引っ越しました:猟銃所持者の転居の流れ

  • Pocket

最近引っ越しました。

銃の手続きが終わって「やっと終わった」というタイミングでの引っ越しです。

わたしが引っ越しで必要になった手続きをズラッとご紹介します。これから銃を持って引っ越しをされる方は参考にしてください。

なお引っ越しが決まったら、必ず現住所の警察と転居先の警察に連絡をして、詳細な手続きを確認してください。地域によって手続きが異なるかもしれませんし、あとで説明するようにアポを取る必要も出てきます。アポがうまく取れないと困ったことになります。

引っ越しが決まったらすぐに警察に電話!

まず引っ越しが決まったらすぐに現住所の警察と、転居先の警察に電話します。

○月ごろに引っ越しを予定しています。銃を持っていますが、どんな手続きをすればいいですか?

と聞いてみましょう。わたしの場合、以下の2つの手続きが必要とのことでした。

現住所の警察に対して: 弾の許可証の住所変更

転居先の警察に対して: 銃所持許可の住所変更

とのことでした。弾の許可証は各都道府県で発行しており、発行した所轄でしか書換えができないとのことです。一方、銃の所持許可は転居先で書き換えます。

これらの手続きのタイミングは、“転居後、すみやかに” とのこと。所轄によって多少感覚が違うのか、一方は “なるべく早く” とやや曖昧。もう一方は “2週間以内” と明確に言われました。なんにせよ2週間程度が目安だと思います。

また、どちらの手続きも下記の2つが必須です。

  • 銃の所持許可証
  • 転居済みの住民票

銃の許可証は転居先の警察なので問題ないと思いますが、弾の方は面倒です。なにしろ実際に転居してから、また転居前の所轄まで行って書換手続きをしなければいけません。

遠距離の転居だと難しいだろうと思います。そんなときは「弾の許可証を郵送で返却する」という方法もあるそうです。その場合、改めて転居先の警察で購入許可を申請することになります。弾の許可証をもらうのに2000円ちょっとかかると記憶していますが、わざわざ前の住所地まで行く手間を考えれば、悪くないと思います。

この辺はまだ他にも方法があるかもしれません。警察の担当者も全員がすべてを把握しているわけではなく、本部に確認しながら進めているようです。気になるようなら積極的に相談してみてください。

転居当日

というわけで、転居前にやることはあまりありません。とにかく警察に電話して、転居することだけは伝えておきましょう(なにかあったときに警察が銃の所在地を把握している必要がありますからね)。

銃の移動は自分でやります。

転居先についたらすぐに設置作業。ガンロッカーを固定して、装弾ロッカーを固定して、銃を収納。

これにて転居は完了です。この日から2週間以内に住所変更手続きをします。

所持許可証の住所変更手続き

わたしはまず転居先の警察に行って、住所書換の手続きを行いました。

必要なものは先述の通り「所持許可証」と「本籍入りの住民票」だけです。

極めてスムーズでして、質問ひとつありませんでした。気のいい方々で雑談には花が咲きましたが……笑。

……ただ、ここで判明した面倒なことがひとつ。

じつはわたし、2017年度の一斉検査を受けていません。転居前の警察に「君は一斉検査の時期と許可証が降りた時期がほぼ一緒だから、今年は受けなくていいよ」と免除されたンです。

ところが、転居先の警察ではまだ一斉検査が行われていませんでした。

「やまくじさん、前の住所地で一斉検査を受けてないよね」
「はい、許可証が降りたばかりなので受けなくていいって……」
「まぁ、いい機会だから、うちで受けてよ。ほらどうせ来年から受けるんだし、様子見がてらに、ね?(ニコニコ)」
「(えええーーーー)いつなんですか?」
「十日後だよ」
「わかりました……」

というわけで、一度は免除された一斉検査を受けることに……。

——と愚痴っぽく書いていますが、まぁ、ちょっと楽しみに感じている自分がいます。人の銃をたくさん見られるらしいし、後ろめたいこともないし、たまたまその日はあいていたし……。

火薬類等譲受許可証の住所変更

こちらは転居前の警察に伺っての手続きになります。

先述の通り、面倒なら郵送で返却するという手はあるそうですが、わたしは挨拶がてら顔を出すことにしました。なにしろ所持許可でいろいろお世話になった担当者ですので、いろいろ感謝していますしね。

こちらもまったく簡単なもの。住民票と許可証を出せば、だいたい終わりです。

引っ越して射撃場が近くなった!

じつは引っ越して射撃場が近くになりました。といっても車で40〜50分くらいですけどね。

前はもっと1.5時間くらいかかったので、精神的にはずいぶん楽です。

ガリガリ練習するぞ!

 

追記:ちなみにこちらは銃に関する転居手続きです。狩猟免許をお持ちであれば、それはそれで書換が必要になります。地域の担当窓口に免状と住所が分かる資料を持って行けば書き換えてもらえるそうです(わたしもこれからなので、詳細不明)。

 

おもしろいと思ったらこちらをクリックしていただけると、ランキングが上がります。どうかお願いします。
ブログ村へ
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ


  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*