書評『秋田マタギ聞書』マタギ系の資料として使いやすい1冊

  • Pocket

すこし高い本ではありますが、マタギに興味を持ち、いろいろ知りたくなったらぜひ読みたい1冊です。

秋田マタギ聞書

秋田マタギに関する本の中でも “資料” として役に立つ1冊です。

著者である武藤鉄城氏が当時(昭和初期)のマタギ一人ひとりに話を聞き、その内容をまとめたもの。約35人分のマタギの話が掲載されています。圧倒的な情報量です。

インタビューをまとめたものなのですので、情報が散漫になっている印象を受けるかもしれません。また、ハラハラする物語とか、理路整然とした体系だったまとめ方もされていません。むしろ聞いたまんま、その通りに書き取っていった感じです。まさに「聞書」。

だから人によって少し違うことを言っていたり、同じことを少し角度を変えて何度も説明していたりします。

クマ
それじゃ、読むのに大変だし、資料として使いにくいじゃねーか

 

……、君はだれだ!?

 

クマ
クマだ。お前のブログが堅いし、ダラダラしてるから出てきてやったんだよ
イヌ
クマさんそりゃ言い過ぎだよ。
クマ
言い過ぎなもんか。こいつのブログにゃエンタメ要素が足りないんだよ!

 

今度はイヌ……?

 

イヌ
さ、やまくじさん、本題に戻ろう

 

——はい。

たしかにクマさんが言うとおり、いろんな人の話がざっくばらんに書かれているので、「マタギの道具のことを知りたい」とか「マタギの狩猟の方法を知りたい」という具体的に探したいものがあるときに困る。

クマ
ほら、全然ダメじゃねーか

ところが、そんなことがないんです。極めて当たり前のことなんですが、ちゃんと最後に索引がついています。たとえば “カネ餅” で索引を引くと「何ページと何ページに出てくるよ」と瞬時に分かるわけです。

しかも、実際にマタギが口にする情報だからこれ以上ない信憑性。

しかも、一人二人に聞いて書いたものではないので、いろんな人のいろんな意見を読むことができる。

しかも、、、

クマ
”しかもしかも” うるせー

う……。

しかも、各マタギの住んでいる町の名前も紹介されているから、「阿仁ではこう」「打当ではこう」「玉川ではこう」ってな具合に地域ごとの違いに気付くことができたりもする。

この膨大なインタビューと索引のおかげで、この本の資料としての価値が生まれてくるのです。

クマ
へぇ〜

 

で、おもしろいの?

クマ
資料、資料って言うけど、本としておもしろいのかよ。つまらん本は読みたくないぜ

おもしろい! どうも、マタギの人たちって経験談とか、人から聞いた昔話なんかをおもしろく話すセンスがあるようで(あるいは著者のまとめ方がいいのか?)、おもしろい話が随所に出てくる。

ささいな言い伝えのひとつですが、個人的におもしろいと感じたものは——

妻の不義 夫が山へ行ってる間に妻が他の男と悪いことなどすると、猿がその真似をして見せるものである。そういう時は獲るもんでないと云われている。
p.55 中嶋順一郎さん 田沢村玉川 昭和18年7月10日

クマ
猿が、妻の不義の真似!? ……それってあれをこれして、ああなっちゃうっていうことか?

 

そうそう。想像するとおもしろいでしょ?

 

イヌ
むしろ撃ちたくなるね

 

イヌさんも口が悪いね。

 

エピソードてんこ盛り

こんな感じの小さな話から、クマとの大格闘のエピソードまで、大小様々なエピソードが紹介されていきます。

もちろん資料的な面も強いので、初めてマタギ系の本を読む人には勧めにくいですね。あくまでマタギ文化に興味を持って、「もっと知りたい!」と思った人にオススメしたい1冊です。

 

ところで……。

クマ
おわりじゃねーのか?

 

おわりだけどね。クマさんはこれからも登場する予定なんですか?

 

クマ
お前次第じゃねーの。俺がいなくてもまともに記事が書ける日が来たら、そのとき俺はいなくなっているだろうよ

 

なんか、かっこいいっすね。

 

クマ
まぁ、感謝しろってこった

はぁ……。

おもしろいと思ったらこちらをクリックしていただけると、ランキングが上がります。どうかお願いします。
ブログ村へ
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ


  • Pocket

SNSでもご購読できます。