さなくてはいけないでしょう。

 

これはさらに汎用タイプのようです。シンプルな作りなので、シートだけじゃなくて、工夫すればどこにでも取り付けできそうな気がします。

 

これは安いですね〜。色によりますが、黒だと1,499円(2018/12/12時点)です。ちょっとお試しで使ってみるなら気楽でいいですね。狩猟用のハンティングベストだとあんまり格安のものは壊れたりするのが不安でオススメしないのですが、まぁ、車載用なら壊れてもその場が散らかるだけだし、大きなリスクはない気がします(壊れ物は入れない方がいいでしょうけど、そもそもあんまり壊れ物を入れない気がする)。

 

で、こちらはAPIO製のもの。ジムニー専用でして、サイトを見ると『スズキジムニーJB23-5型以降の純正フロントシート/スズキジムニーシエラJB43-4型以降の純正フロントシート』とのことです。信頼のAPIO製ということで、ほかの2つよりお値段も高くなりますが、ぴったりサイズで、見た目もカッコいいですね。

 

2.サンバイザー

OneTrigrisのバイザーポケットは価格も1,490円とお求めやすいのが嬉しいですね。もともとサンバイザーに沢山のポーチを付けることもないでしょう。恐らく文具・サングラス・小物入れ程度?なかなかいいと思いますよ。

 

こちらはやはりAPIO製。やはりジムニーJB23 7型以降に対応しているとのことです(詳しくはサイトをご確認ください)。

 

3.リアゲート

リアゲートに取り付け可能なものはAmazonでは見つけられず、唯一APIOの公式サイトで見つけることができました。

APIO公式サイトより

お値段も5,800円と悪くないです。適合がJB23など(詳しくサイトで)なので、わたしが乗っているJA11には合わないらしいです。なんか工夫したら使えるかな。

じつはこのリアゲートが1番魅力的なんですよね。車載工具などを積むならここが最高じゃないかと思うんですがいかがでしょうか?

 

わたしはひとまずシートの後ろに

わたしのジムニーもやはり収納力がないというか、荷物の整理がしにくい状態なので、シートの後ろをMOLLE化して、小物をそこにしまうことにします。

実際に取り付けたらまたお見せしたいと思います。これから注文なので。

どうなることやら。


また、おもしろいと思ったらこちらをクリックしていただけると、ランキングが上がります。応援のつもりでお願いします。
ブログ村へ
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ


狩猟やってます。ひとりで歩き獲物を追う単独忍び猟が好き。狩猟系ブログ《山のクジラを獲りたくて》運営。狩猟系の本を集めるのが趣味。雑誌『狩猟生活』『ガンズ&シューティング』に寄稿し始めました。 ヤマノクジラショップ始めました:https://yamanokujira.theshop.jp

シェアする