お気に入りアウトドアナイフ:奈良定守さんの鍛造ナイフ

  • Pocket

わたしがアウトドア用に使っているナイフのご紹介です。こちらは長野県のナイフ作家である奈良定守が作られたもの。いわゆる流行の「ブッシュクラフトナイフ」とは違うけど、これはこれでヘビーデューティーな使えるナイフなんですよ。

みなさんにもオススメ! っていうより、「これいいでしょ!」っていう自慢です。

Myナイフ

こちら、鍛造ナイフです。鋼材は……なんて言ってたかなぁ。青紙だった気がします(白紙だったっけなぁ〜)。いわゆる「錆びるナイフ」です。

刃渡りは11cm。刃元(?)にある刃のないエリアを入れると12cmになります。モーラがだいたい10cmちょいなので、似たようなサイズ感ですね。

 

持った感じは決して軽くはないですね。というのも、刃が結構厚いんです。約5mm。繊細な作業には向かない厚さかもしれませんが、屋外作業で信頼できるナイフです。

 

刃はコンベックスですね。よく考えると、わたしが持っているいわゆるコンベックスのナイフはこれだけです。あとはフラットか、ホローか、スカンジか、っていう感じ。どれも好きですよ。

 

ちなみに流行のフルタングではありません。ブラインドタングって言うんでしょうか? ブッシュクラフトナイフって言うと、フルタングで、ガンガンバトニングできるナイフを指すことが多いと思いますが、これで十分。そんな太い木をバトニングすることもあまりないし。

 

使い方

私にとってはアウトドア汎用ナイフです。なんにでも使います。一番多いのは火を熾す場面でしょうか。

太い枝をガンガン割っていくようなことはあんまりやりませんが、ちょっとしたフェザースティック(っぽいもの)を作ったり、木の表面を削り落としたり(濡れてて燃えにくいから)、ちょっとした木の細工をしたりっていう感じですね。

料理にも使うし、紐を切るのにも使うし、たまに疲れたときに座ってブッシュクラフトのトライスティックっぽいものを作ってみたりもします。手遊びですね。

そういう暇つぶしが好きなので、わたしにとっては良いおもちゃですね。

みなさんのお気に入りナイフもご紹介ください。

おもしろいと思ったらこちらをクリックしていただけると、ランキングが上がります。どうかお願いします。
ブログ村へ
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ


  • Pocket

SNSでもご購読できます。