「狩猟動画を作ってる人たちスゴイよなぁ」と初シーズンを終えた今思う

  • Pocket

独り言のような記事ですが……、本当にスゴイと思うようになったんですよ。

狩猟系の動画を作成されているYouTuberって結構いますよね。わたしもちょこちょこ見させていただいています。

YouTuberとまではいかないまでも「2〜3コくらい自分でも撮ってみようかな」と思ったんです。ブログは文章主体なので、ちょっと映像的な発信をしてもおもしろいかな、と思って。

ところが、いざ自分で作ろうと思ったらこれが思いのほか大変で、結局初シーズンは断念しました。

どう難しいのかタラタラ書いてみます。ぜひ狩猟系の動画を配信されている方々に尊敬の念を!笑

気を使うことが多い

とにかく単独忍び猟では気を使うことが多いんです。

まず自分が立てる物音。足音だけではありません。腕を動かせば上着の衣擦れ音がしますし、状況によっては身体をひねるだけでカサカサ音がすることもあります。

「いま、まさにその死角に鹿がいるかもしれない」

という状況ではこの僅かな物音が気になっちゃうんです。鹿にバレるというだけではなく、自分が音をたてていると、鹿の小さな物音を聞き逃してしまうのも気になります。

ってなわけで、できるだけ音がしないように心掛けています。

 

荷物を減らしたい

音がしない最善の方法は何か? わたしが思うのは「装備品を減らすこと」です。もちろん上着の材質、動き方、装備品の収納方法なども重要ですが、結局手ぶらに近ければ近いほど、忍び歩きがしやすいのが現実です。

ちょっとした藪の下をくぐっていくとき、大きな荷物を抱えていると、それが引っかかり音がする。引っかかった荷物を外すために余計な動きが必要になり、また音がする。ってな具合。

 

カメラを装備したことはあるのです

実はどこにも配信はしていませんが、カメラを装備して出猟したことがあるんです。

頭やベストにカメラを固定して、「ここぞ」というタイミングで撮影開始ボタンを押す。で、適当なタイミングでオフ。つけっぱなしにするとバッテリーが持ちませんから……。

 

でも、本当に嫌になってしまいました。

まずカメラの異物感がスゴイです。ベストの胸元に取り付けたところ、腕がぶつかるし、首に掛けてる双眼鏡のストラップが絡むし、胸ポケットに入れているGPS端末が絡むし、良いことがない。

頭につけたら、今度はカメラの状況が分からない……。今撮影モードだろうか? バッテリーはどの程度あるのだろうか? そもそもカメラが落ちていないだろうか? 狙った方向を向いているだろうか?

カメラマンとしては「よし、ここは鹿がいそうだぞ!」というタイミングではカメラを回したいわけですよね。一方で、このタイミングは1番余計な動きをしたくないタイミングでもあります。できれば、最小限の動きで弾を装填し、いつでも撃てる心持ちでじーっくり動きたい。それこそ顔の向きを変えることさえ気を使います。

それなのに「カメラの電源を入れて、数秒待って、録画開始ボタンを押して、撮影されてるかな〜とか気にして、できるだけカメラ写りが良いように歩く」なんてやってられない……。

2〜3回は無理してカメラを装備して出猟しましたが、それ以降は外してしまいました。

 

撮影内容に気を使うという気持ちもある

わたしは狩猟に関して、法令遵守・安全優先を貫いています。だから、撮影をしても絶対に問題はない、と思ってはいます。

しかし、難しいのは「カメラに写った場面だけ見ると、ルール違反に見えることもある」ということ。

たとえばカメラの角度から見るとバックストップがないように見えるとか、足下にアスファルトがある(けど、実際は道路ではなくて撃てるシチュエーション)とか、弾を装填しているシーンがないことで「ずっと装填しっぱなしでは?」と疑念が生まれたりとか、脱包シーンがないことでケチがついたりとか……。

そういう誤解が生まれないように、できることなら「弾の装填・脱包シーン」とか「安全確認が明確に伝わるシーン」とか入れたくなっちゃう気持ちもあります。

また、そういった誤解がありそうなら、編集時に注釈を入れるような工夫も必要なのかもしれません。

 

——なんて考えているとまた面倒に思えてきちゃう……。

 

今でも撮影したい気持ちはあるんです

とまぁ、狩猟の撮影って面倒なんです。

やれてる人は本当にすごいと思うし、いろいろ工夫されてますよね。聞いた話ではバッテリーを余計に持って行って、基本的に撮影しっぱなしの人もいるとか。

それもありですよね。でも編集が大変だろうな〜とか考えちゃいます。

 

とにかく大変だ大変だと思ってるわけですが、今でも「うまくやれたらおもしろいのにな」とは思ってるんです。いつかその余裕が出てくるかな。

 

狩猟系の動画を撮影されている方々にはいつも楽しませてもらって感謝しています。尊敬さえしてますよ。

また、おもしろいと思ったらこちらをクリックしていただけると、ランキングが上がります。どうかお願いします。
ブログ村へ
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ




Twitterではブログ以上にあれこれ模索の様子を呟いていますので、興味があればフォローをお願いします。
Twitter @yamakuji_jp

  • Pocket

SNSでもご購読できます。