山の道具

【動画】アウトドア最強のえんぴつをポーチに収納する簡単な工作

筆記具の中でえんぴつと万年筆が1番好きなのですが、アウトドアという軸で考えたとき「えんぴつが最強ではないか?」と考えています。

今日はわたしが毎日使っているポーチにえんぴつを入れたくて、超簡単な工作をしましたので、そちらの模様を動画で介しつつ、アウトドアにおけるえんぴつの魅力もご紹介したいと思います。

 

工作の模様はこちら【動画】

工作自体はなんてこともないのです。

ポーチが小さくて、新品のえんぴつでは長すぎて入らない。そこで短くする、というだけのなんてこともない工作です。

なんで動画にしたんだろう? 「動画でも作るか」というテンションで、勢いで作ってしまいました。

 

アウトドアの筆記具

筆記具にもいろいろありますよね。えんぴつ、ボールペン、シャーペン、万年筆……。

どれも個性があっておもしろいのですが、わたしはえんぴつと万年筆が好きです。次にシャーペン。最後にボールペンかな。

机に座って書き物をするときは、好きな筆記具を使えばいいでしょう。人によって好みも違うので、どれが1番だとか言いにくいところです。好きなら筆を使ったっていいんです。

今日の話題は「アウトドアで使う筆記具」。狩猟・釣り・ブッシュクラフト・サバイバル・登山・キャンプなど、好きな野外アクティビティを想像してください。

アウトドアでも筆記具は役に立ちます。たとえば釣りに行けば、釣果をメモし、登山であれば歩くのにかかった時間をメモします。そうすると次に行くときに「あそこは○○分くらい歩くぞ」などとわかるわけです。

アウトドア活動中に出会った人にメールアドレスを教えるときなど、ビリッとノートを破って渡すこともあるでしょう。

わたしは歩きながら考え事をすることが多く、思いついたアイディアをメモしたいので、筆記具は絶対に手放せません。

というわけで、アウトドアでも筆記具は必須アイテムだ、とわたしは考えています。

 

アウトドアでの筆記具に求められること

アウトドアで使う筆記具に求められることは何でしょうか? 思いつくままに挙げていきましょう。

  • 頑丈である → すぐに壊れるようなものは使えません。
  • 濡れても大丈夫 → 水の中に落としたり、急に雨が降ったり……
  • 減り具合がひと目でわかる → いざ使おうと思ったら「芯がない」なんて困る

こんなところでしょうか? わたしの場合、「安価である」なんてことも条件に入れておきたいところです。高価で「汚したくない」という心理が少しでも働くものは、使うのに躊躇するので。

で、わたしとしては……

万年筆: 高価でペン先が脆い。

ボールペン: 芯の不調で急に書けなくなるものが稀にある(昔は多かった)

シャーペン: 予備芯の有無がパッと見でわからないから不安 & 振り回すと予備芯が中で折れることもある

えんぴつ: いい!

と、まぁ「そんなの好みだ」という意見もありますでしょうが、あくまで私個人の意見です。

 

えんぴつ最強説

まず「減り具合がひと目でわかる」のが嬉しいです。というか、えんぴつの仕組み上、持てるくらいの長さがあれば、しばらく使えることは明確です。

芯の先端は折れることもありますが、ナイフがあれば削るのは簡単。

えんぴつ自身が濡れてもOK。濡れた紙にも書ける。それどころか水の中でも書ける(参考:気になる文具を試してみました Vol.2)。安価なものだからガシガシ使える。どこでも買える。欲しい人がいれば気持ちよくあげられる(これは関係ない笑)。

どんなに高いところから落としても「書けなくなる」ことはない。せいぜい芯が折れるだけで、削り出せばOK。極端な話真っ二つに割れたって、えんぴつが2本になるだけ。

いかがでしょ。最強でしょ。

まぁ、あれこれ理由を挙げましたが、本当のところは「木を削って芯を出す」という儀式が好きで、気持ちがいいだけだったりします。山の中で休憩がてら座って、シュッシュッと削る。それがまた楽しいんですよね。

お気に入りの道具を持っていれば、なにごとも少し楽しくなるというものです。

ThruNite TN12が接触不良? いえいえ、ただの勘違いでした

愛用しているThruNite TN12というライトが点灯しなかったり、チカチカしたり、またちゃんと点いたり、と不安定になってしまいました。原因を調べようと弄くり回していると、しょうも無い原因が判明。

