狩猟鳥獣が現れる子ども向け童謡8選

  • Pocket

Twitterではご報告しておりましたが、じつはうちに子どもが生まれました。

たくさんのお祝いの言葉をいただき感謝しております。たくさんのお祝いの言葉の中で、実は「育児ブログも期待してます」という内容のメッセージもいただいていました。しかし、このブログは狩猟ブログだし、育児記事は書かないだろうな、と思って、こんな返信をしました。

まぁ、しばーらく育児に関する記事はないだろうな、と思ったのですが、今日、ネタを思いついてしまったので書くことにした次第です。笑

『狩猟鳥獣が現れる童謡』のご紹介です。

狩猟鳥獣を童謡を通して教えることに意味があるかは分からない……笑

生まれたばかりの子に、歌を歌ってやろうと思ったわけです。考えてみると、ちゃんと歌える童謡があまりないもんで、知っていても1番だけで、後半の歌詞を知らないんですよ。

だから、何曲か覚えようと思ったわけですが、どうせ覚えるなら自分らしい歌を! と思ったとき、なぜか唐突に狩猟鳥獣が現れる童謡を探そうと思ったわけです。

ただし、これを聞かせることになんかの意味があるのかは分かりません。でも、動物が出てくる歌は子どもも好きなんじゃないかな?

 

『小鹿のバンビ』

 

『もりのくまさん』

 

『桃太郎の歌』

 

『こぎつねこんこん』

 

『里の秋』

これは2番にカモが登場しますね。

 

『イノシシの歌』

 

『あめふりくまのこ』

 

『山の音楽家』

犬とか猫

ちなみにノイヌやノネコも狩猟鳥獣なので『犬のおまわりさん』とか『猫踏んじゃった』とかも該当しますが、なんかあんまり獲る人の話を聞かないし、やめました。

こうやって大好きな狩猟のことと、大好きな子どものことを同時に考えるのも楽しいものです。公私混同、的な。

また、おもしろいと思ったらこちらをクリックしていただけると、ランキングが上がります。どうかお願いします。
ブログ村へ
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ




Twitterではブログ以上にあれこれ模索の様子を呟いていますので、興味があればフォローをお願いします。
Twitter @yamakuji_jp

  • Pocket

SNSでもご購読できます。