【動画】アウトドア最強のえんぴつをポーチに収納する簡単な工作

筆記具の中でえんぴつと万年筆が1番好きなのですが、アウトドアという軸で考えたとき「えんぴつが最強ではないか?」と考えています。

今日はわたしが毎日使っているポーチにえんぴつを入れたくて、超簡単な工作をしましたので、そちらの模様を動画で介しつつ、アウトドアにおけるえんぴつの魅力もご紹介したいと思います。

 

工作の模様はこちら【動画】

工作自体はなんてこともないのです。

ポーチが小さくて、新品のえんぴつでは長すぎて入らない。そこで短くする、というだけのなんてこともない工作です。

なんで動画にしたんだろう? 「動画でも作るか」というテンションで、勢いで作ってしまいました。

 

アウトドアの筆記具

筆記具にもいろいろありますよね。えんぴつ、ボールペン、シャーペン、万年筆……。

どれも個性があっておもしろいのですが、わたしはえんぴつと万年筆が好きです。次にシャーペン。最後にボールペンかな。

机に座って書き物をするときは、好きな筆記具を使えばいいでしょう。人によって好みも違うので、どれが1番だとか言いにくいところです。好きなら筆を使ったっていいんです。

今日の話題は「アウトドアで使う筆記具」。狩猟・釣り・ブッシュクラフト・サバイバル・登山・キャンプなど、好きな野外アクティビティを想像してください。

アウトドアでも筆記具は役に立ちます。たとえば釣りに行けば、釣果をメモし、登山であれば歩くのにかかった時間をメモします。そうすると次に行くときに「あそこは○○分くらい歩くぞ」などとわかるわけです。

アウトドア活動中に出会った人にメールアドレスを教えるときなど、ビリッとノートを破って渡すこともあるでしょう。

わたしは歩きながら考え事をすることが多く、思いついたアイディアをメモしたいので、筆記具は絶対に手放せません。

というわけで、アウトドアでも筆記具は必須アイテムだ、とわたしは考えています。

 

アウトドアでの筆記具に求められること

アウトドアで使う筆記具に求められることは何でしょうか? 思いつくままに挙げていきましょう。

  • 頑丈である → すぐに壊れるようなものは使えません。
  • 濡れても大丈夫 → 水の中に落としたり、急に雨が降ったり……
  • 減り具合がひと目でわかる → いざ使おうと思ったら「芯がない」なんて困る

こんなところでしょうか? わたしの場合、「安価である」なんてことも条件に入れておきたいところです。高価で「汚したくない」という心理が少しでも働くものは、使うのに躊躇するので。

で、わたしとしては……

万年筆: 高価でペン先が脆い。

ボールペン: 芯の不調で急に書けなくなるものが稀にある(昔は多かった)

シャーペン: 予備芯の有無がパッと見でわからないから不安 & 振り回すと予備芯が中で折れることもある

えんぴつ: いい!

と、まぁ「そんなの好みだ」という意見もありますでしょうが、あくまで私個人の意見です。

 

えんぴつ最強説

まず「減り具合がひと目でわかる」のが嬉しいです。というか、えんぴつの仕組み上、持てるくらいの長さがあれば、しばらく使えることは明確です。

芯の先端は折れることもありますが、ナイフがあれば削るのは簡単。

えんぴつ自身が濡れてもOK。濡れた紙にも書ける。それどころか水の中でも書ける(参考:気になる文具を試してみました Vol.2)。安価なものだからガシガシ使える。どこでも買える。欲しい人がいれば気持ちよくあげられる(これは関係ない笑)。

どんなに高いところから落としても「書けなくなる」ことはない。せいぜい芯が折れるだけで、削り出せばOK。極端な話真っ二つに割れたって、えんぴつが2本になるだけ。

いかがでしょ。最強でしょ。

まぁ、あれこれ理由を挙げましたが、本当のところは「木を削って芯を出す」という儀式が好きで、気持ちがいいだけだったりします。山の中で休憩がてら座って、シュッシュッと削る。それがまた楽しいんですよね。

お気に入りの道具を持っていれば、なにごとも少し楽しくなるというものです。

身体の小さな変化に気付いてあげることが快適な温度を保つ秘訣

アウトドアでも、街でも、家の中でも、快適な温度で過ごすためにわたしが1番大切にしていることは、インナーを着るとか、レイヤードとか、高価な服を着ることではなく、身体が悲鳴をあげる前に調整してあげることです。

当たり前のことなんですけど、自分でもつい判断を誤る部分なので、整理する意味でも書いておこうと思います。

 

寒くなってからじゃ遅い

バイクに乗っていたときに強く実感したことですが、身体が冷え切ったあとで、慌てて服を着込んでみたり、温かい飲み物を飲んでみても、なかなか回復しないものです。

逆もしかりで、暖かい格好で活動を始めて暑くなり始めたとき、放っておくと止めどなく熱くなっていき、汗が止まらなくなります。慌てて脱げるだけの服を脱いでも、すぐには快適にならず、汗が冷え、体温が極度に下がり、今度は寒くなるという悪循環……。

