ニワトリを通じて気付かされた「自分らしく生きる」ということ

  • Pocket

うちのニワトリを見た人が言った言葉で「自分らしく生きる」っていうのは、1つ1つフィルターを作っていくことなのかもしれない、と思った話です。

自分らしく生きるということは、味方を作る一方で、敵を作ることもある。むしろそれをハッキリさせていくことが「自分らしく」みたいなことに繋がるのかな、と。

ニワトリを前に……

先日、来客がありました。年配の女性です。

庭で飼っているニワトリを見て、とても嬉しそうな様子。普段ニワトリを見る機会もないのでしょう。触ってみたり、声をかけてみたり、とても楽しんでいました。

うちのニワトリも人を見るとすぐに寄っていくタイプですので、お互い楽しそうでしたね。

「このニワトリは卵を産むの?」
「ええ、産みますよ。毎日産むんで、もう卵を買うことはないですね」
「ステキ」

——とここまでは女性もご機嫌だし、言ってみれば「わたしのライフスタイル」に憧れさえ抱いている様子でした。

「それじゃ、このニワトリは食べられないし、幸せね」
「いや、何年かしたら食べますよ。卵をあまり産まなくなったらね」
「え……? そう……」

女性は黙ってしまいました。後に分かったことですが、彼女はベジタリアンでした。卵は食べるタイプのベジタリアンです。ベジタリアンにもいろんなタイプがいて、卵や乳製品を食べるかどうかはかなり個人差があります。

とにかく彼女は卵は食べるけど、鶏肉は食べないベジタリアンでした。

彼女は私に対して攻撃することも、意見することもありませんでしたが、明らかに「わたしのライフスタイルへの憧れ」は消えたようでした。

 

自分に正直に生きること

このとき、「ああ、あんまりニワトリを食べるとか言わない方がいいのかな」と反省もしましたが、あとになって「なんでわたしが反省しないといけないんだ?」とまた疑問を持ってしまいました。

悪いことをしているわけでもないし、私の方から「ほらほら、このニワトリは食べるために育ててるんだよ!」と積極的に伝えたわけでもない。訊かれたことを答えただけです。

改めて「自分らしく生きる=自分を好いてくれる人と、そうでない人が自然と別れていくこと」なんだなと実感しました。

 

たとえば、わたしは8年働いた会社を辞めて、海外を旅しました。一般的に言えば無謀な生き方です。そんな私を見て「おもしろいヤツだ!」とポジティブに思う人もいれば、「よくわからん遊び人だな」とネガティブに捉える人もいます。

またわたしは狩猟をやっています。それをやはり「おもしろいことやってんだな」と前向きに捉える人も、「動物を殺す残忍なヤツ」と後ろ向きに捉える人もいます。

ほかにも大学を中退して、プログラミングの勉強に励んでみたり、会社員に戻ることもなく自営業で生活してみたり、こうしてブログを書いてみたり、人からジャッジされるポイントは誰しもたくさんあるものです。

「大学を中退するようなやつはバカだ」
「呑気に自営業かよ」
「ブログを書いてるなんて変なやつ」

と思う人もいるでしょう。そうやってわたしから離れていく人もいるだろうと思います。

でも——

 

結果として良い仲間にも恵まれる

たしかに、「ニワトリを食べること」「仕事をやめて海外を放浪したこと」「狩猟をやっていること」「大学を中退したこと」などを言わなければ、わたしを嫌ったり避けたりする人は減るのかもしれません。

普通の人ってやつを演じていればいいのでしょう。

でも、それだと大事な出会いも失うことになりかねません。

ニワトリを食べることも、仕事をやめて海外を放浪したことも、狩猟をやっていることも、大学を中退したことも……、そういったことを肯定的に捉え、おもしろがってくれる人との出会いです。

自分の考え方や価値観を発信すれば、認めてもらうこともあれば、否定されることもあります。

自分らしく生きるってことは、そういう人間関係のフィルターを作っていくことなのかもしれないとこの頃はよく考えます。

こちらから付き合う人を選ぶフィルターではなく、他人がわたしを評価するフィルターです。

 

ニワトリというフィルター

ニワトリを見ると、かなり多くの人が「食べるの? それとも卵を採るため?」と訊いてきます。

わたしは必ず「卵を採るためだけど、産まなくなったら食べるよ」と答えます。

相手の人がどう思ってもいいや、と思うようになりましたね。

ニワトリがなにかフィルターの役割を持っているような気がしています。

また、おもしろいと思ったらこちらをクリックしていただけると、ランキングが上がります。どうかお願いします。
ブログ村へ
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ




Twitterではブログ以上にあれこれ模索の様子を呟いていますので、興味があればフォローをお願いします。
Twitter @yamakuji_jp

  • Pocket

SNSでもご購読できます。