わたしが時々はファイヤースチールを使う理由

  • Pocket

普段は山にライターを持っていくのですが、最近、久々にファイヤースチールを使ってみて、思わぬ効用があることを思い知りました。

基本的にはライター党

わたしは山に行くとき、基本的に着火道具としてライターを持っていきます。

理由は他の着火道具に比べて合理的だと思うから、です。

なにしろ……

  1. 着火がラク
  2. 軽い
  3. 水に濡れても乾かせば大丈夫だし、予備を持っていけばOK

でも、時々はファイヤースチールを使う事もあります。その理由はただ一つ「火口を探す練習になる」から。

火口を探す、とは?

ライターで火を熾すにせよ、ファイヤースチールを使うにせよ、火口は自然のモノを使おうといつも心掛けています。

はっきり言って、ライターを使えば、火口選びも簡単。そのへんの枯葉を持ってきて、火をつければおしまいです。

しかし、同じ枯葉にファイヤースチールで着火しようと思ってもうまくいきません。

ライターなら “まあまあ燃えやすいもの” を燃やすことができますが、ファイヤースチールは “すっごく燃えやすいもの” でなければ燃えないんですね。同じものを燃やすにしても、毛羽立たせたり、砕いたり、とにかく “燃えやすい形状” にしてやる必要があります。

いつもライターで着火していて、この “まあまあ燃えやすいもの” ばかり使ってしまい、 “すっごく燃えやすいもの” を探す(or 作り出す)努力をしなくなってしまっていることに気が付きました。

いや、べつに火を熾せればいいんですけどね。でも、なんというか、向上心(?)のようなものです。

ファイヤースチールは楽しい

ファイヤースチールは火口を選びます。

はっきり言って面倒と言えば面倒。時間がないときはやりたくないですね。しかし、時間があるなら、むしろ楽しいです。

いえね、これを書いているのも、じつは久々にファイヤースチールを使ってみて、思いのほか着火に苦労したんです。そのとき——

「ライターならすぐなのに……」

と愚痴りたくなりました。しかし、丁寧に火口を作ってあげて、丁寧に着火してあげたら、あっという間に火は熾きました。

「ああ、今までライターのおかげで火起こしをサボらせてもらってたなァ」

と実感しました。これからも山に持っていくメインの道具はライターだと思います。最初に書いたとおり、合理的だと思うから。でもファイヤースチールも荷物に忍ばせて、余裕があるときは使ってみようかと思いました。

そうすることで、より自然を観察するきっかけになるかな、と思うから。

また、おもしろいと思ったらこちらをクリックしていただけると、ランキングが上がります。どうかお願いします。
ブログ村へ
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ




Twitterではブログ以上にあれこれ模索の様子を呟いていますので、興味があればフォローをお願いします。
Twitter @yamakuji_jp

  • Pocket

SNSでもご購読できます。