体感温度はメトロノームのようなメーターになっている、とわたしは感じています。

下手くそな絵でゴメンナサイね

下手くそな絵でゴメンナサイね

身体が冷えを感じ始めるとメーターが「寒い」の方に振れていき、寒さに身体が悲鳴をあげてから服を着ても、すぐにメーターは止まらず、ゆっくりと時間をかけて「暑い」の方に戻っていくわけです。で、そのまま放っておくと今度は暑くなる、と。

試しに身体の震えが止まらないくらい底冷えしたときに、服を1〜2枚着込んでみればわかります。身体の冷えはなかなか回復しません。

つまり「すごく寒くなってから着込んでも遅い」ということです。

「メーターが真ん中を越えたら、それを察して微調整すること」

すごく当たり前のことですが、それがすごく重要です。

このことを瞑想修行で体感した

過去、10日間の瞑想修行を受けたことがあります。いわゆる座禅のようなものだと思ってください。

朝から晩までずっと瞑想。その中でいろんなことを教わったり、経験したりするのですが、その中心は「ひたすら自分の身体を観察すること」です。

そうしている中で「自分の身体は思っていた以上に何かを感じ取って変化しているのだ」と実感しました。

この記事では「体感温度」を例にしましたが、「疲れ」も同じです。小さな疲れを感じたら、すぐに小さく対応する。そうすれば大きな疲れに至らないものです。

「痛み」も同じ。

わたしは膝を痛めたことがあり、そのせいで膝に負担をかけると痛みます。

だから山を歩くとき、ちょっとでも膝に違和感を感じたら休むか、歩き方を見直します。そうするようになってから、1度も膝の痛みはありません。

別にスピリチュアルなことでも何でもなく、身体の変化に気付いてあげて、悲鳴をあげる前に対処する。それだけのことが、1番大切なことだと思います。

「ちょっと身体が冷え始めたな」と思ったらアウターのジッパーを閉じるとか、マフラーを巻くとか、1番簡単にとれる対処をとる。ちょっとでも暑さを感じ始めたら、ジッパーを開き、マフラーをとる。

書いてみると当たり前のことなんですけどね。

YouTube『Survival Lilly』女性のワイルド&気遣いサバイバル動画

サバイバルやブッシュクラフトといったキーワードで動画を探すと、男性によるものがほとんどです。

もちろんそれでいいのですが、たまには「女性によるサバイバル動画」を堪能してみてはいかがでしょうか? その辺の男よりも、ずっとタフで驚きますよ。

また、このチャンネルはタフさだけではなく、平和・平穏で、穏やかな気持ちで見ていられる動画ばかりです。

 

チャンネル『Survival Lilly』

チャンネル→ Survival Lilly

名前の通り、Lillyさんによるサバイバル・ブッシュクラフト系のチャンネルです。YouTubeの表示が正しいとしたら、オーストリア共和国の人のようですね。

とにかく「何でも屋外で用意しよう」というブッシュクラフト的な発想が強いようです。

たとえばこちら『How To Weave A Primitive Bushcraft Bag』という動画は自分で草を編んでショルダーバッグを作ります。この辺が女性的で、男だと「エイヤ!」と薪を割ったり、「ほら男っぽいだろう」というスタンスになりがちですが、Lillyさんは「野外でも快適に過ごそう」という感覚があるようです。

こちらに至っては、なんと家を作ってますよ。これはひと晩の宿泊のためじゃないですね。どうもお気に入りの場所があって、いつもここに来てアレコレ作っているようです。

また、こちらで彼女にとっての最低限の荷物を紹介しています。なんとザックが寝袋を兼ねるシステム。すごいですね。

狩猟もやります

またいわゆるブッシュクラフトだけでなく、狩猟もやります。こちらでは犬を連れ、上下二連銃でカモを獲り、その場でさばく様子を見られます。嬉しそうにカモを持ち帰る犬がカワイイです。

また、鳥に限らず、ライフルでシカも撃ちます。単独猟です。

かなり好きなチャンネルです。

英語ではありますが、はっきり言って話を聞かなくても楽しめる動画ばかりだと思います。

女性的な気遣いと、男っぽいワイルドさが入り交じった楽しいチャンネルです。

っていうか、コレ見ていると「ワイルドさ = 男っぽい」という定義が揺らぐ気がします。

書評 『釣魚大全』色あせない363年前の釣り本

1年ほど前に読んだ本ですが、釣り好きなら読む価値のある1冊です。

小説家である開高健が勧めていたことから、名前は知っているという人も多い『釣魚大全』。300年も前の本なのにいま読んでもおもしろい。まさに名著です。ぜひご覧あれ。

 

続きを読む