登山

秀岳荘が気に入ったので、気になる秀岳荘のオリジナル商品を挙げてみる

こんにちはやまくじです。

昨日ご紹介した秀岳荘オリジナルの “ロングスパッツ ファスナー式 ≪ 綿 布 ≫” がとっても良かったので、他の秀岳荘オリジナル商品もご紹介してみようと思います。

これらは実際に手にしたわけではなく、秀岳荘さんのサイトで見て「これい〜ね〜」と思ったものです。

続きを読む

狩猟用のゲイターはこれで決まり『秀岳荘ロングスパッツファスナー式<綿布>』

こんにちはやまくじです。暑いですね〜。嫌になります。

 

さて、以前こんな記事を書きました。

過去記事:山に入るならゲイターの利用を絶対検討すべき。忘れていって、大切さを再認識

ひと言でまとめるなら「猟で山に入るならゲイターは使おうね」という記事です。とくに登山靴の人は必須ですね。

しかし「猟に適したゲイターはどれか?」という問題は残ったままでした。一般的な登山用スパッツはペラペラで、1シーズンで破けてしまいました(補修して使いましたが)。

海外の商品でよさげなものはありましたが、高価だし、個人輸入するのも手間だし……、と躊躇していたところ、良い商品をオススメ頂き、手にした瞬間「これだ!」と思ったのでご紹介させて頂きます。

続きを読む

映画『ビヨンド・ザ・エッジ』意外と珍しい? エベレスト登頂の映画

純度100%の冒険だった、エベレスト初登頂の様子を、当時の映像も交えながら見ることができるのが、この『ビヨンド・ザ・エッジ』です。

登山とかが好きなら楽しめること間違いなし。

※ 実際の話ですし、有名な話なので、ネタバレ気にせず書いています。何も知らずに見たい人は、まず映画をご覧になった方が良いかもしれません。

続きを読む

映画『運命を分けたザイル』本人によるインタビューが斬新なノンフィクション映画

今日も映画のご紹介です。何か最近、山関係の映画に取り憑かれていまして、いくつか見てしまったんですよ。

今日ご紹介するのは『運命を分けたザイル』です。ノンフィクションで、しかも本人たちのインタビューと平行して物語が進むので、とんでもないリアリティです。見ていて戦慄が走るというか、心臓がキュッ絞られるような気分になる映画でした。

続きを読む

映画『エベレスト』最悪な遭難事故を描いた映画を通して商業登山について考える

昔は登山家の夢だった世界最高峰だったエベレストですが、今ではエベレスト登山ツアーなんてものができて、金さえ払えば誰でも登れるようになりました。

そんな登山ガイド付きのエベレスト商業登山が主流となった1996年頃、実際に起きたエベレスト大量遭難を描いた映画が今日ご紹介する『エベレスト』です。

映像美と過酷な描写で、気付けば涙が出てくるような映画でした。

続きを読む

愛知県で確認された感染症 “エキノコックス” について再確認

エキノコックスと言えば、北海道で注意しなければならない感染症として有名です。山遊びなどをする人はなんとなく聞いたことがあったりしませんか?

そのエキノコックスが愛知県で確認されました。ということは、他の地域にも広がる可能性……、あるいはすでに広がっている可能性があるわけで、正しい知識と対処を知っておく必要があると思い、調べてみましたのでまとめておきます。

続きを読む

ブーツのメンテと単独猟で使うキネシスプロGTXについて今思うこと

わたしが単独猟で使っている靴が段々と傷んできているのに気付いていました。いい機会なので、きっちりお手入れすることにしました。

お手入れしながら、単独猟で使う靴について考えましたが、猟を始めてから段々と考えが変わってきた部分があるので、それについてもメモします。

続きを読む

単独猟を安全にこなすために意識していること

猟に出るからには獲物を獲りたいわけで、「どうすれば獲れるのか?」ということは誰でも考えると思います。

しかし本当はもっと大事なことは安全に猟を終えること。獲れないとしても、その日が無事に終わり、帰ってウマいビールでも飲めたなら、それでいいじゃないですか。

グループ猟ならば、なにかあっても助けてもらえます。でも単独だとそうはいきません。登山の世界でも単独行はいろいろ知識や経験が必要で、なかなか踏み出せない人もいる行為です。ましてや猟となれば、道なき道も行くし、本当に人が入らない場所に入っていくし、何かあってもだーれも助けてくれません。

だからこそ “安全に猟を終える” というのは単独猟をする人にとってはとても大事なものだと思っています。

今日は「安全に単独猟をやる」というテーマで気をつけていること、意識していることを挙げてみたいと思います。いろいろ不足もあると思います。どうか、みなさまの気をつけていることもシェアしてください。

続きを読む

遭難事故から学ぶ:山には必ずGPSを携帯すべき理由とスマホGPSのこと

秩父で遭難した方が救助されたというニュースがありました。スムーズな救助に結びついたのはスマホに入れていたGPSアプリ。

わたしもGPSを利用していますが、あくまで「便利だから使っている」というスタンスでした。でも、今日はあえて「山に入る人は、全員必ず持って行くべき」と断言します。

続きを読む

書評『息子と狩猟に』”キレイゴト” との戦い

『息子と狩猟に』これは山岳・狩猟ライターである服部文祥氏の初めての小説作品だ。彼は昔から小説を書きたいという願望があったようで、念願叶って書いた作品らしい。
この本、実は発売してすぐに手にし、すぐに読み終えていた。そしてすぐに紹介記事を書くつもりだった。

しかしこの本を机の隅に積んだまま、ずっと書けずにいた。でも、いい加減、そろそろ書こうと思う。

続きを読む