身体の大きさを知って毎日の生活を少し便利に

  • Pocket

手元にメジャーも物差しもない中で、「なにかを測りたい」という場面ありませんか?

わたしはあります。そういうことが意外と多いので、自分の身体の大きさを測って覚えておくことにしましたよ。

身体は最高の物差し

普段の生活の中で、“ちょっと何かを測りたい” ことってありませんか?

たとえば、プランターに種をまきたい。説明には「10cm間隔で」と書いてある。わざわざ家の中に戻って物差しを取ってくるのも面倒だし、種1つ植えるのに物差し使うなんて……なんて気持ちにもなりますね。

あるいは、ある場所からある場所までロープを張りたいとき。何メートルのロープを買えばいいのでしょうか? 測れば分かりますが、手元にメジャーもないし……。どうすればいいのでしょうか?

そんなときこそ、身体です。

自分の指の長さを知ってますか? 手のひらの広さは? 腕を広げたときの長さは? 歩幅は? 足の大きさだって役に立ちます。

知っていれば、ちょっとしたものを測りたいときに使えますよ。

自分の身体の大きさを知っていますか?

身長くらいは知っていると思います。

他はどうでしょう? ぜひ覚えておくと便利なのは手の大きさです。わたしは写真に示した3ヶ所の長さを覚えています。これだけで小さなものは大体測れるんです。

わたしが基準とする手の大きさはこの3通り。

わたしの場合は、こうなっています。

A:21cm
B:2cm
C:10cm

たとえばBの2cmなんて結構便利で、半分にすれば1cmですから、小さなものを測るときに役立ちます。

釣った魚の大きさを測るようなときはAが活躍しますよね。手を開いたときの幅より広ければ21cm以上、というわけ。そこからさらに人差し指1本分(つまりCの分)長ければ31cm。尺ヤマメも測れます。

距離なら歩幅や足の大きさ

歩幅や足の大きさも便利です。

ある地点からある地点までの距離を測りたいとき、足の大きさや歩幅が分かっていれば簡単に計ることができます。

ブッシュクラフトやキャンプをやる人でタープを張りたいとき、木と木の間にロープを張りたくなります。そんなとき、サッと歩幅で測れば適切な間隔の木を探すことができます。

わたしの場合、1歩≒60cmですから、3歩で180cm。5歩で300cm。けっこういろいろ測れます。

安心に繋がる

もちろんこういったことを “感” でやってもいいんです。大体のことは感でもうまくいきます。

でも、できれば間違えたくないとき。手間を減らしたいとき。あるいは少し几帳面な人(わたしもそうかも)はこうやってざっくりとでも測れることで、「よし、これでいける!」と安心して事を進めることができる気がします。

おもしろいと思ったらこちらをクリックしていただけると、ランキングが上がります。どうかお願いします。
ブログ村へ
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ


  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*