どういうハンターになりたいか、と考えてみる

  • Pocket

狩猟をやらない人から見ると、ハンターといえば、まるで1つの人種であるかのようにザクッと囲ってしまいがちですが、実際には人それぞれでまったく違う。

巻狩・単独忍び猟・鳥撃ちといった猟法だけではなくて、「なぜ猟をやるのか?」という原点からして違うから、ハンター同士でも相容れないことがある。

狩猟をやる人の中では、これは当たり前のことなんだけど、ふと「自分はどういうハンターになりたいのかな?」と自問してみることにした。自分の中ではある程度整理されていることなんだけど、ちゃんと言葉にしてみたいな、と。

きっかけは狩猟業界マトリックス

“サラリーマン猟師”こと@TaketoOgawaさんが『狩猟を5年やって見えた狩猟業界マトリックス図』という記事をアップしていました。

ハンターを4つに分類する記事です。

まぁ、分け方は色々あると思いますが、1つの考え方としておもしろいな、と。

 

4つの分類とは

詳しくは@TaketoOgawaさんの記事をご覧ください。ここでは4つの分類を思いっきり短く定義します。若干、自分なりの解釈を加えていますのでご了承を。

  1. スピリチュアル領域:文化・伝統・思想を重要視する人。
  2. サバゲー・ガンマニア領域:銃やナイフを中心に道具に傾倒している人。
  3. ビジネスライク領域:ジビエビジネスなどに取り組む人。
  4. パリピ領域:楽しさ命な人。

 

自分はどこに分類されるか?

最初、自分はパリピ領域だと思いました。「楽しく取り組む」のが大事なことだと思っているから。でも、ふと別の言葉が浮かんできます。

「楽しければOK?」

いや違う。文化・伝統・思想を無視してまで楽しくやるのは違うと思う。昔ながらの思想に絶対に従うべきだ! と思っているわけではないんです。でも自分の中にあるポリシーがあって、そこを曲げてまで楽しさを優先するのは違うな、ということです。

たとえばわたしは食べないものは獲りません(狩猟ではね。駆除は別のお話、以下全て狩猟の話)。

食べるのをやめて獲ることだけに専念すれば、もっと数を獲ることは可能です。もちろんハンターですから獲れれば楽しい。だけど、それは自分の思想に引っかかる。「美学に反する」とでも言いましょうか。

この美学ってのをわたしは結構重要視していて、他人にあえて伝えることでもないけど、自分の中では大事にしている美学ってあるものです。

 

どんなハンターになりたいか?

ひと言で言えば「生活に密着したハンター」になりたいのです。

たとえば、田舎の爺ちゃん婆ちゃんが、家族用+αくらいの畑で、野菜を育ててたりするでしょ。あの感じなんです。……って伝わりますかね?

ああいう畑って(もちろん人によるけど)、生活の重要な支えになっていると同時に、生きがいでもあるんじゃないかな。「お金があるなら買えばいいじゃん」って意見もあると思うけど、そこは自分で育てたものを食べたいって気持ちもあると思う。んで、余った野菜は近所の人に配れば、交流も生まれ、もしかしたらお返しに別のものをもらえるかもしれない。季節の変化も畑を通じて感じることができる。

 

そういうのを猟でやりたい。

狩猟で食べる分+αの獲物を獲って、親類・友人・近所の人にお裾分けする。それ自体が交流に繋がるし、なにより獲ることが楽しいのだから言うことはない。

駆除もやる。それはひとつの地域貢献として。地域のゴミ拾いとか、消防団とか、そういう地域活動の1つだと思う。自分が好きなことで地域に貢献できるなら、そんなに嬉しいことはない。

んで、たとえばマタギの精神なんかも尊敬していて、宗教的に同じ祈りの言葉を捧げるかどうかは抜きにして、でも心持ちとしては同じものを持ちたいと思う。うまく言葉にできないけど狩猟が持つ神秘性みたいなものを、わたしは大事にしたいと思う。

 

でも、楽しむ。それはもう大前提というか、当たり前のこと。楽しくなければやるわけがない。それはたとえばマタギだって同じだったはず。「辛い辛い、でも仕方ないからやる」ではなかったはず。

 

ちょっととりとめもない話になった気もします。でもまあ、たまにはそれもよいかな、と。

また、おもしろいと思ったらこちらをクリックしていただけると、ランキングが上がります。どうかお願いします。
ブログ村へ
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ




Twitterではブログ以上にあれこれ模索の様子を呟いていますので、興味があればフォローをお願いします。
Twitter @yamakuji_jp

  • Pocket

SNSでもご購読できます。