圧力鍋いらず!鹿のスネがまさかこんなに簡単に料理できて美味いとは!

  • Pocket

じつはわたし、シカのスネを理由もなく敬遠していました。

もちろん鹿を獲ったとき、スネもモモもロースも全部保存してあります。

食べるときは冷凍庫からそのとき食べたい部位を出すわけですが、どうしても慣れている背ロースやモモに手が伸び、自然とスネが残ってしまっていたんです。

スネが嫌いってことではないんです。自分の人生ですね肉を料理したことがなかったんです。牛も含めて。

でもこのままじゃスネが残ってしまいます。それじゃマズイので試しにスネ肉料理に挑戦してみたら大成功! そのとき参考にしたレシピもご紹介します。

できあがった料理

シカのスネ肉の煮込み

できあがったのはこんな料理になりました。自分で言うのもなんですが、美味そうじゃないですか!?

じっさい美味いんですよ。煮汁もさっぱりして美味くて、つい飲み干しちゃいます。ゴボウやニンジンを多めに入れているから、気分的には完全食!

しかsもこの料理すっごい簡単なんですよ。

 

レシピ

わたしが参考にしたこちらのレシピです。

参考:牛すね肉と根菜の黒酢煮(圧力鍋)

 

わたしはこちらのレシピをベースにしました。ただし、3つの違いがあります。

  • バターは使わない
  • 圧力鍋は使わない
  • 1度ゆでこぼす

バターはなくてもいいと思って抜きました。圧力鍋は持っていないので、代わりに普通に弱火でコトコト煮ました。テキトーですが1時間くらい煮たかな?

で、臭み防止に1度だけ茹でこぼしました。手順としては鍋に油を引いて、焼き目をつけ、水を入れ沸騰するのを待ち、数分してお湯を全部捨て、肉を水で洗いました。

まぁ、個人的には “ジビエ臭い” とは思わないんです。ちゃんと血抜きができて、処理がうまければそれほど気になりません。牛や豚とは違うってだけです。でも、鹿を煮ているとかなりアクが出るので、アク取り代わりに1度茹でこぼしました。

 

スネばっかり食う!

スネへの印象大逆転!!

めちゃくちゃおいしいんですよ。しばらくスネばっかり食うし、スネばっかり残っているのが幸せですわ!

 

Twitterでみなさんから「アイスバインもうまい」とか「カレーも」とか教わったので、ぜひ試してみたいと思います。もしも、スネ肉を敬遠している人がいたら、ぜひ試してみてくださいな。

また、おもしろいと思ったらこちらをクリックしていただけると、ランキングが上がります。どうかお願いします。
ブログ村へ
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ




Twitterではブログ以上にあれこれ模索の様子を呟いていますので、興味があればフォローをお願いします。
Twitter @yamakuji_jp

  • Pocket

SNSでもご購読できます。