北海道に行きたいから安くいける方法を考えてみた(机上の空論)

  • Pocket

北海道に行く用事ができました。仕事・私用のいくつかの目的があり、もしかしたら、1年以内に数回行くことになるかもしれません。

それも、できることなら車で行きたい。

1回きりなら、迷わず1番楽な方法(=大洗からフェリーかな?)で行くのですが、何度も行くならば、安く移動する方法を考えたいところです。

というわけで、いくつかの交通手段を比べてみようというのが今日の記事です。

なお、出発地点は「東京」、目的地は「富良野」として考えます。

※あと、全体を通して、金額や時間の計算はザルです。フェリーなどは季節変動も大きいし、燃費は走り方によるし、高速とし下道でも違うし、休憩の取り方でも変わります。というわけで、あくまでテキトーザックリザル計算だということをご理解ください。

Google先生「大間岬まで車で行きなよ」

道を知りたきゃGoogleが頼りになります。さっそく、東京〜富良野を検索してみたいと思います。

一瞬陸路に見えますが、大間岬から函館まではフェリーです。交通費の概算は……

高速料金:15,740円
大間岬〜函館のフェリー:2600円程度
ガソリン代:16,800円
合計:35,140円

※ガソリン代は燃費=1L/10km、ガソリン代を140円とする。以下全て同様。

結論からいいますと、まあまあ安いし、それなりに早いけど、他の方法と比べて劇的な安さ・速さではありません。そして最大の弱点は「運転が長い」ということ。大間岬〜函館と1.5時間以外はすべて自走しますので、休憩、仮眠など、休めば休んだ分だけ時間的に損していきます。

フェリーで寝ようったって、1.5時間しかないので、お昼寝程度。くたびれるコースです。

大洗からフェリーしちゃおうぜコース

さて、次に見てみたいのは定番の北海道行きのコース。茨城県は大洗からフェリーに乗るコースです。これはわたしが想定しうるうち、1番フェリーが長いコースです。

ちなみに運転時間は4時間強、フェリーは19時間。計23時間の移動となります。長いといえば長いですが、大半をフェリーに乗って移動しているので、ゆっくり読書するなり、寝るなり、仕事をするなり、自分次第で有意義に過ごすことは可能です。

さて、交通費の概算は……

高速料金:3,610円
大間岬〜函館のフェリー:35,480〜54,000円(季節による)
ガソリン代:3,975円
合計:43,065〜61,585円

最安値でも、4.3万円と安くないですね。季節によっては6万円超え。

そこそこ運転、そこそこフェリーの「八戸からフェリーコース」

できるだけフェリーに乗ろうとすると高コストになってくるし、できるだけ車で自走しようとすると時間がかかるし、体力的にも大変。

というわけで、間を狙ったのが「八戸からフェリー」というコース。八戸までは高速で自走。八戸から苫小牧にフェリーで抜けて、そこからまた自走です。

交通費の概算は……

高速料金:10,150円
大間岬〜函館のフェリー:25,000円
ガソリン代:11,378円
合計:46,528円

どうやらフェリーの料金に季節変動がないようですね(自信ないですが、書いてないのでたぶんないんでしょう)。

というわけで、46,528円という額を見てみると、大洗からフェリーに乗ったときの季節変動最安値とほぼ同額になってきます。

ということは、もしも観光シーズンでフェリーが高額になる時期だったら、八戸から行った方が1.5万円くらい安上がりですが、安い時期だと大洗コースと変わらず、ムダに自走することになります。効率を求めるなら大洗コースがいいですね。

秋田から行くコースとか……

ちなみに選択肢としては、秋田からフェリーに乗るコースなんてのもありますね。フェリー代が少し安かったりするのですが、合計金額を計算すると、大差はありません。

というわけで、いまのところそれほど魅力は感じていませんので、省略します。

気合いの下道コース

さて、ほとんど高速を利用しない大洗コースを除き、八戸ルート、大間ルートならば、下道で行くことでグッと合計額が下がってきます。

概算という意味では、ここまでに挙げた金額から高速代を引いた額で富良野までいけるはずです。つまり……

大間ルート:19,400円
八戸ルート:36,378円

ただし、下道で自走すると、ガソリンの消費が増えますし、時間が増えれば自分自身の食費も嵩むし、宿に泊まれば宿代。車中泊にしたって食費・酒代がかかってきます(酒代は人によるか……笑)。時は金なりともいいますので、余計にかかった時間をコストと捉えるか、節約と捉えるか、難しいところです。

参考程度にかかる時間を調べてみると、大間ルートで25時間。フェリーは1.5時間なので、23.5時間は運転です。丸2日の運転となります。

が、とにかく大間まで下道で走り、フェリーに乗るのが最安値になりそうですね。

自分は……

ということで、ここまで調べて抱いた私の結論は……

「繁忙期でフェリーが高いなら八戸コース、そうでなければ大洗コース」

という、至極普通の結果となりました。

わたしは仕事柄パソコンがあれば、働けます。となれば、車で移動して節約しつつ、非生産的な時間を過ごすよりも、ちょっと高くてもフェリーに乗って、生産的な時間を過ごした方がいいかな〜という感覚です。

ただ、大洗コースで1番高い時期は6万を超えるので、その場合は中間を取って、八戸からフェリーかな、という感じ。

北海道行くの楽しみですね〜。実際に行った際には、訪問目的やら旅の様子を記事にしたいと思いますのでお楽しみに。

また、おもしろいと思ったらこちらをクリックしていただけると、ランキングが上がります。どうかお願いします。
ブログ村へ
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ




Twitterではブログ以上にあれこれ模索の様子を呟いていますので、興味があればフォローをお願いします。
Twitter @yamakuji_jp

  • Pocket

SNSでもご購読できます。