みなさんはご存じでしょうけど、知らない人がいるかもしれないので、恥を忍んでご紹介します。

続きを読む

道具選びの基準として「減り具合がわかる」&「補充できる」ことを大事にしてます

自分が好きな道具を見ていったとき、共通する性質があることが分かりました。

それは「減り具合が分かる」ことと「満タンにできる」こと。モノを選ぶときの1つの基準として、おもしろいかもしれないのでまとめてみたいと思います。

自分でも意識したことがなかったのですが、今後の買い物では意識することになりそうです。

続きを読む

山の夜道はヘッドライト+ハンドライトの2つ使いが安心・快適

もうシーズンが終わってしまいましたが、今年の夏~秋はもっぱらテンカラ釣りにハマってました。

釣りの日は、早朝、真っ暗闇の林道を1時間も2時間も歩きます。こんなとき、やっぱり不安な気持ちになります(熊とか熊とか)。

で、行き着いたのはヘッドライト+ハンドライトのライト2本使いスタイルでした。

続きを読む

山に持っていくライターはBiCがオススメ

山には必ず『火』を持っていきます。わたしはBiC社製のライターを愛用しています。

ほかの『火』とも比較しつつ、BiC社製のライターの魅力を見ていきましょう。

いわゆる100円ライターなんだけど……

『BiC社製ライター』というのはコンビニでも買える普通の100円ライターです。

46a5b8199af507b7afe877f0cd95a7bf.jpg

「見たことある」なんて人も多いのではないでしょうか?

「100円ライターなんてどれも一緒でしょ? 買うときはデザインで決めてるよ」

なんて人もいるかと思います。タバコを吸うためであれば、それでもいいでしょう。しかし山に持っていくならそうはいきません。いざ、山の中で使おうとして火がつかなかったら困ってしまいますからネ。

 

安心のMade in France

「言っちゃ悪いけど、100円ライターなんてみんな発展途上国で作ってるんでしょ? ほらMade in Chinaだったりさ……信頼できないよ」

いえいえ、BiCライターはフランス製。

852d8d4fddb7254bbfff6070b87e7f42.jpg

品質もとても高く、少なくともわたしが使っていて壊れたことがありません。

 

低温に強い

このBiCライターはイソブタンガスが注入されています。

「なにそれ?」

なんて思う人もいるでしょうが、このイソブタンガスは冬用のガス缶に入っているガスです。普通のライターやガス缶に入っているブタンガスと比較すると、気化する温度が違います。

  • ブタンガス ≒ -0.5度
  • イソブタンガス ≒ -11度

つまり、普通のライターは氷点下では着火しませんが、BiCライターは氷点下10度くらいまでいける、というわけ。山用のライターとして魅力的ですよね。

 

魅惑の着火回数

着火回数もなかなかです。公式サイトのスペックを見てみるとなんと着火回数3,000回

bic_capture-2016-10-11-09-31.png

普通のライターはせいぜい1,000回と聞いたことがあります(未確認)。

この3,000回という回数をどう捉えるか、ブッシュクラフトやアウトドア界隈で人気のファイアースターターと比較して考えてみたいと思います。

Amazonで評価が高かったこちらの商品と比べてみます。

スペックを見てみると「12,000回使える」と書いてあります。恐らく、ここでいう「使える」というのはストライク(火花を飛ばす)の回数でしょう。つまり「12,000回火花を飛ばせる」という意味だろうと思われます(違ったら教えてください)。

わたし自身はファイアースターターを使ったことがないのですが、YouTubeで見ていると、1回の着火のために5~10回くらいは火花を飛ばすようです。条件が悪いときはさらに何回もストライクしているのを見かけます。仮に平均5回のストライクで着火できるとして、この商品は「2,400回の着火ができる」というわけです。

つまりBiC社のライター1個で、ファイアースターターの着火回数を超えてしまうくらい、長持ちするんです。「ファイアースターターは長く使えるから、魅力的だよなぁ」と思っていたので、このことに気付いたときは驚きました。

しかも重さを比較すると……

  • BiC社製のライター = 22g
  • 先述のファイアースターター = 55g

BiC社製のライターを2個持っててもまだ軽い、というわけです。

※ 言うまでもありませんが、ファイアースターターが劣っているという意味ではありません。「水に強い」「故障がない」という強みがありますし、なにより「おもしろい」という魅力があります。わたしも「欲しいなぁ」と思いますもん。

 

山に持っていく『火』はBiCライター

というわけで、わたしが山に行くときは、ザックにBiCライターを3個くらいは入れておきます。

  1. メインで使う用にひとつ
  2. ファーストエイドキットの中にひとつ
  3. 予備の電池などを入れた袋にひとつ

もちろん、ライターにはガムテープを巻いておき、着火剤として使います。

63d0c67fe3faec250c1cb5440a1a7bfd.jpg

また、BiCライター(あるいはいわゆる100円ライター全般)は2つの弱点があると思っています。

  1. 水に弱い
  2. 頑丈とはいえ、故障があり得る

というわけで、予備を持ち歩くのはもちろん、密閉できる袋に収納しておきましょう。逆に言えば、これだけのことで『火』に関しては安心していられるというわけ。

いかがですか? BiCライターの魅力が伝わりましたでしょうか?

ちなみにBiCライターを持ち歩く人はこんな商品もあるみたいですよ。わたしもちょっと欲しくなっちゃいました。

雰囲気だけじゃない! アルコールストーブの魅力4つ

山に行くとき、わたしが使っている道具を少しずつご紹介してみようとおもいます。

今日ご紹介するのは『トランギア アルコールバーナー』。ガスバーナーもガソリンバーナーも使ったことがありますが、結局はこのアルコールバーナーに帰ってきます。

続きを読む