猟の道具

猟では100%着ていくモンベルのノマドジャケットのご紹介

11月15日の猟期開始から数日で生まれた悩みが服装でした。

あれこれ考え、Twitterでもアドバイスを頂き、辿り着いたのがモンベルのノマドジャケット。これが本当にいいものでした。とくに冬とはいえまだ寒くなる前の時期、あるいはそういう地方の肩にはオススメできます。

もし同じ悩みがある人は、検討してみてください。

続きを読む

海外の狩猟の話題でよく取りあげられるゲームバッグというものについて

暇つぶしに海外の狩猟動画をよく見ます。

日本とは狩猟のスタイルも違ったり、そもそも狩猟者人口の違いから来る狩猟文化の深さ(広さ?)に驚くことも少なくありません。

それが端的に表れるのは狩猟グッズの種類の豊富さ。日本じゃ狩猟グッズを作っている会社なんて数えるほどしかないので輸入頼りだし、その輸入だってかなり限られたアイテムしか入ってこない状態。個人輸入でもしない限り、決まりきった狩猟グッズしか手に入らないのが現実のようですね。

わたしが海外の狩猟動画を見ていて「お、これは日本じゃ話題に挙がらないグッズだな」と思ったのが、今日ご紹介する「ゲームバッグ」というもの。

わたしは自分の狩猟スタイルの都合上、すごく気になっているアイテムです。

続きを読む

猟期が半分終わった今、単独忍び猟の装備を振り返ってみる

猟期も概ね半分が終わりました。今日は装備に関して思うことをつらつらと書いてみたいと思います。

わたしの信条は「好きなことは全部楽しむ」でして、狩猟に関しても “狩り” という行為自体は当然ですが、装備や服なども全力で楽しんでいきたいと思っています。せっかくですからね。

というわけで、毎回猟に出ると「う〜ん、この装備はいらないか?」とか「これじゃない方がいいか?」といろいろ考えるようにしています。今日の記事はそうやって気付いたことのまとめのようなものです。

続きを読む

炒り玄米が思った以上に良い単独猟での行動食だった

単独猟はいわゆる登山と同じで、歩き続けるときは歩き続きます(待ち伏せ猟は別ですが)。体力の消耗も激しく、忍び猟でゆっくり歩いているとはいえ、1日歩けばぐったりと疲れます。

となれば行動食は必携です。今日はこの行動食を自作してみようという試みです。うまくいくでしょうか?

続きを読む

カモ撃ちの世界も奥深し。カモ用の弾選びで右往左往

ブログでは大物猟(猪・鹿の猟)のことばかり触れていますが、実際はカモ撃ちもやる予定です。

そこで、カモ撃ち用の弾を買おうと思ったのですが、これがまたえらく奥が深く、人それぞれ考えがあるものなんですね。一筋縄ではいきませんでした。

※ この記事は猟期前に書いています。

続きを読む