Category: 山の道具

山歩きやキャンプをやってきて、気に入っている道具の紹介です。

ザックなしで単独忍び猟に出てみて思った良いこと悪いこと

私事ですが(ってこのブログ全部が “私事” なんですけどね)、猟を始めたときからずっとザックを背負って猟に出ていました。しかし、ある日思うことがあり、試しにザックなしで出猟してみたら、かなりいい感じでしたので、わたしなりに思ったことを挙げて(続きを読む)

単独猟での服の悩みが解決!静音・撥水・防風で動きやすいモンベルのノマドジャケット

狩猟に出るようになってからというもの、最初の悩みは服装でした。 自分でもあれこれ考え、Twitterでもアドバイスを頂き、辿り着いたのがモンベルのノマドジャケット。 これが本当にいいんです。とくに関東など、冬とはいえ歩いていると暑くなるよう(続きを読む)

猟期が半分終わった今、単独忍び猟の装備を振り返ってみる

猟期も概ね半分が終わりました。今日は装備に関して思うことをつらつらと書いてみたいと思います。 わたしの信条は「好きなことは全部楽しむ」でして、狩猟に関しても “狩り” という行為自体は当然ですが、装備や服なども全力で楽しんでいきたいと思って(続きを読む)

遭難事故から学ぶ:山には必ずGPSを携帯すべき理由とスマホGPSのこと

秩父で遭難した方が救助されたというニュースがありました。スムーズな救助に結びついたのはスマホに入れていたGPSアプリ。 わたしもGPSを利用していますが、あくまで「便利だから使っている」というスタンスでした。でも、今日はあえて「山に入る人は(続きを読む)

どこでも刃物をタッチアップできるビクトリノックスの携帯シャープナーをゲット

短時間の山行ならば気にもなりませんが、1泊を越えるとき、あるいはナイフの使用頻度が高いときなど、刃物の切れ味が落ちる不安ってありませんか? ちょっと試してみたくて、ビクトリノックスのデュアル・ナイフシャープナーという商品をゲットしたので、箱(続きを読む)

「猟に向いた」湯沸かし方法を考えてたらキャンティーン&固形燃料がいいかなって

いつも猟場の下見をしていて、小さな葛藤がありました。それは—— 「温かいものを食べたい。だけど獣に気取られるのは嫌だし、荷物がかさばるのも嫌だ」 というもの。いろいろ試しているうちに、辿り着いたのはキャンティーン&固形燃料でした。

撮影新装備:山での動画撮影が捗りそうな中華アクションカムMusonを買ってみた

じつはアクションカムが欲しいなぁって思っていたんです。でも高いでしょう……。 なんとなしに買うのを先延ばししていたのですが「先延ばしするぐらいなら……」と急に思い立って安い中華アクションカムMusonを買ってみましたので、ご紹介します。

スマホを手に入れたので、アウトド アで使えそうなアプリを考えてみた

じつは現代人にしては珍しく、わたくし携帯電話を持っていませんでした。 3年前まで持っていたのですが、会社員を辞めたときに解約し、それ以降はガラケーもスマホもありませんでした。iPadは持っていたので、遠くに行くときはこれを持って行き、必要な(続きを読む)